沖縄の皆さんへ

沖縄の皆さんへ

私は本土の中部方面地域に在住する、沖縄の皆さんからするとヤマトンチュと呼ばれている者です。

いつも、沖縄からの報道や活動の様子と言えば、沖縄タイムスや琉球新報に見られるような、反日的な言論や活動を見るにつけ悲しみを覚えています。

沖縄戦で、沖縄の皆さんは、地上戦を経験なされ、総人口の4名に一人という方々が亡くなられたことと思います。

また、勇猛果敢に米軍と戦い亡くなられた方々も多いことと思います。

私は勇猛果敢に米軍と戦われた沖縄の皆さんを尊敬します。

戦闘、被弾、自決等で亡くなられた沖縄の方々に深い哀悼の意を表します。

お願いです。ヤマトンチュから大東亜戦争末期、沖縄特攻で、多くのヤマトンチュが沖縄海域で散華されていることをお願いですから、少しでも結構ですから思い出して頂ければと望んで止みません。

沖縄特攻で散華されたヤマトンチュの御英霊はまだ20歳にもなっていない方々も多くおられたことと思います。

沖縄特攻で散華されたヤマトンチュの先人は、未だ沖縄海域でその骸が海底にあるのか、また、形なく消滅された方々もおられることと思います。

沖縄の皆さん全てではないですが、本土に聞こえて来るのは大日本帝國軍人の誹謗中傷の声が主であると感じます。

お願いです。少しで結構ですので、沖縄特攻で散華された数多のヤマトンチュがその透き通るように青々とした海に眠っていると思い出して下さればと願います。

今、沖縄方面は支那共産党に狙われておりますが、仮に沖縄に不測の事態が生ずれば、私も先人に習って、沖縄方面、沖縄海域で玉砕、散華することに一切の躊躇はありません。

沖縄県庁に国防に関して時に苦言を呈することがありますが、国防で苦言を呈する以上、沖縄に一旦緩急ことあらば、私は玉砕、散華することに躊躇しません。

沖縄の皆さんへ、お願いです、沖縄海域で玉砕、散華されたヤマトンチュの先人のことを少しで結構ですので、思いを馳せて頂ければと願って止みません。

ヤマトンチュである私にとって、沖縄で何かあれば、即応、玉砕、散華することは当たり前の行いです。

互いに日本国を護って行ければと思っています。

激戦の東シナ海方面、地政学上、国防面での御負担に深く感謝申し上げます。



泣ける【静ちゃんへの手紙】~神風特攻隊員の兄と幼き妹~
http://www.youtube.com/watch?v=nQ0AN524pF4



 
フィリピンでも英雄「神風特別攻撃隊」関行男大尉率いる敷島隊、自らの尊い命を犠牲にしてアジア解放に散った美徳ある日本の武士道精神、ダニエル・ディゾン画伯、カミカゼ・ミュージアム・神風特攻隊全戦没者の碑
http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/36680962.html 

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/2012-dd0554b4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99