奉祝 天長節( 天皇誕生日)  皇居一般参賀 皇紀2674年・平成26年12月23日

奉祝 天長節( 天皇誕生日)  皇居一般参賀

皇紀2674年・平成26年12月23日

五穀豊穣 天壌無窮
皇朝萬葉一統 皇尊彌榮 皇御國彌榮

8890.png




2:44~

天皇陛下 御言葉

誕生日に、当たり、皆さんの祝意に、深く感謝します。
今年も、さまざまな、自然災害が日本を襲い、決して、安泰であったとはいえない、1年が、過ぎようと、しています。
昨日(きのう)は、冬至でした。
これから、わずかながら、日が、だんだん、長くなっていきます。
皆さんにとって、来(きた)る年が、明るい年となるよう、願って、やみません。
皆さんの、健康と、幸せを、祈ります。





天皇陛下萬歳



宮内庁

天皇誕生日祝賀・一般参賀
天皇誕生日祝賀
http://www.kunaicho.go.jp/about/gokomu/kyuchu/sanga/shukuga02.html

一般参賀
天皇陛下が,国民から祝賀をお受けになる行事です。午前は,天皇皇后両陛下が皇族方とご一緒に,随時宮殿のベランダにお出ましになり,直接国民の祝賀をお受けになっています。その際,天皇陛下のお言葉があります。参賀者は皇居正門から入門して宮殿東庭で祝賀の上,退出します。午後は,宮殿において祝賀行事が行われるため,天皇皇后両陛下と皇族方のお出ましはなく,参賀者は坂下門から入門して,宮内庁庁舎前で記帳するか,名刺を提出の上,退出します。

参賀について

皇居での天皇誕生日一般参賀は,昭和23年4月29日から始まりました。当時の参賀は,午前8時から午後4時までの間,参賀者が正門から入門し,正門内鉄橋付近に設けられた記帳所で記帳の上,坂下門から退出していました。当時は,現在のような天皇皇后両陛下・皇族方のお出ましはありませんでしたが,昭和天皇は,この参賀の様子を庁舎の屋上からご覧になっていました。
昭和25年4月29日,庁舎中央玄関上のバルコニーにおいて,昭和天皇・香淳皇后が参賀者の前に初めてお出ましになりました。
その後,宮殿造営のため一時中断されましたが,昭和44年4月29日から現在の宮殿で行われるようになりました。

 


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/2137-31d95da0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99