非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

APECに備え 丸の内で爆弾テロ対策訓練
http://www.youtube.com/watch?v=h66_qtshM1g

 しかし、在特会等に関して、キャンキャン吠える左翼、朝鮮人、警察などが存在するわけであるが、在特会等は暴力行為、破壊活動をしたこともなく、只、その言論活動を指し示し、糾弾・指弾するわけであるが、その糾弾・指弾する主体である左翼は、過去、無差別殺戮や殺人を実行し、未だ迫撃砲などの破壊活動に勤しんでおり、朝鮮人は戦後、破壊活動の限りを尽くし、多くの日本人を殺戮し、その北朝鮮指導下にある朝鮮人らは拉致事件を実のところ肯定し、いつ何時対日破壊工作員になるやも知れず、また、戦後、警察官・警察署を襲撃したわけであるが、ことここに来て言論活動を行っている在特会々長・桜井誠氏に当局より、小包爆弾攻撃注意喚起がなされるに到ったことは、図らずも如何にも的外れな在特会攻撃を当局をして、行っているかを当局自らをして疎明したと言えるだろう。

 平和・人権などを常日頃謳いながら、その実、極めて暴力的、破壊的な本質を内包する左翼、朝鮮人組織らの実態から想定される小包爆弾攻撃注意喚起がなされた現況に、常日頃の日本行政が如何に反日本的・左翼傾向に偏っていることの証左といえよう。



↓以下、一部転載 爆殺?http://ameblo.jp/doronpa01/entry-10731901112.html

講談社の卑劣漢が垂れ流した情報に中核派系などの極左暴力集団まで絡んできているそうで、個別の殺人や放火など重大な犯罪案件になる可能性があるとして当局側から所轄と十全な連絡体制を取ってほしいとの要請がありました。

本来であれば、自分自身の件に関して他者にお願いすることは不本意極まりないのですが、放火などによって近隣周辺へ被害が及ぶことも想定されたため打ち合わせに応じることにしました。本件対応についての打ち合わせの詳細は省きますが、一つだけこれまで受けたことのなかった警告があったことを記しておきます。

今まで自身の安全に関していろいろな警告を受けることがありましたが「小包爆弾に気を付けてい欲しい」 というのには、さすがに一瞬目が点になりました。話を聞けば極左暴力集団の常とう手段で、これまでもこの手口で何度も爆弾事件を起こしているとのことです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/409-588be491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード