非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

国家公務員共済組合法には、重要な財産は、運営審議会の議を経なければならないとある。

今般、シナ大使館が落札した、東京都港区南麻布4-5,7の国家公務員共済組合連合会(KKR)所有の土地について、国家公務員共済組合連合会(KKR)・管理課・豊中氏に聞いた。


私:「シナ大使館が約60億で落札した、南麻布・1720坪の土地は、国家公務員共済組合法の条文にある、運営審議会の議を経なければならないと条文にある、重要な財産ではないのか?」

国家公務員共済組合連合会(KKR)・管理課・豊中氏:「重要な財産ではない」

私:「南麻布の1720坪、約60億で、重要な財産ではないと言うのか?

では、KKRからすると、どれくらいの財産が重要な財産なのか?

重要な財産の基準はどこか?」

国家公務員共済組合連合会(KKR)・管理課・豊中氏:返答なし

私:「重要な財産は、運営審議会の議を経なければならないと、国家公務員共済組合法にありながら、その重要な財産は何かが分からないということは到底理解できない。

南麻布、1720坪、60億で重要な財産ではないという見解は全く理解できない。

浮世離れしているとしか言いようがない。

南麻布、1720坪、60億を重要な財産ではないと言い切るKKRは、どういう組織なのだ。

シナ大使館が落札した土地の入札案内は開示していたのか?」

国家公務員共済組合連合会(KKR)・管理課・豊中氏:「ホームページで開示していた。それと現地に看板を立てた」

私:「入札の保証金はどれだけか?」

国家公務員共済組合連合会(KKR)・管理課・豊中氏:「入札額の100分の5以上」

私:「そうすると約3000万円ということか。保証金約3000万円を返して、落札を無効にすべきだ。

シナ大使館に南麻布の土地を売却することに反対だ」


---------------------------------------

↓以下の抜粋した条文の中からも、一党独裁・対日侵略強盗組織・シナ共産党に国家公務員共済組合連合会(KKR)の土地を売却することが妥当でないとの答えが導き出されることは必然である。


国家公務員共済組合法http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S33/S33HO128.html


(目的)
第一条  ・・・公務の能率的運営に資することを目的とする。

2  国及び特定独立行政法人は、・・・共済組合の健全な運営と発達が図られるように、必要な配慮を加えるものとする。


(運営審議会)
第九条  組合の業務の適正な運営に資するため、各組合に運営審議会を置く。

4  組合の代表者は、前項の規定により委員を命ずる場合には、組合の業務その他組合員の福祉に関する事項について広い知識を有する者のうちから命ずるものとし、一部の者の利益に偏することのないように、相当の注意を払わなければならない。


第十条  次に掲げる事項は、運営審議会の議を経なければならない。

四  重要な財産の処分及び重大な債務の負担


(財務大臣の権限)
第百十六条  組合及び連合会の業務の執行は、財務大臣が監督する。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/241-a9b342b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード