阻止以外選択肢なし!ゾンビ法案・人権擁護法案こと日本民族弾圧法案が内閣提出法案(党議拘束あり)で上程される恐れあり!阻止!阻止!阻止!

2010 10 29【法務委員会】人権擁護法案早期提出へ【城内実 ⇒ 柳田稔】
http://www.youtube.com/watch?v=ChgySizR1rE&feature=player_embedded

抗議先

 <参議院議員 柳田稔事務所>

 ◆東京事務所:Tel:03-6550-1222 Fax:03-6551-1222

 ◆福山事務所:Tel:084-927-3520 Fax:084-927-3521

 ◆法務省 03-3580-4111

------------------------------------------

機会を見て蠢きだすゾンビ法案、いわゆる人権擁護法案こと日本民族弾圧法案、民主党政権下では人権侵害救済機関こと日本民族弾圧機関の創設を画策している左翼革命政党民主党。

断固徹底阻止はいうまでもない。

以前、自民党の太田誠一が先頭に立って騒いで、大顰蹙を買っていた人権擁護法案が、更にパワーアップしたものが、民主党の先の衆議院選挙のマニュフェストに記載されていた内閣府に設置する三条委員会・人権侵害救済機関こと日本民族弾圧機関創設である。

国籍制限のない人権委員が差別があったとの訴えがあったときに、差別と認知すれば、当該差別者に出頭を命じ、その居宅等に令状無しで侵入でき、パソコン、書類などの動産を押収でき、仮にそれら要請を拒否すれば罰金30万円という極めて恣意的に強権が発動でき得るとんでもない法案である。

更に差別者として公に氏名が明らかにされ、社会的に抹殺される。

もの言えば唇寒し、これを日本全土に徹底周知するとんでもない法案である。

常に日本民族は、反日国家群のシナ人・朝鮮人には気を使って物を言い、気を使った言動、言論を強要されることになる。

それが目的の法案なのだから、そうなのだろう。

この様な売国・亡国法案を推進する国会議員は国賊である。

国賊には激しい抗議の声が浴びせられて当然である。

人権侵害救済機関こと日本民族弾圧機関創設を画策し、日本国、日本民族を潰しに掛けてくる国会議員どもは万死に値する。

一切の情を掛ける必要は皆無である。

法務省に設置という自民党が画策していた法案との違いは、内閣府に人権侵害救済機関が設置されるということで、更にパワーアップしている。

官邸主導で日本解体を推進する諸勢力、外国人勢力に反対する言論等を発する日本民族を強引に恣意的に弾圧して、その言論活動等を封殺していこうという法案である。



======================



↓以下、praide of japan http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-date-20101103.htmlより転載


「人権擁護法案を早期提出」成立させようとしています

卑怯な民主党は尖閣問題で騒がせておいて、どさくさに紛れて「人権擁護法案が早期提出」成立させようとしています!

☆緊急拡散中です☆

成立すればこのようなメールもだせなくなるでしょうか?(柳原)

下記のアドレスでご確認ください!

拡散!【法務委員会】人権擁護法案早期提出へ【城内実 ⇒ 柳田稔】
http://orange-daidai-color.cocolog-nifty.com/orangeblog/2010/11/post-ea52.html


抗議先

 <参議院議員 柳田稔事務所>

 ◆東京事務所:Tel:03-6550-1222 Fax:03-6551-1222

 ◆福山事務所:Tel:084-927-3520 Fax:084-927-3521

----------------------------------------

■人権擁護法案早期提出の可能性
http://ameblo.jp/000hime/entry-10693640626.html

「わたくしは、人権救済機関は必要だという立場で今後もすすめてまいりたい」


黒岩法務大臣政務官 

「反対の意見も承知している」
「様々な課題は分かっている」


城内

「新たな人権救済機関の設立は平成17年、私が自民党で在籍中に議論した。法案の中身をじっくり検討した結果、やめた。本気でやろうと思っているのか」

柳田

「確定的な時期はまだ分からない」
「早期法案の提出を考えたい」

黒岩

「国際的にも求められている」
「日本では年間2万件を超す人権侵害が起きている」

城内

「法務省に確認したところ、2万件のうち99%が現行法で解決されている。なのに人権擁護法案は必要あるのか?大臣はどう思いますか?」

柳田

「99%とひとくくりに言えないんじゃないか。いじめとか‥」

「人権救済機関は必要」


城内

「個別の法案で対応できている。個別に対応できるのにどうしてこの法案が必要なのか。ゴキブリにはゴキブリほいほいねずみにはねずみ取りこの人権擁護法案は、ゴキブリやねずみに火炎放射気やミサイルで退治するぐらいの強大な法案。

憲法35条に抵触する可能性があるのに本当にこんなもの作る必要があるのか」

柳田

「いろいろ検討して早期の提出を考えたい」

緊急!人権擁護法案が早期提出。公明党が賛成で成立する可能性高し!


☆緊急拡散中です☆

緊急!「抗議行動要請NO19」
http://sns.mynippon.jp/?from=dailynews&m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=130856

 今日、11月1日朝、偽「人権擁護法案」が早期提出に情報が。公明党の賛成で、成立の可能性があります。緊急に抗議行動が、必要になりました。

 次から次に、問題発生で、抗議行動も大変だと思いますが、頑張り時です。「日本を守る」ために、奮闘をよろしくお願いします。

 
抗議先

 <参議院議員 柳田稔事務所>

 ◆東京事務所:Tel:03-6550-1222 Fax:03-6551-1222

 ◆福山事務所:Tel:084-927-3520 Fax:084-927-3521


↑転載ここまで


=====================
■法相、尖閣ビデオの一般公開に慎重姿勢
(読売新聞 - 11月02日 11:24)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1393810&media_id=20
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/452-6557fbeb

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99