非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

北朝鮮の反日デタラメサッカー  

サッカー・ワールドカップ3次予選 日本vs北朝鮮(11/15)
http://www.youtube.com/watch?v=2kOJh5cum6Y

9歳の頃からサッカーやってたけど、あれだけデタラメに体当ててくるのと、まともに関わってたら体いくつあっても足らんやろ。

常にボールと関係なしで体当ててくるのが普通とは、キチガイか。

 
(追記11月16日)みのもんた、北朝鮮選手のイエローカードを闘志と解釈して褒め称えていた。頭狂っとるな、コイツ。ラフプレーを執拗にかまされる選手の身になってみよ、ボケ。 

下手なチームに限って、デタラメ、ヤカラ丸出しで体当ててくるとこあるのお。

あの反日のデタラメ北朝鮮にまともに日本選手が体当ててたら、故障者続出やろ。

その後のリスクの方が大変やろ。

北朝鮮め、反日丸出し、ヤカラ丸出しではなく、少しはまともなプレーで勝負してみいや、ボケ。

サッカーは、ルールのあるスポーツやぞ、日本にホームで負けたら強制収容所送りで、滅茶苦茶からだ掛っとるから、呑気なこと言うとれんか。

そんな者にまともに付き合っとれんわの、日本選手も。

それと、日本国国歌「君が代」の時くらい静かにしとれや北朝鮮・朝鮮民族、ボケ。

北朝鮮は国際試合を行う資格ゼロ以下。

選手・スタッフ等の安全や人権が担保されないことは明白。

朝鮮労働党から、負ければ強制収容所送りという脅迫下にあると推測される北朝鮮選手との試合は対戦チームの選手の著しい身体の安全、生存権を脅かすことは明白である。

北朝鮮は、サッカーというスポーツの試合ができる環境に全くないことがよくわかった。

そして、反日・抗日思想を幼少から埋め込まれている、あの北朝鮮の朝鮮民族が、日本が勝った時に、これに怒りを感じ暴動を起こしだしたら、暴動の群集心理にスイッチが入ったなら、北朝鮮の警備担当者はこれを止めることにかなりの時間が掛るだろう。

その間に、日本の選手、スタッフ、サポーターは撲殺あるいは瀕死の重傷を負うことは容易に想像が付く。

そして、何が起こっても治外法権ということで抗日・反日国家北朝鮮は黙殺ということも当然あり得る。

朝鮮学校に拉致のことをいうと、日本は強制連行(実際は徴用245名)したと居直り、拉致をある意味肯定する発言をするくらいなので、北朝鮮本国では、それ以上の抗日・反日の感性であると推測できる。


-------------------------------------------

北朝鮮、サッカーやる資格なし!“ダメ国家”スポーツでも孤立か
配信元:ZAKZAK
2011/11/15 19:16更新

 国際サッカー連盟(FIFA)が、北朝鮮サッカー協会に対して何らかの「制裁」を加えることが確実になった。

 平壌でのW杯3次予選(15日)では、日本側から51人のメディア関係者が取材申請を出したが、北朝鮮協会が許可したのは10人のみ。

日本協会・田嶋幸三副会長(53)も、報道規制の緩和を求めてきた。また、この事態を憂慮したFIFAでも北朝鮮協会に取材申請を受けるよう勧告していたが、試合までに返答はなかったという。

このため「いずれFIFAから北朝鮮側に通達がいくと思う」(日本協会幹部)としている。

 14日に北京から到着した際も平壌国際空港で徹底検査を受け、選手らは約4時間も足止め。サポーターも、カメラや日本代表ユニホームなどの持ち込みが認められなかった。

 いずれにしても、FIFAが今回の受け入れ体制について問題視することは必至。今回が平壌での最後のアウェー戦になるかもしれない。

----------------------------------------

談笑も注意 食料没収 槙野「サッカー以外のところでの戦い始まっている」
W杯アジア3次予選 日本―北朝鮮 (11月15日 平壌)


北朝鮮に移動のため空港に到着したザッケローニ監督
Photo By スポニチ

 平壌国際空港では入国審査や荷物検査のため通関に約4時間も要し、金日成スタジアムでの公式練習開始が予定より約3時間も遅れる異例の事態に発展した。

 空港ビル滞在中には3度も停電が起き、日没後で建物内が真っ暗になった際には、チームは拍手で気を紛らわせた。

 税関のターンテーブルに座り込んだ選手たちは「あとどれだけかかるんだ」と諦め顔。遠藤、今野、安田が談笑していると、空港職員からすかさず注意が入った。

 持ち込もうとしたバナナやガム、袋入りラーメンなどの食料類も没収。空港職員は「初めて入国する人も多く、規定に従っているまで」と平然と説明した。槙野は「サッカー以外のところでの戦いが始まっている印象を受けた」と神妙な面持ちで話した



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/3-9028cbd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード