非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

サーバリックス子宮頸がんワクチンによる民族浄化/弁護士 南出喜久治
http://www.youtube.com/watch?v=ixa4DciC-vI&feature=

事実ならヤバ過ぎます。


--------------------------------------------------


子宮頸がんワクチン 小6女児に集団接種 全国初
配信元:
2010/05/14 08:43更新 産経新聞

 4月9日は子宮の日 若い女性の間で急増する子宮頸(けい)がんを予防するため、栃木県大田原市は13日、市内の小学6年の女子児童を対象に、予防ワクチンの集団接種を始めた。

小学校で同ワクチンの集団接種を行うのは、全国で初めて。1人当たりにかかる費用4万5千円は全額市が負担する。

 子宮頸がんは20、30代の女性で急増。

ワクチンを10代で接種すれば7割以上が予防できるとされる。

しかし、約3回の接種で費用が5万円前後かかることから普及のネックとなっている。

大田原市のほか、東京都杉並区、埼玉県志木市など助成制度を導入する自治体も増えているが、まだ少数派だ。

 大田原市では来年1月中旬までに、市内の23小学校で実施。対象児童は340人で、調査の結果、329人が集団接種を希望した。

市では個別接種となる女子中学生についても、接種費用の半額助成を決めている。

 この日は、同市南金丸の市立金丸小で女子児童10人が接種を受けた。

 今回の集団予防接種に立ち会った子宮頸がん予防に詳しい自治医大の鈴木光明教授は、「集団接種は接種率を上げる意味では素晴らしい試み。しかし、大規模都市で接種する児童の数が増えた場合、健康状態などをきめ細かくチェックできるかなど課題もある」と話した。

【用語解説】子宮頸がん

 子宮の入り口にできるがんで、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因。

HPVは100種類以上が確認されている。

約8割の女性が感染経験を持つとされ、多くの場合は免疫力で排除される。

しかし、持続感染を引き起こすことがあり、頸がんの原因となる。ワクチンは、頸がんの原因の7割を占める2種類のウイルス感染を予防する。


---------------------------------------------------

山梨県の全市町村が助成 子宮頸がん予防ワクチン
配信元:
2010/06/16 12:39更新 産経新聞

 山梨県の全27市町村が、子宮頸がんを予防するワクチン接種の助成制度を設ける方針を決めたことが16日、県への取材で分かった。厚生労働省は「都道府県内の全市町村での助成は聞いたことがない」としている。

 山梨県は5月、市町村が接種費用を助成する場合、小学6年生と中学3年生を対象に1人当たり1万5千円を上限に補助すると発表しており、この補助を受けたかたち。県健康増進課は「ほとんどが全額助成になると聞いている」としている。

同課によると、27市町村は本年度中に、県の補助を活用して主に小6と中3を対象に公費助成を始める。市川三郷町など4町村は中1、中2にも助成。

富士川町は高校生以上の接種に半額を助成するなど、独自の取り組みもある。

 子宮頸がんの予防ワクチン接種費用は1人当たり4万5千円以上とされ、助成制度の設立が全国の市区町村で広がっている。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/623-c2d8db6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード