非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

「ただちに人体に影響がある」場合の例(JCO 東海村・臨界事故)


ウラン235臨界
 ↓
青い光を目視
 ↓
放出された中性子線が人体の染色体(設計図)を破壊
見た目、様子は普通の状態
 ↓
細胞の再生に多大なる影響
徐々に皮膚、内臓、血液の状態が悪化していく
フォト
 ↓
多臓器不全 死亡  



左翼革命政党民主党のいう「ただちに人体に影響がない」とは、末梢血中のリンパ球が減少する500ミリシーベルト未満、約499ミリシーベルト以下を浴びること全てをいうのだろう。

経済産業省 原子力安全・保安院に以前聞いた時は、悪心、嘔吐(10%の人)という状態になる1000ミリシーベルト未満(約999ミリシーベルト以下)が「ただちに人体に影響がない」と言っていた。

デタラメ、無責任、ここに極まれりの「ただちに人体に影響がない」という言語表現といえよう。


====================
菅内閣の原発対応 68.5%「評価せず」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1573125&media_id=88
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/269-1354d468
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード