朝鮮学校無償化断固反対!

文部科学省無償化直通電話03-6734-3176



朝鮮学校に電話すると高飛車に能書きを垂れていた。

無償化問題が出た頃に朝鮮学校に電話すると、えらく低姿勢な物言いで気持ち悪かったが、今は本性が出ているようだ。

理由は分らないが、無償化の発表がなされるとのことからか、傲慢な物言いになったのか、まだどうなるか分らない中で北朝鮮本国からの追い込みからか、判断しかねるが。

朝鮮学校はこちらの住所氏名を聞いてきた。

警察でもあるまいし、普通住所までは聞かないだろうと思うが、当然、住所など言わないのは当たり前なことで、住所を言わないと会話が成り立たないとするのが朝鮮学校なら異常といえるだろう。

しかし、何度も住所を聞いてきた。しかし、何度も執拗に聞かれても、当然住所は言わなかったが。何度も同じ質問をする・・・お前警察か・・・。

朝鮮学校は朝鮮労働党の下部組織だろうと聞くと、違うという。

朝鮮総連京都に「下部組織か」と聞くと、「そうだと言っていたが」というと、「誰が言っていたか名前を教えてくれ」と言ってきたので、「電話に出た若い女性だ」というと「名前を教えてくれ」というので、朝鮮総連京都に電話して聞くと、今や朝鮮労働党の下部組織という事を肯定したことを否定した。

更に、「そちらの認識違いだった」と結論付ける言説を弄した。

当然、私は「何を言っているんだ、そちらの認識の違いだろ、何でこちらの認識違いになるのか、電話に出た若い女性は朝鮮労働党の下部組織ですかと聞くと、はっきりとそうだと言っていたが」と言っても堂々巡りである。

朝鮮総連、朝鮮学校に物事を聞くと、だいたいこのように話しがかみ合わず、堂々巡りになる。

朝鮮総連らが、今まで圧力で日本政府をねじ込んできた闘争方法が恒常化しているのだろう。

そして、最後は「日本は植民地支配したではないか」という論法になって、こちらが、「植民地などしていない、併合していただけだ」云々と言うと、「中国、ロシア、韓国も植民地支配と言っている」というので、「それがどうした、勝手に言ってれば、知らないそなこと」と言うと、決まって会話終了となる。

いつも思うが、最後は「植民地支配」というカードを切って、日本人の思考を停止させようとして、会話を朝鮮の意のままに持っていこうとしようとするのだろうが、そうならない日本人とは会話を中断し、自虐史観に陥った日本人の場合はうまく自陣に引き入れ、朝鮮総連プロパガンダ、朝鮮総連シンパにしていくのだろう。

シナ人も日本は何をしたと同じことを言うのは、反日国家の国民の特徴と言えるだろう。

朝鮮総連らは、ある種、日本人との会話にマニュアルがあるのだろうと感じる。

この様な事実を隠蔽し、事実も証拠がなければ、開き直る、例えば大韓航空機の爆破事件も開き直っている、全て開く直る様は朝鮮総連、朝鮮学校も全く同じである。

証拠がなければ、殺人をしようが、拉致をしようが、否定する、これに尽きるのが、朝鮮総連・朝鮮学校であると感じる。

そして、闘争により自らの願望を勝ち取るという方法は戦後からの伝統といえるのだろう。

そして、その背後に今までの暴力行為の数々を介在させるという手法ではないのだろうか。

そこには、日本人の感性は通用しない。

シナ共産党と朝鮮総連・朝鮮学校は似ている。

シナ共産党と北朝鮮は血の同盟とかいうだけのことはある。

ろくでもない輩たちだ。

この北朝鮮支配下、朝鮮総連、総連指導下・朝鮮学校を無償化するなどは、狂気の沙汰である。

この産経新聞の記事を見ると薄ら寒いものを感じる。

そして、本日、菅直人が謝罪談話を発表し、更に国益を毀損させ、南北朝鮮、シナ共産党に日本国、日本民即糾弾の論拠を与えようとしている、全く愚かなる現状がある。

しかし、この日本という国はどうなっているのだろうか。

日本政府は自国、自国民をどう思っていいるのだろうか?

