新嘗祭(11月23日)

フォト

那智の瀧(浦安の舞)
http://www.youtube.com/watch?v=ozZ14GG4tK8&feature=related
1933年(昭和8年)の昭和天皇御製
天地(あめつち)の 神にぞ祈る 朝なぎの 
    海のごとくに 波たたぬ世を



天皇陛下萬歳 皇御國弥栄 豊葦原瑞穂國弥栄 神州日本弥栄

--------------------------------------

(宮内庁HPより)
11月23日 新嘗祭(にいなめさい) 天皇陛下が,神嘉殿において新穀を皇祖はじめ神々にお供えになって,神恩を感謝された後,陛下自らもお召し上がりになる祭典。宮中恒例祭典の中の最も重要なもの。天皇陛下自らご栽培になった新穀もお供えになる。

-------------------------------------

(ウィキより)

 新嘗祭(にいなめさい、にいなめのまつり、しんじょうさい)は宮中祭祀のひとつ。収穫祭にあたるもので、11月23日に、天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に勧め、また、自らもこれを食して、その年の収穫に感謝する。宮中三殿の近くにある神嘉殿にて執り行われる。

 日本では、古くから五穀の収穫を祝う風習があった。その年の収穫物は国家としてもそれからの一年を養う大切な蓄えとなることから、大事な行事として飛鳥時代の皇極天皇の御代に始められたと伝えられている。

 一時中断されたが、元禄時代の東山天皇の在位中に復活した。1873年の太陽暦採用以前は旧暦の11月の2回目の卯の日に行われていた。

 1873年から1947年までは祝祭日となっており、その後も勤労感謝の日として国民の祝日になっている。

 新嘗祭自体は伊勢神宮及びそれに連なる神社の祭儀となり、伊勢神宮には天皇の勅使が遣わされて、大御饌(おおみけ:神が召し上がる食事)を供える形式となった。

 現代では稀であるが、新嘗祭まで新米を口にしない風習も残っている。

---------------------------------------

http://www.nipponkaigi-okayama.jp/evevtguide.html#22_1122
国民の祝日◆11月23日 新嘗祭(にいなめさい)・新穀感謝祭

「国民の祝日に関する法律」によれば「勤労をたっとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう」日とされています。

もともとは「新嘗祭(にいなめさい・にいなめのまつり・しんじょうさい)」と呼ばれ、その年の収穫を感謝する祭儀(さいぎ)です。

農業国家である日本は、古くから五穀(米・麦・粟(あわ)・黍(きび)・豆)の収穫を祝う風習がありました。 その年の収穫物は国家としてもそれからの一年を養う大切な蓄えとなることから、大事な行事として飛鳥(あすか)時代の皇極(こうぎょく)天皇の御代(みよ)に始められたと伝えられています。

古くからの国家の重要な行事であり「豊葦原(とよあしはら)瑞穂(みずほ)の国」の祭祀(さいし)を司(つかさど)る最高責任者である天皇が国民を代表して、農作物の恵みに感謝する祭祀(さいし)でした。

「新嘗(にいなめ)」とはその年収穫された新しい穀物のことをいいます。

新嘗祭のうち、天皇が即位してから最初に行うものを、特に大嘗祭(だいじょうさい)といい、天皇の即位を天下に知らしめる一代一回限りの重要な祭典です。

毎年、五穀(ごこく)豊穣(ほうじょう)を祈り感謝するために、宮中(きゅうちゅう)では今年収穫された米と粟の新穀(しんこく)を天照(あまてらす)大御神(おおみかみ)はじめ神々(天神(てんじん)地祇(ちぎ))にお供えし、天皇陛下御自身も召し上がられます。

吹上(ふきあげ)御苑(ぎょえん)内にある宮中(きゅうちゅう)三殿(さんでん)(皇居(こうきょ)にある三つの神殿、賢所(かしこどころ)、皇霊殿(こうれいでん)、神殿(しんでん))の近くにある神嘉殿(しんきでん)にて執(と)り行(おこな)われます。全国でも新穀の収穫を感謝しお祝いします。

今上陛下(きんじょうへいか)(ご在位中の天皇陛下)が平成2年11月12日「即位礼(そくいれい)正殿の儀(せいでんのぎ)」の後11月22~24日に行われた「大嘗祭」から平成21年が満20年にあたることをお祝いして、全国で奉祝行事がおこなわれました。

【なぜ「勤労感謝の日」になったの?】

戦後敗戦国日本を間接統治していた占領軍(GHQ)が、米国で11月第4木曜日に祝われる「感謝祭の祝日」(英語: Thanksgiving Day)を基にして、"Labour Thanksgiving Day" (勤労感謝の日)としました。

これは11月23日を単なる一休日として本来の歴史的意味を失わせ、皇室と国民が一体となった日本人の先祖伝来の大切な伝統風習の継承を妨げることを目的としているのです。

ご家族でお近くの神社にご参拝され、ぜひとも祝祭日の本来の意味を知り 
誇りある日本の歴史、伝統、文化について思いをいたしましょう。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/430-95f11a88

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99