FC2ブログ

非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奉祝 天長節( 天皇誕生日)
皇紀2677年・平成29年12月23日



天皇陛下 (第125代)
お名前 明仁(あきひと) 様
お続柄 昭和天皇第1皇男子
お誕生日 昭和8年12月23日(皇紀2677年・平成29年12月23日84歳)
ご称号 継宮(つぐのみや) 様
お印 榮(えい)
成年式 昭和27年11月10日(ご年齢18歳)
立太子の礼 昭和27年11月10日
ご即位 昭和64年1月7日
即位礼正殿の儀 平成2年11月12日
大嘗祭 平成2年11月22・23日
ご学歴など 昭和31年 学習院大学教育ご終了


日本国国歌「君が代」

君が代は
  千代に八千代に
 さざれ石の
   巌(いわお)となりて
    苔(こけ)のむすまで



五穀豊穣 天壌無窮

皇尊彌榮 皇御國彌榮 萬世一系乃皇統護持

天皇陛下萬歳



4777.jpg
熱田神宮 愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1 皇紀2677年・平成29年12月23日

御祭神 熱田大神(あつたのおおかみ)
熱田大神とは、三種の神器の一つである草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を御霊代(みたましろ)・御神体としてよらせられる、天照大神のことです。
天照大神は、言うまでもなく、皇室の御祖神とも至高至貴の神とも仰がれ、人々にいつくしみの徳をあたえられる神です。又、相殿神は「五神(ごしん)さま」と呼ばれ、草薙神剣とゆかりの深い神々で、宮簀媛命、建稲種命は尾張氏の遠祖として仰がれる神々です。

御霊代 草薙神剣 
皇位継承のみしるしである三種の神器の一つです。日本武尊は、神剣の大いなるご加護により東国を平定。尊のなきあと、神剣は宮簀媛命により熱田の地にまつられ今にいたっております。神剣の名「草薙」は、尊が東国において、この神剣により草を薙いで難をのがれたことからこの名があります。

相殿神
天照大神 (あまてらすおおかみ)
素盞嗚尊 (すさのおのみこと)
日本武尊 (やまとたけるのみこと)
宮簀媛命 (みやすひめのみこと)
建稲種命 (たけいなだねのみこと)

(転載)



熱田神宮 一之御前神社(いちのみさきじんじゃ) 御祭神:天照大神の荒魂
皇紀2677年・平成29年12月23日


熱田神宮 孫若御子神社(ひこわかみこじんじゃ) 皇紀2677年・平成29年12月23日
御神祭:天火明命
尾張氏の祖とされる天火明命(あまのほあかりのみこと)をお祀りしております。式内名神大社に列せられております。もとは境内の別の位置に鎮座していましたが、明治7年現在地に遷座されました。

一二三四五六七八九十 布留部 由良由良止 布留部
(熱田神宮 孫若御子神社(ひこわかみこじんじゃ) 御祭神 天火明命(あめのほあかりのみこと))
昭和節 皇紀2677年・平成29年4月29日

熱田神宮(名古屋市熱田区神宮1丁目1−1)
孫若御子神社(ひこわかみこじんじゃ)
https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/about/keidai/
祭神 天火明命(あめのほあかりのみこと)
祭神の天火明命は尾張氏の始祖であり、天照国日明命、天照玉命とも称される。
明治初年に海蔵門内の西側に鎮座していたのをこの地に遷座した。
ほあかりとは、ほが赤くなるという意味で稲穂への尊称といわれている。

ひふみよい むなやこと もちろらね しきるゆゐつわぬそを たはくめか うおゑにさ りへ てのますあせえほ れけ

沖津鏡 辺津鏡 八握剣 生玉 死返玉 足玉 道返玉 蛇比礼 蜂比礼 品物之比礼

一二三四五六七八九十
布留部 由良由良止 布留部


神霊http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-entry-1850.html

十種大祓



石上神宮・特殊神事「鎮魂祭」

物部神社・鎮魂祭





愛知縣護國神社 皇紀2677年・平成29年12月23日
愛知県名古屋市中区三の丸1-7-3  

皇紀2677年・平成29年12月23日、天長節( 天皇誕生日)の吉き日に、愛知縣護國神社の御英霊の御魂に感謝申し上げ、七生報國を誓い國に殉じられた御英霊の壮挙に敬意を表し、御魂靖からんことをお祈りさせて頂いておりますとお賽銭箱が「バシッ」「バシッ」と二度鳴りましたのは、御英霊がお応えになられたと思う次第でございます。



愛知縣護國神社 宮城遥拝所 皇紀2677年・平成29年12月23日


『浦安の舞』 日本国国歌『君が代』 愛知県護國神社 秋のみたま祭 26/10/30

天地(あめつち)の

   神にぞ祈る朝なぎの

  海のごとくに

     波たたぬ世を

 ( 昭和天皇様 御製 昭和8年)

「みたま慰の舞(みたまなごめのまい)」 日本国国歌「君が代」 昭和節 愛知縣護國神社
 
やすらかに
ねむれとぞ思ふ
君のため
いのちささげ志
ますらをのとも

香淳皇后様 御歌 昭和13年(戦死者に対して詠まれた御歌)
昭和26年・1951年 作曲作舞:多忠朝


天長節 奉祝大会(國士舘大学 昭和40年頃4月29日)


終戦の詔書 (昭和20年8月15日)http://www.chukai.ne.jp/~masago/syuusen.html

(抜粋)

朕は茲(ここ)に国体を護持し得て、忠良なる爾(なんじ)臣民の赤誠(せきせい)に信倚(しんい)し、常に爾臣民と共に在あり。

 若(も)し夫(そ)れ情(じょう)の激する所、濫(みだり)に事端(じたん)を滋(しげ)くし、或は同胞排儕(はいせい)互に時局を乱(みだ)り、為(ため)に大道(たいどう)を誤り、信義を世界に失うが如きは、朕最も之を戒しむ。

 宜しく挙国一家子孫相伝え、確(かた)く神州の不滅を信じ、任(にん)重くして道遠きを念(おも)い、総力を将来の建設に傾け、道義を篤(あつく)し、志操を鞏(かたく)し、誓って国体の精華を発揚し、世界の進運に後(おく)れざらむことを期きすべし。

 爾なんじ臣民、其(そ)れ克(よ)く朕が意を体せよ。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/2374-b7a50351
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。