日本人弾圧京都事件 

平成の日本人弾圧!これでいいのか!これが日本の現状なのか!?

朝鮮総連が運営する京都朝鮮第一初級学校による公園不法使用は半世紀も放置!

これを是正し抗議した日本人は逮捕拘留・起訴の厳罰!

京都府警、京都地検、京都市役所は自らの怠慢のツケを日本人に払わせた!

京都府警、京都地検、京都市役所は一体どこの国に帰属しているのだろうか!?

京都府警、京都地検、京都市役所は北朝鮮に迎合・癒着していると言われてその疑義を払拭できるのだろうか!?



京都朝鮮第一初級学校による勧進橋児童公園の不法使用に対して、近隣住民の苦情を京都府警、京都市役所は半世紀も放置し、自らの怠慢、不作為のツケをこれに抗議した日本人に払わせ、逮捕拘留・起訴という厳罰に処し、日本人を拉致し未だ返さない北朝鮮に事実上迎合し、その手先となって動いたといえるのが京都府警、京都地検、京都市役所と考えられます。

国民世論の形勢に多大なる影響をもたらすメディアには、朝鮮学校卒業生が多く存在すると毎日新聞社・編集員・鈴木琢磨氏はテレビで発言しました。(平成22年3月25日TBS朝ズバッ!鈴木琢磨氏発言「実際にメディアにも朝鮮学校卒業生はたくさんいるんですよ」)

その証拠に最近では、NHKを始めとするメディアは、北朝鮮の金正日の三男が、北朝鮮世襲三代目としての披露を嬉々として報道し、あからさまな広報宣伝を行いました。そして、知らず知らずのうちに日本国民に北朝鮮世襲三代目を宣伝し、意識の中に植え付けたといえるでしょう。

日本人の高校卒業生と朝鮮学校卒業生の人数を比較すると大変大きな差があるはずです。しかし、メディアには朝鮮学校卒業生が多く存在するということは、メディアに於ける朝鮮学校卒業生の比率は格段に高いということになります。明らかに歪な状況がメディアに存在するという証左ではないでしょうか。明らかにメディアでは朝鮮学校卒業生にある種の特権が存在すると考えられるのではないでしょうか。その様な朝鮮学校卒業生の特殊な占有率の中で、情報、見解を日々放送、流布するメディアとは日本人にとって如何なる存在なのでしょうか。

パチンコマネーという莫大な違法賭博資金が政界・メディア等に流入、違法賭博パチンコの関連企業・関連団体へ警察官僚が天下り、これらの作用で、日本の行政、立法、司法、警察権力、メディアが捻じ曲げられ、京都朝鮮第一初級学校による公園不法使用に対峙した日本人有志が、強権的に逮捕拘留・起訴、いわゆる日本人弾圧に向かったと解釈します。




ちなみに国民世論の形勢に多大なる影響をもたらすメディアですが、これに朝鮮学校卒業生が多く存在すると毎日新聞社・編集委員・鈴木琢磨氏はテレビで発言しました。(平成22年3月25日TBS朝ズバッ!鈴木琢磨氏発言「実際にメディアにも朝鮮学校卒業生はたくさんいるんですよ」)

日本人高校卒業生総数と朝鮮人朝鮮学校卒業生総数を比較したとき、朝鮮学校卒業生がメディアに多いというのは、極めて歪な状態であって、何らかの力がメディア内を覆っているものと考えます。そのメディアが発信する情報が日本人にもたらす弊害は陰に陽に甚大なものと認識します。





京都朝鮮第一初級学校による半世紀にも及ぶ公園不法使用で、同校前校長は略式起訴・10万円の罰金で事件は終了し、これに抗議した日本人有志は逮捕拘留・起訴され、これから刑事事件の裁判が待ち受けています。この差は、あまりにも歴然、明々白々といえます。

北朝鮮迎合・癒着の政治力学が働き日本人有志4名が逮捕拘留・起訴されたとの疑念は払拭することはできず、これを以って、北朝鮮迎合・癒着の京都府警・京都地検による、いわゆる日本人弾圧を無慈悲にも執行したと論ずるものです。

日本・日本人を日本人の手で守りましょう。



(京都朝鮮第一初級学校による公園不法使用の概略等)

京都朝鮮第一初級学校に近接する勧進橋児童公園(京都市南区)を同校が、運動場として許可なく半世紀にも渡り使用。

勧進橋児童公園に同校が、無許可でサッカーゴール、朝礼台、違法配線のスピーカーを設置。

近隣住民が、京都市役所等に苦情を言うも、行政は半世紀にも渡って放置。

近隣住民より相談を受けた日本人有志が、勧進橋児童公園に無許可で設置されている朝礼台、違法配線のスピーカーを取り除き、朝礼台を同校の前に運び、同校前で抗議した。

これにより、同校により半世紀に渡って不法使用されてきた勧進橋児童公園は正常な状態に戻った。

後、同校は98名にも及ぶ大弁護団を編成し、日本人有志を刑事告訴した。

これが原因となり、京都府警は日本人有志4名を逮捕拘留、京都地検は起訴し、刑事事件の被告人として裁判がこれから待ち受ける一方、対して半世紀にも及ぶ公園不法使用を行ってきた同校、その同校の前校長は略式起訴・罰金10万円で事件は終了。

如何にも理不尽!如何にも不可解!



 
産経新聞 平成22年10月18日 配信
 朝鮮学校をめぐっては、北朝鮮の実質的な出先機関である朝鮮総連の指導下で思想教育が行われていると批判されているが、9月21日付では、こうした批判を実質的に認めるような記事を掲載した。
 記事は、金正日総書記が「総連の民族教育事業は愛国偉業の頼もしい継承者たちを育てる重要な事業」と発言した事実を紹介。朝鮮学校を総連の事業と正面から認め、金総書記の偉大な事業だと強調している。

注(記事とは、北朝鮮の朝鮮労働党・機関紙 労働新聞の記事)









京都府警 075-451-9110

京都地方検察庁 075-441-9131

京都市役所 075-222-3111




スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/473-a9c3d57b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99