告発状  被告発人  基雄(対日侵略シナ工作船・閩晋漁5179船長)

            告 発 状

告発人 

        住所

        氏名
 
        電話番号 

被告発人

        住所 中華人民共和国

        氏名 基雄

                       平成23年3月2日

那覇地方検察庁検察官殿

   一 告発の趣旨
 被告発人の以下の所為は、外国人漁業の規制に関する法律・第三条(漁業等の禁止)違反、刑法125条(往来危険)、刑法260条(建造物等損壊及び同致死傷)に該当すると考えるので、被告発人を厳罰に処することを求め告発する。

   一 告発事実
 被告発人が操舵する船舶・閩晋漁5179は、平成22年9月7日午前10時頃、沖縄県石垣市字登野城2393(久場島)付近日本国領海内、北緯216度01.7、東経123度37.1付近で漁業を行いました。
 被告発人が操舵する船舶・閩晋漁5179は、平成22年9月7日午前10時15分頃、沖縄県石垣市字登野城2393(久場島)付近日本国領海内、北緯216度01.7、東経123度37.1付近で、海上保安庁巡視船「PL63よなくに」の左舷船尾部に船首を衝突させ、当該巡視船を損壊しました。
 被告発人が操舵する船舶・閩晋漁5179は、平成22年9月7日午前10時56分頃、沖縄県石垣市字登野城2393(久場島)付近日本国領海内で、海上保安庁巡視船「みずき」右舷船尾部に左舷前部を衝突させ、当該巡視船を損壊しました。
 被告発人の前記行為は、外国人漁業の規制に関する法律・第三条(漁業等の禁止)違反、刑法125条(往来危険)、刑法260条(建造物等損壊及び同致死傷)に該当すると思われますので、被告発人に厳重な処罰を求めるため、ここに告発いたします。


   ニ 立証方法

動画サイトYouTube 「名前:産経新聞チャンネル  ユーザー名SankeiNews」

尖閣ビデオ 自民党が公開 44分版 No.1
http://www.youtube.com/watch?v=ZCSqZ2tK2xQ
ミンシンリョウ5179
    NO1
進路規制から揚網途中まで
PL63よなくに 平野撮影


尖閣ビデオ 自民党が公開 44分版 No.2
http://www.youtube.com/watch?v=IU_aXcmV-lQ
ミンシンリョウ5179
    NO2
揚網中から衝突・逃走
PL63よなくに 仲座撮影


尖閣ビデオ 自民党が公開 44分版 No.3
http://www.youtube.com/watch?v=lTguzW2FzaY
ミンシンリョウ5179
    NO3
「みずき」と衝突


========================

(追記)平成23年3月2日22:30 投函完了

========================

外国人漁業の規制に関する法律
(昭和四十二年七月十四日法律第六十号)
最終改正:平成一三年六月二九日法律第九二号

(漁業等の禁止)
第三条  次に掲げるものは、本邦の水域において漁業、水産動植物の採捕(漁業に該当するものを除き、漁業等付随行為を含む。以下同じ。)、採捕準備行為又は探査を行つてはならない。ただし、その水産動植物の採捕が農林水産省令で定める軽易なものであるときは、この限りでない。
一  日本の国籍を有しない者。ただし、適法に本邦に在留する者で農林水産大臣の指定するものを除く。
二  外国、外国の公共団体若しくはこれに準ずるもの又は外国法に基づいて設立された法人その他の団体


(罰則)
第九条  次の各号の一に該当する者は、三年以下の懲役若しくは四百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
一  第三条の規定に違反した者
二  第四条第一項の規定に違反して同項の許可を受けないで外国漁船を寄港させた船長
二の二  第四条の二の規定に違反した船長
三  第五条の規定による命令に違反した船長
四  第六条第一項から第三項まで又は第五項の規定に違反した船長
2  前項の場合においては、犯人が所有し、又は所持する漁獲物等、船舶又は漁具その他漁業、水産動植物の採捕、採捕準備行為若しくは探査の用に供される物は、没収することができる。ただし、犯人が所有していたこれらの物件の全部又は一部を没収することができないときは、その価額を追徴することができる。


----------------------------------------------

刑法

第11章 往来を妨害する罪(往来妨害及び同致死傷)

(往来危険)第125条 鉄道若しくはその標識を損壊し、又はその他の方法により、汽車又は電車の往来の危険を生じさせた者は、2年以上の有期懲役に処する。2 灯台若しくは浮標を損壊し、又はその他の方法により、艦船の往来の危険を生じさせた者も、前項と同様とする。


----------------------------------------------

刑法

第40章 毀棄及び隠匿の罪

(建造物等損壊及び同致死傷)第260条 他人の建造物又は艦船を損壊した者は、5年以下の懲役に処する。よって人を死傷させた者は、傷害の罪と比較して、重い刑により処断する。


=====================
中国の著名な俳優夫妻、「戸籍を尖閣諸島に移します」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1514247&media_id=97
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/340-2677bec1

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99