非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

尖閣侵略意志表明の支那共産党は日本国に宣戦布告して来い!敷島通信 24/07/18
http://www.youtube.com/watch?v=UQMe4-6IQ-I


 
皇紀2672年(平成24年)7月18日 敷島通信
 
駐名古屋支那総領事館前

抗議文(宣戦布告要請の文言を含む)を読み上げ、駐名古屋支那総領事館に投函した。

支那共産党・人民解放軍・金一南少将が、沖縄は支那の属国であったとの意を表し、尖閣諸島のみならず、沖縄までも侵略の射程に入れる発言をした。また、支那共産党・人民日報社も尖閣侵略をあからさにしている。

かかる事象は、支那共産党のお墨付きがなければ到底意志表明できないことは明らかであるので、事実上、支那共産党が発言しているのも同義である。

臆面もなくあからさまに日本国領土・尖閣諸島を侵略しようとし、更に沖縄までもその射程に入れることを躊躇なく発言する様子から、現下の日本国は支那共産党と準戦争状態に突入したと認識した。

そこで、かかる支那共産党・人民解放軍らの発言に抗議をし、尚且つ、支那共産党に対日戦争を仕掛けて来るように宣戦布告をして来いと述べた。

早かれ遅かれ、日本国と支那共産党とは戦争になるのだから、日本国領土・尖閣諸島を支那の神聖なる領土、尖閣諸島を軍事演習区域にするなどの発言をしていることはもはや看過出来うる段階を優に超えている。

更に沖縄までも支那共産党の統治下に置こうとの布石を打ってきていることは、とんでもないことである。

日本国の有史来、これだけあからさまに日本に対して支那大陸の組織・政体が侵略の矛先を向けてきたのは、元寇以来ではないだろうか。

元寇の時と違うのは、反日抗日の支那共産党支配下の反日抗日分子である支那人が100万人ほど、既に日本国に入国して、対日情報収集、対日工作を行っているという事実は、最大限に警戒しなければならない。

有史来初と断言できる、反日抗日国家の人民がこれだけ日本国に滞在している現実は、異常以外の何ものものでもないが、これを全て招いたのは、何のことはない、私達日本民族の同胞がほとんどを占める、霞が関の高級官僚ら国家公務員と、国体を護持しようとか、日本国、日本民族を守るという意識を著しく欠損している政治家、日本国、日本民族がどうなろうが知ったことではなく、自らの金銭の所有する額面が増えれば只それだけでいいと考える、国家観なき財界の腐敗しきった幹部連中である。

既に日本は対支那で準戦争状態であると解するのが相当なので、在日本の支那人、日本国籍となりながらも華人と自称する、中身が支那共産党支配下の潜在的反日抗日の支那帰化人らは、即座に本国支那に帰還し、せいぜい対日戦争の準備でもしておけとの感である。

許されざる支那共産党の対日発言には、日本国に滞在する支那の施設、支那人、帰化支那人を一掃するに充分な根拠となったので、この意識は持ち続ける以外に選択肢はないと考える。

吐いた唾は飲めない、飲む気もない、それどころか、対日戦争の時期を虎視眈々と狙っている支那共産党であるから、 さっさと宣戦布告してこればいいのである。

私的な感情としては、支那共産党との尖閣諸島等での戦争では、明日にでも玉砕・散華する気力・胆力は充分すぎるほど持する。

明日にでも対支那戦線で、玉砕するということである。

毎度毎度の能書きはいいので、支那共産党はさっさと日本国に宣戦布告して来ればいいのである。

----------------------------------------------
 
 
1871445.jpg
1871490.jpg
 
 
皇紀2672年7月18日

支那共産党 中央委員会
 総書記 胡錦濤 殿

抗 議 文
 
支那国防大学戦略研究所所長の金一南少将が、「沖縄は支那の属国だった」との盗人猛々しい暴論を展開したことに断固抗議する。

支那共産党・人民解放軍・金一南少将による当該発言は、当然、支那共産党のお墨付きがなければできるはずもないことは分かり切っている。

日本国領土・尖閣諸島の領有権主張、侵略発言では飽き足らず、沖縄までも侵略しようとする支那共産党の見解は随分前からの想定内ではあるが、能書きはいいので、さっさと宣戦布告して来い。 
 
また、7月13日付の支那共産党・人民日報社が、武力衝突に発展する可能性を示唆し、「日本の政治家たちはその覚悟があるのか」と挑発しているが、日本国のことを心配する暇があるのなら、大きなお世話なので、さっさと宣戦布告して来い。 

また、「国の核心的利益について支那は半歩すら退くことはあり得ない」と強調している割には、日本国領土・尖閣諸島の領海を支那共産党・漁業監視船こと対日侵略船が侵犯しながらも、日本国領海内から常に立ち去っているその様から考察すると、単なる能書きでしかなく、度重なる能書きは聞き飽きたので、さっさと宣戦布告して来い。 

既に日本国と支那共産党とは、準戦争状態にあるのだから、在日本支那大使館及び領事館を即座に閉鎖し、且つ当該所有物件は日本国に無償で返納し、在日本の支那人及び日本国籍でありながらその実、支那共産党の支配下の支那帰化人、自らを華人と名乗る支那帰化人、反日抗日・支那帰化人ら在日支那人及び在日支那帰化人全てを本国に即刻召還せよ。

支那共産党・人民解放軍少将を使い、あるいは支那共産党・人民日報社を使っての日本国、日本民族に対する侵略的対日挑発、能書きは聞き飽きたので、支那共産党は、日本に対して宣戦布告をしてこないと単なる嘘付きになるので、さっさと自らの言行を一致させるために宣戦布告して来い。

日本国対支那共産党及び日本民族対漢族とで、戦争をする時が来た、あるいは確実にその時が来ると認識しているので、能書きはいいので、さっさと宣戦布告して来い。
                               以上

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/2022-06a0518e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード