非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂


参院選、朝鮮政党・民主党惨敗!3年後参院選、抗日組織・日教組・輿石東を放逐すべし!民主党を叩き潰せ!

2214725.jpg
 
参議院選挙(参院選)2013 です参議院選挙(参院選)2013
http://www.yomiuri.co.jp/election/ 

公示前新勢力(非改選を含む)
自公 135 +32
民主 59 -27
維新 9 +6
みんな 18 +5
共産 11 +5
その他 10 -16
自民 民主 公明 みんな 共産 維新 社民 生活 改革 みどり 諸派 無所属 定数
新勢力 115 59 20 18 11 9 3 2 1 0 1 3 242
当/確 65 17 11 8 8 8 1 0 - 0 1 2 121
選挙区 47 10 4 4 3 2 0 0 - 0 1 2 73
比例 18 7 7 4 5 6 1 0 - 0 0 - 48
公示前 84 86 19 13 6 3 4 8 2 4 2 6  
 


亡国集団・日教組系・輿石東を名古屋駅で見かけたので抗議!敷島通信 24/09/19




3年に一度の参議院議員242名の半数121名の参議院選挙の結果が出た。

朝鮮政党・民主党の惨敗という結果は極めて喜ばしい。

在韓日本大使館前で反日デモに参加し、朝鮮総連との関係も取りざたされる、反日抗日・岡崎トミ子が落選したことは極めて喜ばしい。

この様な人物が自治体警察を指揮・監督する警察庁、その警察庁を指揮・監督する国家公安委員長であったということ自体が悪夢以外のなにものでもなかった。

情報の宝庫、警察庁から、どれだけ、極左、左翼、韓国、北朝鮮、支那に情報が当時流れたのだろうかとは未だに疑問に思う。

朝鮮政党・民主党、その支持組織に韓国民団、朝鮮総連が名を連ねる、反日抗日・政党。

朝鮮政党・民主党が、その本質を隠蔽しばら撒きマニュフェストで政権を騙し取った衆議院選挙では、政権を簒奪するとすぐにその朝鮮政党の実態をあからさまにするというマニフェストに記載されていない外国人参政権に言及した。

政権末期には、更に日本民族弾圧法案いわゆる人権擁護法案を執拗に成立さえようと断末魔のおぞましさ、そもそもの本質を露呈。

朝鮮政党・民主党が政権にいた時は油断も隙もないというのが事実だったろう。

朝鮮政党・民主党の存立の大きな要件である外国人地方参政権付与法案成立の抗日野望は陽の目を見ることはなかったが、これを極めて強く、峻烈に後押ししたのは同政党支持団体の韓国民団である。

その韓国民団の原資は、本国韓国、そして違法賭博・パチンコというところだろう。

日本民族の民族自決を破壊する外国人参政権を未だ推進している外患組織、日本に仇なす組織、韓国民団。

今、朝鮮政党民主党が、国会を凌駕していた時の鼻息の荒さはないようであるが、あらゆるチャンネルを使って、韓国民団は、日本民族に敵対しないような趣旨の説を直接耳に入れてきているとも思われることが多々あるように感じるが、これなどは、韓国民団、これに連なる在日本の朝鮮民族の日本での立ち位置、都合が悪くなってきたので、自らが望む、ある意味、日本乗っ取り法案、日本民族の民族自決崩壊の法案を少し引っ込めているだけであって、在日本の朝鮮民族が政治的等々確実に優位な立場になれば、即座に日本民族にあからさまに敵対、対峙し、日本国での日本民族の権利、権益を縮小させ、自らが希望する朝鮮民族の権益拡大のための工作をあからさまに実行に移すことは火を見るより明らかである。

大阪生野区で、在日韓国人による日本民族に対しての無差別に刺した殺人未遂テロ事件の大阪民団の「何とも思わない」との見解から分かるように、朝鮮民族の趨勢は基本が反日抗日と推認する。

また、戦後の朝鮮半島での「和夫一家事件」に見られるような、手のひらを一瞬で返すような、恩を仇で返す所業の夫惨殺、妻強姦の後惨殺、子ども餓死、また戦後の日本各地で戦勝国民でもないのに戦勝国民と詐称し、各地で強奪、暴行、強姦、土地簒奪、殺人(約4000名)、放火などのありとあらゆる破壊行為、略奪行為、暴力行為等々を行ったことから我国日本国で政治的、経済的等々で、明らかに優位に立つと認識した時は、自らの息の掛かった政治家を使い立法等々と行おうと対日抗日の内政干渉策動を行うことは容易に想像が付く。

