対日侵略武装船襲来!シナ共産党に完全に舐められている民主党政権

フォト

フォト
23ミリ機銃二基装備、ヘリ二機搭載可能

新型ヘリコプター搭載型漁業監視船「漁政310」がついに配備
http://blog.zaq.ne.jp/blueocean/article/645/

2500トン級
全長:108メートル
全幅:14メートル
航続距離:6000海里
航行区分:国際
最大速力:22ノット
搭載ヘリ:Z-9A
衛星通信システム、光学追尾赤外線センサー、カラー式魚群探知機


【武装判明】ヘリ搭載漁業監視船「漁政310」、ついに尖閣海域へ投入か
http://blog.zaq.ne.jp/blueocean/article/746/

-----------------------------------------------

全長108メートル、2800トン級、23ミリ機銃二基装備の対日侵略武装船「漁政310」と「漁政201」が、尖閣諸島・魚釣島の接続水域を対日侵略を明白に意識し、武装威嚇航行を実行している。

許されざる行いである。

左翼革命政党民主党の対シナ土下座外交が招いた事態である。

官邸からの命令と推測され、最高検、福岡高検と謀議した那覇地検は日中関係を考慮して、と述べ、それを対日侵略工作船長の釈放理由にしたが、その結果がこれである。

徐々にエスカレートしてきているのは、明白である。

来るぞ、いよいよ!

日本民族が戦後のドサクサではない時、主権が確固たる時に初めて受ける侵略行為にどう対処するかが試されている。

坐して、黙して、隠蔽して、土下座して、侵略を許すか、あるいは何が何でも撃破するか、寸土を失えば、全てをいずれ失うことにもなろう。

シナ共産党は明白な対日侵略という目標を持って、人口侵略、経済の抜けられない依存、政界工作、官僚工作、財界工作を組織的に冷徹に、計画的に実行しているに過ぎない。

あまりにも愚かな左翼革命政党民主党、国家という概念、国家観なき左翼革命政党民主党の面々は、日本国、日本民族にとって百害あって一利なしである。

左翼革命政党民主党の本質を充分知りながら、意図的に作為的に世論誘導し、左翼革命政党民主党政権樹立を画策し、左翼革命政党民主党に政権を与えたマスゴミの大罪は計り知れない。

====================

中国の監視船を撮影 甲板にヘリポート
日本テレビ系(NNN) 11月20日(土)19時29分配信

 20日朝、沖縄・尖閣諸島付近に中国の漁業監視船2隻が航行しているのが確認され、海上保安庁が巡視船などで警戒を続けている。NNNのヘリコプターは20日午後2時ごろ、漁業監視船の姿を撮影した。

 海上保安庁は20日午前8時半ごろ、漁業監視船「漁政310」「漁政201」を確認した。2隻は、尖閣諸島の魚釣島を中心とする日本の領海のすぐ外側の「接続水域」と呼ばれる海域を、約10ノットのゆっくりとしたスピードで反時計回りに航行していた。

 海上保安庁は巡視船5隻で警戒し、無線や電光掲示板を使って、領海内に入らないよう警告を行っている。これに対して、漁業監視船側からは「我々は正当な任務にあたっている」との応答があったという。

 中国国営・新華社によると、「漁政310」は就役したばかりの最新鋭の漁業監視船で、機動力を高めるためにヘリコプターが搭載できるという。

 NNNが20日午後2時ごろに魚釣島沖で撮影した映像でも、甲板のヘリポートや格納庫らしい部分を確認することができる。また、船の前方には、機銃とも考えられるものが緑色のカバーに覆われているのが見える。操舵(そうだ)室付近には迷彩柄の服を着た複数の乗組員の姿があり、取材するNNNのヘリコプターの方に向けてカメラで撮影していた。

 中国の漁業監視船が尖閣諸島沖に現れたのは先月下旬以来で、衝突映像が流出してからは初めて。また、この最新鋭の監視船が現れたのは初めて。

====================

監視船航行 中国政府は公式コメントなし
< 2010年11月20日 19:06 >日テレ

 中国政府は、沖縄・尖閣諸島付近を航行している漁業監視船「漁政310」の行動について公式のコメントを出していない。

 中国国営・中国中央テレビは「漁政310」が中国・広州から出港した翌17日、最新鋭の装備やヘリポートを備えた船の様子を詳しく報じている。

 また、広東省の機関誌「南方日報」は「この海域の巡回を恒常化する」との中国外務省報道官のコメントを掲載し、「漁政310」に乗船した記者が「多数の中国船や沿岸の人々から『監視船の行動の成功を祈る』とエールを受けた」などと伝えている。



====================
尖閣接続水域に中国監視船2隻
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1413638&media_id=2
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/431-b6e70661

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99