売国奴・丹羽宇一郎・在シナ日本大使(元伊藤忠社長)が、対シナODA強化要請

丹羽大使が対中ODAの強化を外務省に要請 日中関係の改善めざし[10/12/19]

丹羽大使が対中ODA強化要請 関係改善めざし外務省に

在中国の丹羽宇一郎大使が今月上旬、日本から中国への政府開発援助(ODA)の強化を外務省本省に意見具申していたことが18日、分かった。

中国の経済力の向上に伴い減少傾向にある対中ODAの増額を事実上求めたものだ。

国内総生産(GDP)で日本を抜いて世界2位になるといわれるほどの経済力をつけ、軍備増強も続ける中国にODAを供与し続けることには批判が多く、打ち切りを求める声も出ている。

これに対し、丹羽氏は9月の沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件で悪化した日中関係の改善に向け、他の予算を削減してでも対中ODA予算の「増額」が効力を発揮すると判断したようだ。

政府関係者によると、丹羽氏は意見具申の中でODAが日中間の経済、交流関係を強化する外交手段として有効だとの見解を示した。

特に環境技術協力や中国国内の法整備、労使紛争解決のメカニズム構築などにODA予算を重点配分することを主張した。

そのうえで、対中ODAを打ち切ることは、中国側の批判を受けることになると「警告」したという。 

昭和54年に始まった対中ODAは累計で3兆6千億円を超える。9割以上を占める円借款(有償資金協力)は平成19年度に終了した。

ただ、環境保全や人材育成を中心とする無償援助と技術協力は20年度以降も継続。

同年度の実績は53億円で、日本は世界最大の中国支援国となっている。

日中間では11月の首脳会談で関係改善に努力することを確認し、事務レベルの協議も活発化しつつある。

伊藤忠商事相談役から民間初の駐中国大使として7月に着任した丹羽氏は、
こうした流れに乗って対中ODA強化を訴えたようだ。

丹羽氏は産経新聞の取材に対し「そのような事実はない」と回答した。

ソース:産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101219/plc1012190129002-n1.htm

-------------------------------------------

売国奴・丹羽は即刻大使を辞めよ!

日本政府は売国奴・丹羽を即刻召還させ、大使の任を解け!

>>>>>(伊藤忠HP、中国における取り組みより)インフラ建設や国家重要プロジェクトへの参加<<<<<  売国奴・丹羽が対シナODAを強化させ、そこに伊藤忠が介在して、伊藤忠にODAが事実上キックバックされるという構図か。

売国ほど金が儲かる、そういうことなのだろう。そして、悪魔に魂を売ったのが売国奴・丹羽宇一郎。

日本政府の任命責任も当然問われてしかるべきだろう。



尖閣事件では、売国奴・丹羽は深夜にシナ共産党に呼び出され、のこのこ出て行き、シナの軍拡、覇権膨張は留まるところを知らず、GDPでは日本を抜いて世界第二位になろうとしているシナにODAなど全く不要。

反日教育を続け、シナ人に潜在的反日感情を幼少の頃より植え付け、これを共産党一党独裁体制の維持に使用し、核ミサイルを25基ほど日本の主要都市に照準を合わせ、尖閣諸島海域に地下資源が存在すると認知するや尖閣諸島を自国の領土と強盗よろしく主張しだし、沖縄までも自国の領土の射程に入れ、日本全土にシナ人を流入させ続け、人口爆弾攻撃を断行、対日人口侵略工作を常態化させ、日本各地の水資源、土地などを買収、買収しようと画策し、シナ領事館は不可侵の大規模な土地取得を地方都市で画策し、原子力空母二隻を建造をもくろみ、東京、グアム、サイパンという、シナが主張する第二列島線より西を自らの制海権にしようと画策し、年々、不透明な軍拡を続け、明らかに対日侵略工作を進捗するシナ共産党が支配するシナにODAを供与することは日本国を売る行為と同義であることは明々白々。

許すまじ売国奴・丹羽!

シナで事業を大きく展開する丹羽の背後で蠢く伊藤忠を叩き潰せ!


