第64回 海の日名古屋みなと祭(22/07/19)

第64回 海の日名古屋みなと祭(22/07/19)
http://www.youtube.com/watch?v=HHKS-W6zRP0


皇紀2670年(平成22年)7月19日 
第64回 海の日名古屋みなと祭
http://www.nagoya-port-festival.com/

国体護持

天皇陛下萬歳

-------------------------------------------------

みなと祭は大変盛況であった。

若い男女、小さい子供を連れた親子、老若男女が大勢相集い、日本文化である祭りを体感し、日本国、日本民族の一体感、感性を身をもって感受する一つの媒体としてのみなと祭と言えるのでないだろうか。

しかし、港の地元の人の話しによると「みなと祭は無いほうがいい」と某行政機関は言っていると聞いた。大変驚いた。

みなと祭を無くしたいがためか、年々規制が厳しくなってきているという。

みなと祭の警備が面倒だからか、あるいはみなと祭という日本の祭り文化、日本民族の文化を破壊したいという反日本思想、革命的共産主義思想に基づいたものなのか、憶測される。

某行政機関が、その様な反みなと祭、反日本文化、反日本国、反日本民族という意識でいるということなのだろうか・・・。

噂の域であって欲しいと感じる・・・。



タグ:
日本 名古屋 海の日 港 祭 港祭り 港祭 みなと祭 みなと祭り 第64回 皇紀 2670 平成 22年 2010 7月 19日 自衛隊 陸上自衛隊 花火 hanabi 太鼓 港区 神頭町 はち丸 鯱 シャチホコ 名古屋丸八音頭 神 伝統 文化 国体 護持 尊皇
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/589-eba3cbf4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99