2月22日『竹島の日』 竹島奪還!韓国は竹島を即座に返せ! 駐名古屋韓国総領事館前(敷島通信 名古屋市中村区 28/02/22)

2月22日『竹島の日』
竹島奪還!
韓国は竹島を即座に返せ!
駐名古屋韓国総領事館前 抗議文を読み上げ投函
(敷島通信 名古屋市中村区 28/02/22)




2月22日『竹島の日』 竹島奪還!韓国は竹島を即座に返せ! 駐名古屋韓国総領事館前(敷島通信 名古屋市中村区 28/02/22)
 
平成28年2月22日 敷島通信
2月22日『竹島の日』 竹島奪還!韓国は竹島を即座に返せ!
駐名古屋韓国総領事館前( 愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目19−12)で、抗議文を読み上げ投函した。


127_20160225001823adc.jpg
駐名古屋韓国総領事館
( 愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目19−12 電話番号 : 052-586-9221)

photo_minister.jpg
総領事  朴 煥 善 (PARK WHAN-SEON)

342421347777777777777777.jpg
韓国大統領 朴槿恵
支那抗日戦争勝利70周年記念軍事パレード 平成27年9月3日 天安門広場

144139486752236041179.png
支那抗日戦争勝利70周年記念軍事パレード

144139282189010020179.png
国連事務総長・潘基文(韓国籍朝鮮民族) 
支那抗日戦争勝利70周年記念軍事パレード
(式典・軍事パレード参加への批判に対して、潘基文氏は、「国連と国連事務総長が、中立(neutral)であるという誤解がある。むしろ、国連は公平・不偏(impartial)な団体だ」と反論した。)転載
潘基文国連事務総長の「国連は中立ではない」発言は妥当なのか
http://thepage.jp/detail/20150918-00000002-wordleaf?page=1


東アジア黙示録さん「六四虐殺広場パレードの失態…反日歴史戦で壮大自爆劇」
http://dogma.at.webry.info/201509/article_2.html

---------------------------------------------

111_20160225001202336.jpg
112_201602250012045a7.jpg
113_20160225001206bfa.jpg
114_2016022500120760e.jpg
115_201602250012086ea.jpg
116_2016022500134070e.jpg
117_20160225001342f9e.jpg
118_20160225001343a83.jpg
119_20160225001344631.jpg
120_201602250013464e3.jpg
121_20160225001502462.jpg
122_20160225001504e7b.jpg
123_20160225001506333.jpg
124_2016022500150777c.jpg
125_201602250015089d1.jpg
126_20160225001652744.jpg



               抗 議 文

本日、2月22日は、『竹島の日』である。(島根県「竹島の日を定める条例」)

韓国は日本国領土・竹島(島根県隠岐郡隠岐の島竹島官有無番地)の不法占拠を即座に止め、

即座に竹島を日本国に返せ。

韓国による日本国領土・竹島の不法占拠に断固抗議する。

サンフランシスコ講和条約の調印(昭和26年・1951年9月8日)と発効(昭和27年・1952年4月28日)の間隙を縫って、

韓国は李承晩ライン(昭和27年・1952年1月18日)なるものを勝手に設定し、

その範囲に竹島を入れ、昭和29年・1954年8月(現認:竹島周辺を航行中の海上保安庁巡視船が同島から銃撃。ソース:日本国外務省)から日本国領土・竹島を武装不法占拠という許されざる対日侵略行為を続けている。