・外務省 03-3580-3311

・伊藤忠商事(株)
設立年月日 1949年12月01日
【本社】 〒541-8577 大阪市中央区久太郎町4-1-3
電話番号 06-6241-2121
代表者 社長 岡藤 正広

東京本社 〒107-8077
港区北青山2-5-1
TEL: 03-3497-2121
FAX: 03-3497-4141

大阪本社 〒541-8577
大阪市中央区久太郎町4-1-3
TEL: 06-6241-2121
FAX: 06-6241-3220

名古屋支社 〒460-8664
名古屋市中区錦1-5-11 (名古屋 伊藤忠ビル)
TEL: 052-203-2111
FAX: 052-203-2119

-----------------------------------------

伊藤忠商事の中国展開「中国最強商社」と言われる伊藤忠商事の中国における取り組みをご紹介します。
http://www.itochu.co.jp/ja/business/china/

伊藤忠商事の中国展開伊藤忠商事はアジアの中でもとりわけ中国を最重要市場と捉え、トレーディングの拡大や、現地有力企業とのアライアンスによる現地事業への投資など、積極的な展開を行ってきました。

インフラ建設や国家重要プロジェクトへの参加に加え、現地企業の企業運営についてコンサルティングを行うなど、地域経済の活性化にも大きく貢献しています。

2008年の北京オリンピックを経て名実ともに経済大国となった中国において、当社は更にビジネスを拡大していきます。

「巨大消費市場」中国への布石一貫した中国重視の姿勢がもたらした「中国最強商社」の地位

「国交が回復すれば、中国市場は必ず重要な貿易国になる」。

こういった判断のもと、進出のためのさまざまな準備を進めてきた伊藤忠商事は、1972年の日中国交正常化の半年前の1972年3月、大手総合商社としてはじめて、国務院の正式批准を得て日中貿易に復帰を果たしました。

その後も1979年の北京駐在員事務所開設、1992年上海現地法人の設立、1993年の傘型企業の許認可取得、2005年の多国籍企業「地域本部」の認定取得など、常に市場に先鞭をつけながら、中国市場における地歩を着々と築き上げていきました。

継続的に経営資源を重点配備してきた結果、大手総合商社のなかでは最大級の拠点網を整えるとともに、幅広い人的ネットワーク、有力企業との提携関係、そして、中国に関する豊富な知見を備えた人材の層の厚さといった競争優位性を確立しています。

「中国最強商社伊藤忠」という現在の地位は、こういった先見性と一貫した中国重視の姿勢がもたらしたのです。

伊藤忠商事の中国とのかかわり
1972年 大手商社初の日中貿易再開の批准取得
1979年 大手商社初の北京駐在員事務所開設
1992年 大手商社初の上海現地法人設立
1993年 大手商社初の傘型企業の許認可取得
2005年 大手商社初の多国籍企業「地域本部」の認定取得

伊藤忠商事の強み
大手商社の中で最大級の拠点を整備
(7現地法人、6現地法人分公司、4本社駐在員事務所)
人的ネットワークの広さ
現地における大企業との密接な提携関係
中国に関する知見とチャネル (調達ソース、販路、リスクマネジメントノウハウ)
中国ビジネスに精通した人材の層の厚さ
「生活消費関連」分野で大手企業との協力関係を構築内需拡大を見据えた先行布石

世界同時不況により同国も輸出分野において、大きな影響を受けていますが、その一方、積極的なインフラ投資などによる経済刺激策により、内需主導の経済成長が期待されます。

中国経済が、世界経済回復の牽引役となることは間違いないと思います。

これまでの中国の経済成長は、輸出により支えられていた面もありますが、今後、成長のドライバーは内需の拡大に移ると考えています。

伊藤忠商事は、これまで常に中長期的な視野で産業構造の変化を分析・予測し、先回りした取り組みを進めてきました。

これまでの「世界の工場」としての成長から、内需を中心とした「巨大消費市場」としての成長への中国経済の構造変革に対しても、当社が強みを有する「生活消費関連」分野において2009年3月期は大型の投資を実行し、次ページでご説明する有力企業とのパートナーシップを築き上げるなど、確実に将来の布石を打っています。

また、長江デルタ地域、珠海デルタ地域や、環渤海湾地域などの沿岸地域に加え、東北三省及び中西部地域への取り組みも強化しており、今後大きな成長潜在力を有する内陸部でのビジネスチャンスを掴むため努力しています。さらに、有力企業とのパートナーシップを中国国内にとどまらず、グローバルに展開していくことも検討しています。


===================
丹羽大使が南京訪問へ、経済外交の一環、市民の反日感情は?―米華字メディア
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1442594&media_id=31
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/403-151b6ce8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99