非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

日本民族には厳しく、シナ人、朝鮮人には優しく優遇する日本政府。

日本民族の民族浄化を誘導する日本政府。

シナ共産党に政界、官界、財界、メディアが凋落されている日本。


---------------------------------------

中国人48人が来日直後に生活保護申請 大阪市、受給32人
(産経新聞)

 大阪市西区に住む70代の姉妹2人の親族の中国人48人が5~6月に入国した直後、市に生活保護の受給を申請し、32人がすでに受給していることが29日、分かった。

 市は「入国直後の外国人がこれほど大量に申請した例は初めて。非常に不自然」として調査を始めるとともに、法務省入国管理局に対して入国管理の厳正な審査を求める。

 市によると、姉妹2人は平成20年7月、中国・福建省から来日、11月に日本国籍を取得した。

今年5~6月、姉妹の介護名目で同省から親族48人を呼び寄せ、大阪入国管理局が審査した結果、48人は1年以上の定住資格を得たという。

 48人は外国人登録後、平均6日間で市内5区に生活保護の受給を申請。いずれも日本語は話せず、申請窓口には同じ不動産業者が付き添っていたという。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100629/crm1006291343019-n1.htm
※更新後のソースでは「残留孤児とみられる」となっています。

-----------------------------------------------

生活保護目的に入国?中国人32人に支給決定

 大阪市は29日、市内在住の日本人女性2人(78歳と76歳)の親族を名乗る中国人計48人が5月以降、次々に来日し、市に生活保護を申請していたことを明らかにした。

 市は「生活保護の受給を目的に入国した疑いがある」として、まだ保護費の支給を認めていない申請に対する対応を保留した。

今後、大阪府警、法務省とも連携し、実態調査に乗り出す。

 市によると、日本人女性2人は、ともに同市西区在住で、中国から帰化したという。

 中国人48人には、子どもや高齢者も含まれ、いずれも2人の介護を目的として入国した。

48人は5月6日~6月15日に在留資格を取得。外国人登録後3日~26日以内に西、港、大正などの5区に「仕事がなく、収入がない」として保護申請した。

申請には、いずれも市内の同じ不動産業者が付き添っていたという。

 在留資格があって要保護状態にあれば、生活保護制度を準用できるとの国の通達に従い、市はすでに32人について保護費の支給を決定。

しかし、特定女性の親族と称しての中国人の大量申請には不審点が多いことから、6月7日以降の決定を保留にした。

不正請求と断定された場合、市は、すでに認めた32人の保護の取り消しを検討する。

(2010年6月29日14時11分 読売新聞)

 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100629-OYT1T00630.htm

------------------------------------------

というシナ人の状態、日本がシナ共産党にやられ放題の中で、名古屋ではシナ総領事館が300坪の敷地に引っ越そうと画策しているとの報道も。

断固反対!駐名古屋シナ総領事館が約3000坪の敷地、名城公園東、現名城住宅の地に引っ越そうと画策しているhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=1520578183&owner_id=7790496


===================
■生活保護目的に入国?中国人32人に支給決定
(読売新聞 - 06月29日 14:11)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1259108&media_id=20
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/618-746cad6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード