非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

杉田謙一氏ブログ:ワシントンポストに名古屋領事館問題が
http://plaza.rakuten.co.jp/seimeisugita/diary/201101190001/


The Washington Post ワシントン・ポスト
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2011/01/18/AR2011011802549.html(注:短時間に何度もアクセスするとブロックされると思われます。そういう時は時間をおいてから再度アクセスして下さい。在米某氏よりの見解要約)

Proposed sale of Japanese land for Chinese consulate stokes anti-Chinese views

フォト
SLUG: chinajapan INPUTDATE: 2011-01-14 03:42:30.210 CREDIT: Chico Harlan/STAFF/TWP LOCATION: Nagoya, , Japan CAPTION: Kenichi Sugita, 56, has organized a petition to stop the land sale for a new consulate building to China. Sent by: Chico Harlan Photo Editor: (Chico Harlan - Twp) Network NewsX Profile


By Chico Harlan
Washington Post Foreign Service
Tuesday, January 18, 2011; 10:31 PM

NAGOYA, JAPAN - The local government in Japan's fourth-largest city has some land it wants to sell. The buyer is China. And disdain for that buyer has prompted Kenichi Sugita, a 56-year-old prep school teacher, to stand in front of windy train stations, distributing petitions and encouraging citizens to thwart the latest Chinese incursion.

Sino-Japanese relations had turned sour in September when a Chinese fishing boat collided near disputed territory with two Japanese patrol vessels, prompting a vicious diplomatic argument. But experts now say that the government-level acrimony of September has spilled downward, leading to widespread public mistrust on both sides - particularly in Japan, where opinion toward China has hit its lowest point in decades, according to polls.

"This has lasting consequences," said Shi Yinhong, a professor at Beijing's School of International Studies. "For the future of China-Japan relations, there are special difficulties, because any measures to improve ties will encounter the hardware of public opinion. For those who want to improve relations, I think everybody has a pessimistic view."

Unmistakable shifts


The rift between China and Japan has already caused deep changes, with Tokyo drawing closer to Washington and revising its military strategy to deal with the "concern" of Beijing's increasingly modernized, emboldened military.


But an enduring shift in public opinion had been harder to measure - at least until Sugita, the teacher in Nagoya, started collecting signatures and delivering them, folder by folder, to the local finance bureau, protesting the sale of the land, which China hopes to use to build a new consulate. (Currently, its consulate is on rented land.) His efforts have prompted the government to put the sale on hold, the latest strain between two countries whose relationship has broad implications for East Asia's security outlook.

Although the finance bureau hasn't rejected the sale, it has no timetable for moving forward on the sale of the land, which stretches seven acres and is across the street from a castle built four centuries ago.

"It doesn't feel like the complaints have died down," said Osamu Hayashi of the finance bureau's asset-management department. "We do hear the complaints. They are still actively protesting."

Some analysts attribute the latest wave of anti-China sentiment in Japan to despair over the country's direction, with two decades of economic stagnation and revolving-door leadership unable to offer much help. In August, China overtook Japan as the world's second-largest economy. Once viewed as the model for Asia, Japan now finds itself in a state of torpor, watching China boom and roar.

"In China, people are making money, they're finding jobs. They have fewer reasons to worry," said Phil Deans, a Sino-Japanese expert at Temple University's campus in Tokyo. "But on the Japanese side, the anti-Chinese sentiment has spread from just the typical crazies to the disaffected youth. Graduates are not finding jobs, the country isn't growing, and in a period like that, you kind of want something to complain about."

Sugita considers himself a nationalist but not a right-winger. He gets excited about pro-Japanese issues. He knows his country's land, its history. He wears a pin that appeals for the rescue of Japanese abductees in North Korea. Every month, he drives 40 minutes to a temple that honors fallen Japanese soldiers because he believes it's proper to pay respects. Several years ago, he grew so curious about a disputed set of uninhabited, windswept islands - claimed by both Japan and China - that he tried to charter a tour to visit them. He was stopped en route by the Japan Coast Guard.

"No, I'm not a right-winger," Sugita said. "I just love Japan."

Sugita has now become the central character in the grass-roots effort to prevent a sale from the Tokai Local Finance Bureau to the Chinese Consulate General. The government had posted a notice of the sale in April, and it expected a quick transaction. China soon submitted a bid, explaining its financial plans and intended construction. Local government officials thought they would be able to all but finalize the sale by September, but on Sept. 7, near the exact islands Sugita tried to visit, a Chinese fishing boat rammed the patrol vessels, even as Japanese crewmen yelled, "Stop!" and, later, "It's coming at us!"

In the weeks after the incident, nationalism flared on both sides. Japanese lobbed smoke bombs toward the Chinese embassies in Nagasaki and Fukuoka. A bus carrying tourists in Fukuoka was blocked by Japanese right-wingers, who screamed at the passengers and banged on the windows, prompting China to issue a travel warning. The finance bureau in Nagoya, too, received its first batch of angry phone calls and letters, asking the government to reconsider the consulate deal.

Sugita, however, heard of the possible land sale only in October, thanks to a comment posted on his personal blog. His next step: He drafted a statement of complaint, his address at the top, 10 lines for signatures below. He thought maybe he could gather 5,000 signatures - provided he spent enough time outside Nagoya's busiest train stations, lobbying passers-by.

At home, Sugita printed 10 sheets, then 50, then 500, and every time he went back to the train station, he found residents willing to sign their names. Every time he had a thick stack of signatures, he delivered them to the finance bureau. By Dec. 8, the bureau had received 10,000 signatures. On Jan. 11, Sugita dropped off 10,000 more signatures - 1,000 sheets of paper, stretching the bag he carried them in.

"They were in shock," Sugita said. "I told them, 'Unless you call off the sale, you're going to get more.' "

For now, the land remains uninhabited. Nine low-slung dormitories on the property now gather cobwebs.


"The sale has not been frozen," Hayashi said. "But it has been six months since we closed the sale announcement, so we do feel the need to make a decision. We don't have a particular date for that."

harlanc@washpost.com Special correspondent Akiko Yamamoto contributed to this report.

-----------------------------------------

(ネット翻訳)

中国の領事館のための日本の土地の提案された販売は、反中国の見解をかき立てます

名古屋、日本 - 日本の4番目に大きい都市の地方自治体は、それが売って欲しい若干の土地を持っています。買い手は、中国です。そして、その買い手に対する軽蔑はケンイチスギタ(56才の予習学校教師)に風の強い駅の前に立っていることを促しました。そして、嘆願書を配布して、市民が最新の中国の侵略を妨害するのを奨励しました。

中国の釣り舟が2台の日本のパトロール隊船で紛争地区の近くで衝突したとき、日中の関係は9月にだめになりました。そして、猛烈な外交的な議論を促しました。しかし、専門家は現在、9月の政府レベルの辛辣さが下にあふれたと言います。そして、両側で広範囲にわたる一般の不信に至ります、 - 特に日本で、そこで、世論調査によると、中国の方の意見は、数十年にその最も低い点を記録しました。

「これには、長続きする結果があります」と、Shi Yinhong(北京のインターナショナルStudies学校の教師)が言いました。「日中関係の将来のために、タイを利用するためのどんな処置でも世論のハードウェアに遭遇するので、特別な困難があります。関係を利用したい人々のために、私は誰にでも悲観的な見方があると思います。」

紛れもない交替制

ワシントンにより近く近づいていて、北京のますます現代化された、励まされた軍隊の「懸念」に対処するためにその軍事戦略を修正している東京で、中国と日本の間の亀裂は、深い変化をすでに引き起こしました。

しかし、世論の永続する変動は、測るのがより難しかったです - 少なくともスギタまで、名古屋の先生はサインを集めて、彼らを出産し始めました。そして、フォルダでのフォルダが、地方財政局に、土地の販売に抗議しました。そして、中国はそれを新しい領事館を建設するために使うことを望みます。(現在では、その領事館は、賃借された土地の上にあります。)彼の努力は、政府に把握(関係には東アジアのセキュリティ展望への幅広い含みがある2カ国の間の最新の重圧)に販売を与えさせました。

金融局が販売を拒絶しなかったが、それには販売に関して土地の前方に動くことのタイムテーブルがありません。そして、それは7エーカーを広げて、4世紀前建設される城から通りの向こうにあります。

「それは、不満が静まったように感じません」と、金融局のアセットマネージメント部の林攻が言いました。「我々は、不満を聞きます。彼らは、まだ活発に抗議しています。」

多くの援助を提供することができない20年の不景気と回転ドアリーダーシップで、一部のアナリストは、国の方向に絶望するために、日本で反中国感情の最新の波をものと考えます。8月に、中国は世界の2番目に大きい経済として日本を追い越しました。一旦アジアのモデルとして見られるならば、日本は現在麻痺状態の状態にいるのに気づきます。そして、中国が急成長して、うなるのを見ます。

「中国では、人々は金を儲けています、彼らは仕事を見つけています。彼らには、心配するより少しの理由があります」と、フィルディーンズ(東京のテンプル大学のキャンパスの日中の専門家)が言いました。「しかし、日本の側で、反中国の感情は、まさに典型的狂人から不満を抱く青春期まで広がりました。卒業生は仕事を見つけていません、同国は発展していません、そして、そのような期間には、あなたはすこし、不満を言う何かを望みます。」

スギタは、彼自身を右翼でなく国家主義者と考えます。彼は、親日的な問題に興奮しているようになります。彼は、彼の国の土地(その歴史)を知っています。彼は、北朝鮮で日本の拉致被害者の救出を訴えるピンを着ます。毎月、彼は40分を彼が敬意を表すことが妥当であると思っているので、倒れた日本兵に敬意を表する寺院に追いやります。数年前、彼は無人の、吹きさらしの島の異議を唱えられたセットをとても知りたがるようになりました - 日本と中国によって要求されます - 彼が彼らを訪ねるために旅行をチャーターしようとしたために。彼は、海上保安庁によって途中に止められました。

「いいえ、私は右翼でありません」と、スギタが言いました。「私は、ちょうど日本を好みます。」

スギタは、今は、東海財政局を中国のConsulate将軍まで販売に対して妨げる草の根の努力の中心人物になりました。政府は4月に販売の通知を貼りました、そして、それは速い業務を予想しました。中国はすぐに入札を提出しました。そして、その財政的な計画と意図された建設を説明しました。地元の官僚は、彼らが9月までに販売をほとんど終えることができると思いました、しかし、9月7日に、スギタが訪問しようとした正確な島の近くで、ちょうど叫んで言われる日本の乗組員が「立ち止まるとき、中国の釣り舟はパトロール船に衝突しました!」、そして、後で、「それは、我々に向かって来ています!」

事件の後の週で、国家主義は両側で燃え上がりました。日本語は、長崎と福岡の中国大使館の方へ、発煙弾を高くゆるく投げました。観光客を福岡に運び込んでいるバスは日本の右翼によってブロックされました。そして、その人は乗客に向かって叫んで、ウインドウをドンとたたきました。そして、中国に渡航警告を発させました。名古屋の金融局は、また、怒りの電話と手紙のその最初の束を受けました。そして、政府に領事館取引を再考するよう依頼しました。

スギタは、しかし、10月だけにありうる土地販売について耳にしました。そして、彼の個人のブログに貼られるコメントのおかげでした。彼の次の歩み:彼は、下記のサインのために、不満、トップの彼のアドレス、10本の線の記載を下書きしました。彼は、多分、彼が5,000のサインを集めることができると思ったでしょう - 彼が外の十分な時間を過ごしたならば、名古屋は駅を最も忙しいです。そして、通行人に働きかけます。

自宅で、スギタは10枚のシート、それから50、そして500を印刷しました、そして、彼が駅に戻ったたびに、彼は彼らの名前に署名する気持ちがある居住者を見つけました。彼がサインの厚いスタックを持ったたびに、彼は彼らを金融局に届けました。12月8日までには、局は10,000のサインを受けました。1月11日に、スギタはもう10,000のサインを届けました - 1,000枚の紙(彼が彼らを運び込んだバッグを引っ張る)。

「彼らは、ショックにありました」と、スギタが言いました。「『あなたが販売を取り消さない限り、あなたはより多くのようになることになります。』と、私が彼らに話しました。」

今のところ、土地は無人のままです。資産の9つの低めの寄宿舎は、現在クモの巣を集めます。

「販売は、凍結されませんでした」と、ハヤシが言いました。「しかし、我々が販売発表を終えた時から、6ヵ月であったので、我々は決定をする必要を感じます。我々は、それの特定の日を持ちません。」

harlanc@washpost.com Special通信員山本亜紀子は、このレポートに貢献しました。

-----------------------------------------

↓在米某氏より魚拓等

ウェブ魚拓
ページ1 http://megalodon.jp/2011-0120-0741-06/www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2011/01/18/AR2011011802549.html
ページ2 http://megalodon.jp/2011-0120-0741-22/www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2011/01/18/AR2011011802549_2.html

BackupURL.com
ページ1 http://backupurl.com/t7d36p
ページ2 http://backupurl.com/gt3vvh

元サイト
ページ1 http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2011/01/18/AR2011011802549.html
ページ2 http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2011/01/18/AR2011011802549_2.html


====================
尖閣余波で中国領事館の土地購入頓挫―中国
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1448367&media_id=97
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/378-b5b769d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード