韓国籍・朝鮮民族・安世鴻による捏造・従軍慰安婦展示に反対!四日市市長に意見書(敷島通信)

韓国籍・朝鮮民族・安世鴻による捏造・従軍慰安婦展示に反対!四日市市長に意見書(敷島通信)



1828417.jpg
韓国籍・朝鮮民族・安世鴻による対日毀損・嘘・デタラメ・捏造の従軍慰安婦の展示・講演に施設貸与を決定した四日市市。
日本民族の先人、御英霊、現下の日本民族の名誉・尊厳を著しく傷つけることはいうまでもない。
米国にある慰安婦の碑で在米日本人の子供がイジメを受けている現実がある(外務省に聞くとイジメを受けているのは事実であるとのこと)


米在住日本人子供“無実の韓国人女性強姦した子孫”と白眼視
http://www.news-postseven.com/archives/20120217_87410.html 

四日市市長・田中俊行(売国・亡国・朝鮮政党・民主党推薦候補として当選 ウィキ情報より)。
施設貸与担当課は市民生活課、課長・山下二三夫。
 


1828461.jpg
施設貸与反対論旨の意見書(四日市市役所正面)


1828462.jpg 
8階:市長、秘書課(四日市市長・田中俊行)
5階:市民生活課(当該施設貸与担当課。施設貸与の意思決定は指定管理団体の四日市まちづくり振興事業団と相談して決定したとのこと。市民生活課長・山下二三夫談) 
 
断固反対!!!
↓↓↓ 

重重プロジェクト
http://juju-project.net/lectures/201206_yokkaichi/
韓国人写真家 安世鴻(アン セホン) スライド写真と講演の会

6月10日(日)14:00~16:30
四日市市市民交流会館 第3会議室

主催:安世鴻 日本軍「慰安婦」写真展実行委員会
三重県四日市市本町9-8  


会場TEL 059-354-8600 
↑↑↑
断固反対!!!

 
四日市市 市民生活課 059-354-8179

四日市市市民交流会館条例
http://www.city.yokkaichi.mie.jp/reiki/408901010009000000MH/408901010009000000MH/408901010009000000MH.html
第5条 会館を使用しようとするものは、あらかじめ指定管理者に申請し、その許可を受けなければならない。
2 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、会館の使用を許可しないものとする。
(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき。
(2) 施設等を損傷するおそれがあるとき。
(3) ホール以外の施設を物品販売その他これに類する目的で使用するとき。
(4) その他会館の管理上支障があるとき。

----------------------------------------


 

安世鴻の捏造・従軍慰安婦展示に反対!四日市市長に意見書(敷島通信)
http://www.youtube.com/watch?v=hQrez9ZvMnk




皇紀2672年(平成24年)6月4日 敷島通信
 
韓国籍・朝鮮民族・安世鴻が、平成24年6月10日から、いわゆる従軍慰安婦に関する展示・講演を行うために四日市市の公有財産ある四日市市市民会館を借りているので、同­市は施設貸与を止めるべきであるとの主旨の同市長宛の意見書を提出するために同市・秘書課・小宮さん(女性)に秘書課受付で渡した。

当該施設貸与担当課の市民文化部参事・市民生活課長・山下二三夫氏と対面して質疑応答を行い、同施設貸与反対の意を口頭で申し述べた。

------------------------------------------------ 
 


1828458.jpg
1828459.jpg
1828460.jpg
 

皇紀2672年6月4日

四日市市長
 田中俊行 殿

意 見 書
 皇紀2672年(平成24年)6月10日から、貴団体・公有財産である四日市市市民交流会館・第三会議室で開催が予定されている主催者・日本軍「慰安婦」展示実行委員会による「安世鴻スライド写真と講演の会」(対日毀損、嘘・捏造史観のいわゆる従軍慰安婦に関する展示・講演)に貴団体が同施設を重重プロジェクト・代表・安世鴻に対して貸与することに断固反対の意を申し述べる。

 「いわゆる従軍慰安婦」は、そもそも朝日新聞が、虚偽に基づき火のないところに火を付けて流布した嘘、捏造に端を発し、現在に至るも、韓国が官民挙げて対日毀損活動・同工作を韓国内外で為すに至っているという、日本民族から激しく忌避、排除されるべき対日工作である。

 米国では在米日本人の子供が、米国に存在する「いわゆる従軍慰安婦」の碑によって、イジメに遭っている(外務省に在米日本人の子供に対するかかるイジメは事実かと聞くと事実であるとのことであった)という現実がある。

