天皇を王との呼称を頑なに続ける不敬NHKからの回答書(二)


      平成23年10月4日

住所○○○○
 氏名○○○○

                   NHK制作局ドラマ番組部
                      部長 ○○○○

             回答

拝復

 10月1日付け。、NHK会長宛ての「質問書」にお答えいたします。

 大河ドラマ「平清盛」では、当時の政の中心にあった天皇及び法皇・上皇や中宮・女院などを含む、この時期特有の権力形態を総称して<王家>と呼んでいます。「天皇家」そのものを<王家>と呼んでいるわけではません。武家の一部を含んだ政治体制全体を指す場合には「朝廷」を使います。従いまして、ドラマの中では「朝廷」という言葉も「天皇」という言葉も使用いたします。中世の歴史専門家の間でも、この時期の天皇家周辺を<王家>と呼称するのは一般的となっています。<王家>が皇室をおとしめるような表現だとはかんがえておりません。

 この度は、「平清盛」にご興味を抱かれ、二度にわたってお問い合わせをいただき、ありがとうございました。NHKの番組に対してましては、おおくの視聴者の皆様から、実に多岐にわたるご意見・ご質問を日々いただきます。私どもは、そうした皆様の様々な声に謙虚に耳を傾けながら、番組の制作を進めてまいりたいと考えております。ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
                                敬具


-----------------------------------------

質問に答えていないので、再度質問書を提出することにする。

年間約7,000億円もの金銭を半ば強制的に国民から徴収しながら、 天皇に掛る表現に関して、詳細に具体的に教えて下さいと告げるも、これを行うことなく、具体的に誰がどの様な書籍等での回答をせず、 天皇家を王家と述べていることに関してのその根拠となりうる発言をしている人物、学者、書籍等を指し示さず、また、 天皇を王と現在、サイト上で記載しているにも関わらず、 天皇を王と呼称することに一切回答せず、言葉は丁寧で柔らかいが、内容は極めて不誠実な回答である。

NHKはご理解よろしくというが、質問に対して、回答をしていない、詳細、具体的ば発言者、書籍も提示せず、何を理解しろというのだろうか。

真摯に質問に詳細、具体的に答えもせずに、よくもご理解よろしくとの趣旨の言葉が言えるものである。

国会答弁ではないのであるから、真正面から質問に詳細、具体的に答えるのは当然である。

NHK自らが、物議を呼ぶことが容易に想像できうる、天皇を王という呼称をあえて使用したのであるから、NHK自らが王という言葉を使用した責任から、明確にその王なる言葉を使用したことに掛る根本的な理由と誰がこれを使用するに決定したかを明確にすることは当然であるが、これを避けているのか、怠慢なのか、日本国、日本民族を馬鹿にしているのか何か分からないが、事実上、答えていないということは、答えたくないのか、答えるべき具体的な論拠がないのか、答えると、齟齬が顕在化し、質問、意見に耐えられなくなるのか、このいずれかと推測する。

NHKは質問に詳細に具体的に答えなければならないのは、日本国の公共放送として当然であるが、その当然を現在、行っていないので、当然、再度質問することは当たり前であるし、国民から半強制的に徴収した潤沢な資金と多くの人々(日本民族か何民族か知らないが)で運営されているNHKが、掛る質問に答えられないのであれば、そもそも、 天皇を王と呼称するようなおこがましくも身の程知らずにして極めて不敬な暴挙を行うこと自体、そもそも日本国の公共放送の体をなしていないし、その組織が放送法を盾に日本民族から半ば強制的に金銭を徴収すべく理由は、日本民族の民族の歴史、叙情的な観点から存在することは一切ない。

再度の質問に対して真正面から詳細に具体的に真摯に答えず、はぐらかすのであれば、NHKは事実上、日本国、日本民族を侮辱しているのであろうと考えられる。



↓今までの応答
-----------------------------------------

                         平成23年9月12日

日本放送協会
  会長 松本正之 殿 
                     住所○○○○

                       氏名○○○○

              意見及び質問書

 NHKが、放送を予定している大河ドラマ「平清盛」を紹介するホームページ上で、 天皇のことを王と記載しているのは誤りなので、早急に訂正して頂きたいと思います。
 当該記載について、宮内庁・書陵部に伺うと、 天皇のことを王と呼称することはありませんと言っておりました。 天皇あるいは 御皇室の子で男子は、

何々 親王殿下とお呼び致しますが、 天皇を王と呼称することは、 
初代神武天皇の御代からありませんとのことでした。
 仮に作為的に 天皇を王と記載しているのならば、その理由を教えて下さい。
                                以上

-----------------------------------------------

                          平成23年9月14日
住所○○○○
 氏名○○○○殿
                           NHK制作局

              回答書

拝復

 NHK会長宛への「意見及び質問書」に対し、会長の指示のもと、回答いたします。 

 大河ドラマ「平清盛」は専門家による時代考証に基づいて制作しています。平安末期から鎌倉期にかけての中世史研究の歴史・学術的分野では、当時の政治の中心にいた法皇・上皇を中心とする一族を表現する上で<王家>という用語が使われています。また、当時の文献にも<天皇>と<王>をほぼ同じ意味で使っているものも見受けられ、私どもも今回の大河ドラマではこの言葉を用いることにしました。

 以上、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
                            敬具

----------------------------------------------------

                         
平成23年10月1日

日本放送協会
  会長 松本正之 殿 





                質問書一

 平成23年9月12日付けで、提出致しました意見及び質問書に対して郵送頂きました、NHK制作局の回答書について下記質問致します。



一、「平清盛」は専門家による時代考証に基づいて制作しています、と御回答頂きましたが、その専門家の氏名と時代考証論説等及び文献等を詳細に具体的に教えて下さい。

二、法皇・上皇を中心とする一族を表現する上で<王家>という用語が使われています、と御回答頂きましたが、具体的に誰が、どのような論説・文献等で<王家>という用語を使っているのかを詳細に具体的に教えて下さい。
 また、法皇・上皇を中心とする一族と回答書の文面に記載されていますが、皇室を一族と表現するのは良識がないと思いますが、適切と思われますか?

三、当時の文献にも<天皇>と<王>をほぼ同じ意味で使っているものも見受けられ、私どもも今回の大河ドラマではこの言葉を用いることにしました、と御回答頂きましたが、当時の文献とは何という文献かを詳細に具体的に教えて下さい。
 また、ほぼ同じ意味で使っているものも見受けられ、とありますが、ほぼということは完全には一致していないということですが、ほぼ同じ意味をして、
<天皇>を<王>と呼称することは、その語の使用が曖昧である、不完全であるとの認識をNHKは有しており、見受けられとの御回答から、ごく稀な語として使用されていると認識されていると解されますが、敢えてそれでも<王>という語を選択した理由と選択したのは誰かを具体的に詳細に教えて下さい。
 また、曖昧にして完全に一致しない<王>という稀な語を使うことによって、広く国民に<王>という語を、あたかもそれが、 天皇という呼称と完全に一致しているとの誤認識を誘引しうる事象に対して、NHKの考え、誤認識させる公共放送NHKとしての責任、国民が無意識に受ける<王>という語を 
天皇と完全に一致した語として誤って理解・認識し、潜在的に無意識に記憶・保持するに至る作用に掛る弊害、日本国の公共放送NHKが敢えて完全に一致しない<王>という稀な語を使い、この<王>なる呼称を用いウエブサイト上で現在流布している事実、また仮に放送されれば更に広く世に流布され、DVD等、再放送等を媒体として未来永劫残存、流布されていくことについて、どのように思われますか?

四、回答書の差し出し名はNHK制作局とありますが、文責は誰に存在しますか?NHK会長以外の方の所属部署・役職・個人名を具体的に教えて下さい。

 日本国の公共放送NHKが、日本国の公共放送としての良識に従い、 
天皇、皇室あるいは朝廷との語を用いることを日本民族として切望致します。

                                 以上


添付書類
甲1号 回答書

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/54-1e183540

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99