竹島、竹島近海では、日本民族に対して、抑留者3929人、拿捕された船舶328隻、死傷者44人を数え、

殺人、傷害、逮捕監禁、拉致、劣悪な環境での監禁最長13年にも及ぶ暴挙を実行し、

日本民族抑留者の帰国の交換条件に日本国に服役する在日朝鮮人の重犯罪者(472人)を仮釈放させ、

日本在留特別許可をもぎ取った、いわゆる人質外交を行った事実はいかなる詭弁を弄しても払拭できず、

係る数多行いに何ら謝罪も反省も賠償もない事実が克明に存在する。

韓国前大統領・李明博においては、日本国領土・竹島に不法入国し、悪びれることもなく開き直り、

韓国の一般国民を日本国領土・竹島に不法入国、常駐させるように韓国政府をして誘導し

官民挙げての対日侵略という許されざるを所業を実行し続けている。

現、韓国大統領・朴槿恵は、平成17年10月5日に日本国領土・竹島にヘリコプターで不法入国しているが、

何ら反省の弁も謝罪もない。

天皇陛下に対する、韓国前大統領・李明博による極めて不敬な許されざる発言を猛省し、
まず、土下座して詫びよ。

韓国は日本国領土・竹島を即座に返せ。

皇紀2676年・平成28年2月22日

 韓国 大統領
   朴槿恵 江
                             
---------------------------------------------

竹島「被害状況」

李承晩ライン廃止までの抑留者数・拿捕された船の数および死傷者

『抑留者数:3929人』

『拿捕された船の数:328隻』

『死傷者数:44人』


112_20150224122407b02.jpg
https://twitter.com/kohyu1952/status/569358115038040064
西村幸祐 ‏@kohyu1952 2月22日
これが本当の強制連行です。戦後日本はGHQにより「被害者として日本人」という概念を禁じられたので、シベリアへの日本兵強制連行も抑留と表記し、竹島関連、李承晩ラインによる日本漁民強制連行も抑留と表記します。(転載)

-------------------------------------------------

正しい歴史認識さん
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-date-20110421.html

(以下、転載)

韓国による竹島不法占拠、日本人漁師虐殺事件

我々は韓国が日本の漁民に対して行った虐殺を忘れてはいけない。
韓国は、一方的に韓国に有利なラインを日本海に引き、そこに存在する天然資源を全て奪うと宣言した。
当然国際法上認められないことであったが、韓国はそのラインを超えてきた日本漁船に対して非道の限りを尽くした。


李承晩ライン(李ライン)
1952年、韓国の李承晩大統領が行なった、一方的宣言によって規定された領海水域。
同宣言により朝鮮半島周辺(最大二百マイル)の水域内に存在する、すべての天然資源、水産物を利用する権利を主張した。
日本側はこのラインを認めなかったが、結局1965年の日韓漁業協定で李承晩ラインが廃止されるまで、韓国軍による日本漁船の拿捕が続いた。

李承晩ライン廃止までの抑留者数・拿捕された船の数および死傷者数
抑留者数:3929人
拿捕された船の数:328隻
死傷者数:44人

死者の中には、娘が生まれたばかりの若い漁師も居た。
赤ん坊は、生後数ヶ月で父を殺された

抑留された被害者は、日韓漁業協定が成立する1965年まで抑留され、韓国に人質として利用された
その歳月は、最大で、13年
日本政府は、彼らを帰してもらうために、在日朝鮮人の重犯罪者を仮釈放して、日本在留特別許可を与えた。
その犯罪在日朝鮮人の数、472人

(転載ここまで)

---------------------------------------

正しい歴史認識さん
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5241.html

(以下、転載)

◆韓国「竹島不法占拠」の歴史 日本人の死傷者44人◆
http://www.news-postseven.com/archives/20101022_4077.html

李承晩
勝手に境界線を線引き
  ↓
1952~1962年まで
竹島付近の日本人漁民を拿捕、殺害
 抑留者数:3929人
 拿捕船舶:328隻
 死傷者数:44人
201306061942227b1.jpg
▼李承晩ラインで半島に強制連行され拷問を受け顔を焼かれた日本人漁民(第三興洋丸の乗組員)▼
201307170840272c9.jpg
  ↓
※アメリカやイギリスは韓国の横暴を非難
※日本は敗戦で軍隊を持っていなかったため何も出来ず
※日本は国際司法裁判所に提訴したが韓国側は拒否
  ↓
~1965年
韓国:捕まえた日本人漁師を人質に
「拿捕した日本人約4000人を返して欲しかったら・・・
条件1.
「日本で逮捕されている韓国朝鮮人の犯罪者472名を日本で釈放しろ!」
条件2.
「日本に住んでる韓国朝鮮人に永住許可を与えろ!」
「子々孫々まで永久に永住権を与えろ!」
条件3
 「金をよこせ」
  ↓
日本 「軍隊もないし、人命には変えられない」
・韓国朝鮮人の犯罪者472名を釈放
・韓国朝鮮人の子々孫々にまで永住許可を与えた(協定永住) 

(転載ここまで) 



人気ブログランキング
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/2229-3a86a385

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99