三年後の次の参議院選挙では、反日抗日・日教組、民主党・輿石東を政界から放逐すべきは当然である。

また、今日から、心新たに朝鮮政党・民主党を完膚なきまで叩き潰すことを肝に銘じることは日本民族として当然である。

朝鮮政党・民主党、同党支持組織・韓国民団、朝鮮総連が我々日本民族に行ってきた数々の所業を決して忘れてはならない。

ここは日本である。

我々日本民族の先人が血と汗を流してきた日本である。

朝鮮政党・民主党を徹底的に叩き潰すことこそ、日本民族としての命である。

また、日本民族に仇為す他の政党、与野党含む政治家は常に放逐すべき対象であることは当然である。

自民党は議席を伸ばしたが、自民党の中にも売国亡国の政治家が転がっているので、常に抗議にさらし、政界から追放すべくための行動は当然である。

日本維新の会から、比例で北朝鮮とズブズブのアントニオ猪木なる者が参議院議員に当選したが、これなどは朝鮮民族が掌握する違法賭博パチンコキャラクターになってしまっているという愚かな者であるから、当然、自らをして議員辞職すべしとの意を申し述べることは当然である。

この参議院選挙の結果に、一番不満を持っているのが、日本の反日抗日地上波に自らは顔を出さずに跳梁跋扈している朝鮮民族であることは容易に想像が付く。

この反日抗日地上波に巣食う朝鮮民族は、日本国、日本民族のことより、常に在日本の朝鮮民族、韓国、北朝鮮のことを考え世論を誘導し、日本民族をマインドコントロールしているといえる極めて悪辣にして悪しき集団であるが、朝鮮民族の意識からすればそれが正義なのだろう。

この参議院選挙結果から、更に日本国を日本民族の手に取り戻すべきは当然である。

選挙結果が極めて残念に思っている朝鮮民族が巣食う、反日抗日地上波の息の根を止めることも極めて重要だろうことは異論を挟む余地はないだろう。

地上波の職員、社員等の構成要件に日本国籍、帰化人(祖々父まで遡って外国人の祖先がいる場合も含む)は不適格を設ければかなりの割合で、有限希少な国民共有の財産・地上波を日本民族の手に取り戻すことができるだろう。

地上波の情報を反日抗日の朝鮮民族に言いようにされていることがあってはならないはずだ。

日本には真に日本民族に立脚した政党は存在しないとの推認から、米国に従属する様子が顕著な自民党が議席を伸ばしたが、よく見ていないと何をし始めるか分からないので、注視すべきは当然である。

在日本の朝鮮民族に特別永住権を許したのも海部内閣の時の自民党。

今や、米国でのいわゆる慰安婦像の建立による日本民族の子どもがイジメに遭っている事象、米下院、カナダ、オーストラリア、フィリピン、オランダ、欧州議会での対日非難決議の元凶となっているのが河野談話であるが、これも自民党。

近隣諸国条項なる支那、韓国による歴史認識を忖度するという内政干渉的な亡国の歴史教育に日本を誘ったのも宮沢内閣の時の自民党。

東シナ海でのガス田開発で、日本が日本と支那の中間戦の東側でガス田開発をしようとしたのを潰したのも自民党(二階俊博)。

尖閣諸島に日本の民間船舶が近づくと海保が威圧的に近寄ってきて、臨検、陸上で27時間だろうかに及ぶ取調べをして、日本民族を弾圧していたのも自民党(今や、呑気に日本民族を追い掛け回していた時代が懐かしかろうと推察する)。何時になったら、尖閣諸島に公務員を常駐させるのか。何時になったら尖閣諸島・魚釣島の環境破壊の元凶であるヤギ対策をするのだろうか。何時になったら、センカクモグラの調査をするのだろうか。

支那共産党が支配する支那にODAと称して、多額の金銭を渡し、当の支那共産党はアフリカに金をばら撒き国際社会での親支那の国々を作り、軍拡に勤しみ、対日侵略の駒を進め、当該ODAの執行をしてきたのも自民党。

自民党は、過去、自分たちがやってきた日本国、日本民族に仇為す行為を一つづつ払拭すべき時ではないのだろうか。

自民党が撒いたその種が今や大きく育って、我国日本、我々日本民族に降りかかってきているのは周知の事実である。

自民党自らが撒いた種は自らで刈り取るべきは当然である。

連立の公明党の存在は、基本、同党が売国亡国、支那従属、南北朝鮮従属と軸足が日本にないといえるので、その存在自体が悪しきことは、今更ながら言うまでもない。

そして、朝鮮政党・民主党は徹底的に完膚なきまで叩き潰すべきである。

朝鮮政党・民主党が政権時に行った対日本、対日本民族に対する仕打ちは、その支持組織、韓国民団、朝鮮総連を含め決して忘れてはならないし、その報いは必ずや受けるべきであると思う。

三年後の参議院選挙では、反日抗日・日教組・民主党・輿石東を政界から必ずや放逐すべきである。

ここは日本だ。

我々日本民族の先人が血と汗を流して築いてきた日本だ。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/2086-1988914f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード