鎮魂 大東亜聖戦終戦70年「終戦の日」 皇紀2675年・平成27年8月15日

鎮魂

大東亜聖戦終戦70年「終戦の日」 皇紀2675年・平成27年8月15日

大東亜聖戦で戦死された旧日本軍軍人・軍属約230万の御英霊と、空襲や原子爆弾投下等で亡くなられた一般市民約80万の御魂靖からんことをお祈り致します。

宮内庁 戦没者慰霊
忘れてはならいない4つの日
http://www.kunaicho.go.jp/about/gokomu/odemashi/irei.html
毎年8月15日 終戦記念日
3265476857496.png


御英霊の直系尊属は遺族ということなので、理論上、年々遺族は増えていくものと思います。
そして、いずれ、ほとんどの日本民族は遺族となることと思います。

戦争はないに越したことはありませんが、仮に一旦緩急ことあらば、敗戦することのないよう、侵略されることのないよう日頃の備えが必要なのはいうまでもありません。

敗戦国の弊害で、謝罪と反省を70年経っても言わなければならない、メディアなどの反日抗日勢力の工作でそうさせられた現実を直視し、払拭していかなければならないと思います。

昭和天皇様は、日本が敗戦から立ち直るには300年かかるだろうとお答えになられたと言われます。

その時々の日本民族の努力で、敗戦の数多弊害を払拭し、國體を護持し、民族自決を固く護り、神州日本が千代に八千代に悠久の時を刻んで行くことを望みます。

天皇陛下萬歳





人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/2196-3b8b90bc

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99