ある意味、シナ、南北朝鮮より下位に思っていることは確かだろう。

非日本民族主義日本政府、これが日本政府の実態だろう。

日本民族浄化組織日本政府、これが日本政府の実態だろう。

そして、それに反発する日本民族は公権力を以って、陰に陽に圧力を掛け、シナ、南北朝鮮に優位な施政を実行していく、ハード面ではこういうところだろうか。

ソフト面ではメディアがシナ、南北朝鮮、礼賛、迎合する情報を発信し続け、知らず知らずの内に洗脳するということだろうか。

日本は、将棋でいうと、詰んでいる状態ということだろうか、詰んだ状態を回避するにはどうするか、将棋版自体がひっくり返るしかない、こういう状態が日本の現状なのだろうか。



-------------------------------------------

朝鮮学校無償化 「思想教育」「反日教育」は判断材料にせず…文科省が説明
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100810/kor1008100130001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100810/kor1008100130001-n2.htm

 朝鮮学校に高校授業料無償化を適用するか検討している文部科学省が、北朝鮮による独裁政治の思想教育や歴史教育は適用の判断材料としていないことが9日、分かった。

産経新聞の取材に、文科省初等中等教育局が認めた。

反日教育を行い、北朝鮮の意向を反映させた運営をしている朝鮮学校の授業料を国費で無償化することへの不満が相次ぐ中、文科省の姿勢に批判が集まることは必至だ。

 朝鮮学校の適用について検討している文科省初等中等教育局の説明によると、数学や理科、国語といった日本の高校と同じカリキュラムが、朝鮮学校にも外形的にそろっているかが主な検討材料となっており、教科書の内容などについては判断材料にはなっていないという。

 朝鮮学校では、歴史教科書で、金賢姫(キム・ヒョンヒ)元北朝鮮工作員による大韓航空機爆破事件を「南朝鮮(韓国)当局のでっちあげ」と教え、主体(チュチェ)思想など独裁政治に利用される思想教育が行われているが、こうした点は問題にしていないことになる。

 思想教育や、北朝鮮の指示を受け在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)と一体で行われている学校運営などの問題点については、高校無償化法案の国会審議の際にも指摘されたが、川端達夫文科相はこれまで、「事実関係を把握していない」「都道府県の認可でやられている学校で、調べる立場でもない」「無償化に関してその中身をどうこうするとは考えていない」などと答弁してきた。

 文科省関係者によると、この答弁は、「朝鮮学校の詳しい教育内容や運営体制を適用の判断材料とすべきではない」という見解を示したことになり、同省としても、大臣の答弁と矛盾した行為を行えない状態になっているという。

 朝鮮学校は学校教育法上の私立の「各種学校」。教育内容や学校運営については都道府県に監督権限があるため、答弁もこうした法制度をふまえたとみられるが、省内からも「北朝鮮支配を無視していいのか」という批判や異論が出ている。

 朝鮮学校の無償化については現在、川端文科相が諮問した専門家会議でその是非を検討しているが、川端文科相は会議設置以前から思想教育や歴史教育の内容は判断材料にしない趣旨の答弁をしており、「結論ありきだ」として、会議の存在自体の意味を否定する声も出ている。

                                  ◇  北朝鮮問題に詳しいジャーナリストの萩原遼氏の話 「朝鮮学校では、カリキュラムで『歴史』などとしながら思想教育を行うなど、何をしている
か分からない。カリキュラムを見ただけでは不十分。いくらでも改竄(かいざん)が可能だ。国が公費を投じるならば、ほかの高校と同じように、
学習指導要領に基づいた教育が行われることを条件とすべきだ。文科省と専門家会議が、きちんと内容を確認しないとすれば、おかしい」



=====================
朝鮮学校も無償化へ、「最終判断まで予断を許さない状況」−韓国メディア
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1299403&media_id=97
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/563-bdd72d92

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99