大東亜聖戦「終戦の日」 三重県護國神社 皇紀2676年・平成28年8月15日

大東亜聖戦「終戦の日」 三重県護國神社
皇紀2676年・平成28年8月15日




大東亜聖戦「終戦の日」正午前 日本国国歌「君が代」斉唱 三重県護國神社 皇紀2676年・平成28年8月15日 



皇紀2676年・平成28年8月15日、大東亜聖戦「終戦の日」、三重県護国神社で御英霊に尊崇と感謝の念を奉じ、参拝させて頂きました。

御英霊の御魂靖からんことを御祈念申し上げ、散華、玉砕の壮挙、戦陣に斃られた数多御英霊に深い敬意を表します。

インパール作戦祭部隊(母曰く)(祭兵団と同義か)に参戦し、後、イラワジ河会戦(死没日が同会戦と同日、母曰くイラワジ河の畔で爆弾と共に戦死から推察)と思われるで戦死し、未だその骸は同地にある祖父の御魂靖からんことをお祈り申し上げ、戦陣に散った壮挙に深い敬意を表します。

また、仮に次に戦端が開かれることがあるなら、次は必ず勝つとの日本民族の民族意識を発揚するところです。

国難に際しては、後に続くは当然で、戦陣で散華せんと欲するは、日本民族として、至極当然で、戦陣に散ることは無上の誉れと思うところです。

忠烈勇武  殉國義烈

鎮魂




大東亜聖戦「終戦の日」 三重縣護國神社「終戦の日英霊感謝の日」 皇紀2676年・平成28年8月15日




710.jpg
三重縣護國神社http://www.mie-gokoku.or.jp/ 住所:三重県津市広明町387

709.jpg
三重県護國神社

705.jpg

706.jpg

707.jpg






698.jpg

靖國神社社務所

御祭神調査の件(回答)



一、階級・陸軍中尉
二、死没部隊・記載なし
三、死没年月日・昭和20年1月17日
四、死没場所・ビルマ
五、死没時本籍地・三重県
六、死没時御遺族・(妻) (加筆:子供〇人)
七、合祀年月日・昭和30年4月21日


708.jpg
三重県遺族会
http://www.za.ztv.ne.jp/mie-izokukai/gazou/29/index.htm
29・護国神社慰霊碑
NO 画像 資料名 所在地 保管者(設置主体) 概要
1-29-02 1 歩兵51部隊慰霊碑 三重県護国神社境内 三重県護国神社 祭部隊慰霊碑(昭和52年建立)


(参考)
第15師団(祭) インパール作戦
http://www.geocities.jp/buzensakai/reki/15si.htm


インパール作戦は終わらない【果たされたインドとの約束】


今もインドで歌われる日本兵を讃える歌

「日本兵士を讃える歌」
(古田中勝彦氏訳)

一、
父祖の時代より
今日まで
美しきマパオの村よ
言いしれる喜びと平和
永遠に忘れまじ

※合唱(繰り返し)
美しきマパオの丘に
日本兵来たり戦えり
インパールの街目指して
願い果たせず
空しく去れり

二、
日本兵
マパオの丘に来る
それは四日の火曜日
1944年ことなりき
我は忘れ時四月のあの日

三、
罪無き民も散り散るりに
西に東に追いやられ
再び神の恵み受け
集まり住まん
この地マパオに

四、
広島の悲報
勇者の胸をつらぬき
涙して去れる
日本兵士よ
なべて無事なる帰国を
われ祈りてやまず





人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/2264-3683c683

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99