第46回衆議院議員総選挙 朝鮮政党・民主党惨敗!!! 朝鮮政党・民主党の息の根を止めろ!!!

第46回衆議院議員総選挙
朝鮮政党・民主党惨敗!!! 
朝鮮政党・民主党の息の根を止めろ!!!


 
 
この三年間、隠忍という表現が妥当というところだろうか。

あのおぞましい朝鮮政党・民主党の政権に耐えたというところだろうか。

朝鮮政党・民主党は、政権を搾取すると一週間後に外国人参政権を言い出し、その本性をあらわにした。

支持団体の韓国民団、支持者の在日朝鮮人の鼻息が急に荒くなった。

そして、ふてぶてしい事実上の勝利宣言を朝鮮人が日本人にして来たとも聞いた。

それから、3年、朝鮮政党・民主党が行ってきた売国政策、亡国政策に耐え、また、朝鮮政党・民主党の支持者、韓国民団、朝鮮人が切望した外国人参政権は良識ある国民のご活動により阻止、政権末期の最後の最後に人権委員会設置法案なる日本民族弾圧法案を内閣提出法案として上程と、あますところなく、反日本国、反日本民族の行いを断行した。

そして、ようやく解散総選挙となり、日本民族の怒りは朝鮮政党・民主党に向かい57議席という惨敗となったことは自明の理、民族の意志というところだろうか。

朝鮮政党・民主党が行ってきた、日本国、日本民族に対しての仕打ちは、忘れることはできない。

朝鮮政党・民主党を跡形もなく叩き潰せ!!!

 
 
朝鮮マスコミ・メディアは朝鮮政党・民主党に政権を与えるという世論誘導を行い日本民族に糾ったが、その報いを受けるべきだろう。

朝鮮マスコミ・メディアの悔しくて悔しくてしょうがない様子がヒシヒシと地上波を通じて伝わってくる様は、如何にマスコミ・メディアが朝鮮民族に占拠されているかの証左というところだろう。

朝鮮政党・民主党が日本国の政権を担うという朝鮮民族の願望が達成され、日本での更なる権益拡大工作を行ったが、その工作の報い、戦後から続く対日本民族に対する反日・抗日工作の報いを受けるべき時が必ずや訪れることだろうことを望んで止まない。

自民党が大勝したが、過去の行いから、言いたいことは山ほどある。

自民党政権を注視していくことはいうまでもない。

事あるごとにもの申すべきであるのは、日本民族として当然だろう。

この三年間、朝鮮政党・民主党に加担し、日本を売り、亡国へ誘い、反日本、反日本民族を実行してきた官僚は、この期に霞ヶ関から追放されるべき存在であると認識する。

この三年間、日本、日本民族に対する仕打ちに対して、怒りの念は止むことはない。

また、保守論調、保守政策を行おうとする自民党に対して、朝鮮マスコミ・メディアの執拗な嫌らしい自民党叩きが始まることが予測されるが、随時これを迎撃すべきだろうと思う。

国体護持、日本民族の民族自決の戦いは、日本国内の要所要所に反日本の日本民族、朝鮮民族が潜伏、跳梁跋扈している構造的欠陥を有しているので止むことはないだろう。

国体を破壊、日本民族の民族自決を破壊に至る臨界点に達したら、自衛隊のクーデター以外に国体護持、民族自決を護る術はないと認識する。


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/2059-5b0d64c0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99