 貴団体・公有財産である当該施設を「重重プロジェクト 代表 安世鴻」に貸与すると現在決定しているが、本件は、貴団体の当該施設に関する条例・四日市市市民交流会館条例・第5条2の「次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、会館の使用を許可しないものとする」の第5条2の(1)の「公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき」に該当すると解する

 重重プロジェクト・代表の韓国籍・朝鮮民族・安世鴻が行おうとしている嘘、捏造の「いわゆる従軍慰安婦」の展示により非難、批判、誹謗中傷されるのは、日本民族による民族自決国家である日本国の私達日本民族の先人であり、先の大東亜聖戦に参戦し、亡くなれた御英霊である。

 私事で恐縮ではあるが、祖父も大東亜聖戦に参戦し、東南アジアの某地で戦死し、未だその骸は戦死した某地に存在していると思われ、その御魂は靖國神社及び貴団体が存する三重県の護國神社に御祭りされており、大日本帝國陸軍軍人として戦死した祖父の名誉、尊厳を侵害すると解するに相当な行為が、日本国の地方公共団体である貴団体による当該施設貸与により行われようとしていると推認する。

貴団体の今般の施設貸与にかかる「いわゆる従軍慰安婦」の展示・講演は、神州日本に殉じ戦死された御英霊の御魂を冒涜する行為であると断言し、一切の疑義を挟む余地は存在しないと解する。

 韓国籍・朝鮮民族・安世鴻による、「いわゆる従軍慰安婦」という対日毀損、嘘・捏造展示・講演により、濡れ衣を着せられ貶められる御英霊の御魂は如何様に、この暴挙・妄動を拝見されるのであろうかと思わざるを得ず、貴団体は、嘘、捏造の「いわゆる従軍慰安婦」によって指弾される日本民族の先人、御英霊の声なき声を、どの様に思われているのかとの深い疑義を持つ。

 仮にも貴団体が日本国の地方公共団体であって、貴団体の首長が日本民族ならば、軽々に「いわゆる従軍慰安婦」の展示・講演に対して、貴団体施設を貸与するという判断にはならないと推測するものであるが、貴団体は、何らためらいもなく、当該展示が、「公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき」との当該条例の文言に反していないという曲解を以って、当該展示・講演に施設貸与する様は、事実上、日本国の地方公共団体と解するには無理があり、日本国、日本民族の矜持なき地方公共団体であると自らをして証明していると解するのが相当である。

 嘘、捏造史観に基づく、忌々しき当該展示・講演に対して、貴団体施設を貸与し開催させることは、明らかに「公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき」に該当する以外の何ものでもないと解する。

 先に貴団体・市民生活課(当該施設貸与担当課)に電話で質問した時、貴団体施設貸与に関して、「人の名誉を傷つける展示・集会等を行うことに対して施設貸与できるか否か」との質問をすると、「施設貸与の不可の理由にはならない」との返答であったが、この様な見解も全く理解できない。

 当該「いわゆる従軍慰安婦」の展示・講演は、私達日本民族の先人、御英霊の名誉、尊厳を著しく傷つけることは明々白々であり、これを日本国の地方公共団体である貴団体が問題なしとして、貴団体施設・公有財産を重重プロジェクト・代表・韓国籍・朝鮮民族・安世鴻に貸与することは到底容認しがたく、また、これほどにも恥という概念が欠乏している地方公共団体は、もはや日本国での存在意義すら著しく欠損していると解する。

 卑しくも貴団体に日本国、日本民族としての良識、良心、矜持が存在するならば再考し、重重プロジェクト・代表・韓国籍・朝鮮民族・安世鴻による嘘、捏造、虚偽の「いわゆる従軍慰安婦」にかかる「安世鴻スライド写真と講演の会」の展示・講演のための施設貸与を取り止めるべきである、との意を申し述べる。  以上


                          


------------------------------------------------

敷島通信 名古屋 四日市 四日市市 四日市市長 市長 田中俊行 市民文化部 佐藤豊 市民生活課 山下二三夫 四日市まちづくり振興事業団 四日市市市民交流会館 従軍慰安婦 慰安婦 強制連行 嘘 デタラメ 捏造 朝日新聞 対日 毀損 韓国 朝鮮民族 朝鮮人 安世鴻 重重プロジェクト 展示 講演 反対
--------------------------------------------                    
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/2007-a9c056b9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99