北朝鮮魚雷事件 鳩山発言「戦っていく」とは??お前自分一人だけで戦えよ!巻き込むな!反日・外患・韓国に関わる気なし

写真
首相公邸で韓国人 イ・ソジンと抱擁する鳩山夫人・幸

写真

鳩山発言>>>>>「日本が先頭で走るべきだと考えております」
「しっかり戦っていかないといけない」<<<<<


鳩山は一人で先頭を突っ走って、一人で戦えよ!日本民族を巻き込むな!南北朝鮮人は、朝鮮半島で勝手に殺し合いをしとけ!在日韓国・朝鮮人はさっさと本国に帰還して朝鮮半島で殺し合いをしとけ!

韓国政府は日本の主権、民族自決が崩壊する外国人参政権を韓国民団と共に推進してきた、外道、外患だ。

韓国は竹島を不法占拠して居直っている。9月から竹島海域で海洋調査基地を新たに建設しようとしている盗人だ。

韓国政府は日本海を東海と主張し、戦地売春婦をして、いわゆる従軍慰安婦と呼称し、日本を貶めている。

反日教育をし、本国ではパチンコを禁止しながら、日本ではパチンコに対して在日韓国人を保護しろ位のことを言っている。

歴史教科書では、内政干渉をし、韓国本位の歴史観を押し付け、自虐史観を日本で蔓延させ、日本の青少年に自虐思想を植え付け、潜在的な国力低下を誘導しており、これに韓国民団も加わり、いつもグズグズ日本に文句を言っている。

こんな韓国に対して何しに協力しなければならないのか。

鳩山夫人の幸あたりが熱狂的な韓流ファンなので、韓国艦艇が北朝鮮の魚雷を打ち込まれ死者が出た事に個人的に鳩山に韓国を助けて、くらいのことを言ったのだろう。

鳩山夫人・幸が総理公邸で抱擁したイ・ソジンから韓国に協力してくれと言われたかもしれない。

鳩山夫人・幸から、鳩山が魚雷事件での韓国に協力に擁護するくらいのことを言われたのでは。

だから、これだけ鳩山が感情的に先頭を突っ走るとか、戦うとかいったのではないか、としか考えられない。

普段、日本国の国防問題では無反応な、人ごとのような鳩山が、ここまで韓国の国防のことで気色ばむには、鳩山夫人・幸の要請があったからではないかと推測する。

「日本列島は日本人だけのものではない」という国家感、国防意識が欠如している鳩山が、北朝鮮の魚雷事件に積極的に、気色ばんで介入する発言を行ったことは、単に鳩山夫人・幸による意見、只これだけに起因しているだけなのではないのだろうか。

これに付き合わされる日本国、日本民族はたまったものではない。

鳩山夫婦だけでどうぞご自由にご勝手に戦って下さい。



--------------------------------------------

■韓国艦沈没で首相「国際協力して戦っていく」
(読売新聞 - 05月22日 21:59)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1217593&media_id=20

 鳩山首相は22日、北朝鮮の魚雷攻撃による韓国海軍哨戒艦の沈没事件について、「とんでもないことを隣国が犯した。私たちはこの問題に国際的に協力して、しっかり戦っていかないといけない。大事なことは韓国をしっかりと日本が支持することだ」と述べた。

 そのうえで、「北朝鮮に対して非難することは当然だ。二度と北朝鮮がこのようなことを起こさないよう、国際的な環境を作ることも、もっと大事なことだ」と述べ、日米韓3か国が緊密に連携し、韓国が目指す国連安全保障理事会での北朝鮮制裁決議の採択を支持する考えを改めて示した。

 札幌市内のホテルで開かれた民主党北海道連の政治資金パーティーで、首相公邸から中継で語った。

-------------------------------------------

【政治】 韓国哨戒艦沈没で安保理決議 「日本が先頭で走るべきだと考えております」…鳩山首相

 【韓国哨戒艦沈没】

 --韓国の哨戒艦沈没事件に関し、北朝鮮の攻撃が原因だと断定したことを受けて、韓国は国連安全保障理事会で制裁決議案を提起する方針だ。その場合は日本も協調する考えか。また、6カ国協議の見通しについてはどのように考えるか

 「はい。きょうご案内の通り、韓国の政府が調査の結果を報告をしました。その結果によれば、北朝鮮の魚雷による沈没であるということでありました。大変これは遺憾なことで強く北朝鮮に対して非難をいたします。当然のことだと思います。そして韓国の政府に対して、あるいは韓国の国民に対して、哀悼の意を改めて申し上げるとともに、私どもとすれば、これは韓国の立場を支持をする。すなわち、もし韓国が安保理に決議を求めるということであれば、ある意味で日本として、先頭を切って走るべきだと、そのように考えておりまして、強くその方向で努力をしたいと思います」

▽産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100520/plc1005202013014-n1.htm
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/668-358a6d88

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99