本日8月6日は米国が核爆弾を広島に投下した日である。

8月9日、米国は更に長崎に核爆弾を投下した。

無辜の多くの日本民族を核分裂の強烈な熱斜、放射能被害で大量殺戮した罪業は消え去ることはない。

また、米国自らは原爆投下をしながらその罪業には一切触れず、極東国際軍事裁判という、裁判とは名ばかりの報復的措置として数多の日本民族を殺害した。

貴国が日本民族非戦闘員に対して無差別に行った核爆弾投下に対して、貴国大統領は謝罪をすべきは歴史の必然である。

未だ、米国内では原子爆弾投下を正当化する教育、また施設が存在すると聞く。

我、日本民族の一部勢力は核保有を切望する。

仮に先の大東亜戦争で日本国が核爆弾を保有していたなら、米国は核爆弾を投下しなかったであろう。

核には核あるいはそれ以上の大量殺戮兵器が最大の抑止力である。

核廃絶という絵空事、欺瞞に満ちた核保有国同士、核サロンの馴れ合いには迎合できない。

軍事的パワーバランスが保たれて始めて世界の平和、地域の平和が保たれるのである。

人類の性善説から導き出される平和な世界の構築とは、すなわち単なる夢想に過ぎない。

我、日本民族の核爆弾保有に米国は最大限の力を貸すべきである。

それが、本日、広島に核爆弾を投下した米国の責務である。

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/569-90b12558

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99