玉体安寧

1718418.jpg
皇御國の臣民と致しまして、 玉体の安寧を謹んで御祈り申し上げます。

皇紀弐千六百七拾弐年弐月壱拾八日
 
宮内庁 お見舞い記帳について 
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/kohyo/kohyo-h24-0212.html#K0215-2 


愛知県
天皇陛下お見舞い記帳所の設置について
http://www.pref.aichi.jp/0000048781.html
 

 
天皇陛下、きょう手術
(一部加筆編集) 
TBS系(JNN) 2月18日(土)5時44分配信

 天皇陛下はきょう、東大病院で心臓・冠動脈のバイパス手術を受けられます。

 きのう、東大病院に入院された 天皇陛下には、 皇后陛下が泊まり込みで付き添われておられます。

天皇陛下はきょう午前9時過ぎに手術室に入られ、心臓・冠動脈のバイパス手術を受けられます。

手術は東大と順天堂大学の合同医療チームが行い、バイパス手術のスペシャリストとして知られる順天堂の天野篤教授が執刀します。

 順調にいけば、手術は5時間ほどで終了する見通しですが、医療チームは万全の態勢で臨んでいて、『現時点で手術に関する不安要素はない』としています。

手術後の午後6時以降には医師団が記者会見し、 天皇陛下のご容態を発表する予定です。(18日02:53) 

--------------------------------------------

皇居にお見舞い記帳の列「すごく心配」
配信元:2012/02/17 14:36更新
(一部加筆)

1718404.jpg
宮内庁は17日午前、心臓の冠動脈バイパス手術を受けられる 天皇陛下へのお見舞い記帳の受け付けを始めた。
 特設記帳所のある皇居・坂下門前には、午前6時過ぎから人が集まり始め、受け付け開始の同10時前には約40人が列を作った。受け付け後も次々と人が訪れ、記帳簿に名前や住所を書き込んでいた。

 早朝の仕事を終えて駆けつけた東京都世田谷区のパート職員、秋山元子さん(68)は「心臓の手術と聞いてすごく心配している。天皇家あっての日本なので、ぜひ長生きしていただきたい」。

 修学旅行の下見で皇居を訪れ記帳した、さいたま市立城北中学校2年生の神宮久美子さん(14)は「元気になってみんなの前に出てきてほしい」と語った。

 お見舞い記帳は、ご退院当日まで毎日午前10時~午後4時まで、坂下門前特設記帳所で受け付ける。

 天皇陛下が入院された東京大学医学部付属病院(東京都文京区)前の沿道でも17日、住民らが集まり、手術の成功を祈った。

 午前10時すぎ、 天皇陛下を乗せた車が病院前に到着。

天皇陛下は後部座席から軽く沿道に向かって会釈された。

お姿を見つめた近くに住む主婦の中川友江さん(60)は「元気なお姿だったので安心しました」と少しホッとした様子。「激務でいろいろとご心労がおありになったのでしょう。一日も早いご回復をお祈りしています」と語った。同じく近所から駆けつけた主婦、松井広子さん(70)も「震災後はご公務が続き、お疲れが出たのだと思う」と心を寄せた。

 母親とともに駆けつけた都内在住の自営業、須原景正さん(30)は「いろいろとご心配はおありだと思うが、ゆっくりと休んでいただき、また元気なお姿を見せてほしい」と祈りを込めていた。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1942-ce2869a0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99