非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

杉田謙一氏ブログ:なんと「南京虐殺論」に四日市教育委員会がお墨付きを与えたとはhttp://plaza.rakuten.co.jp/seimeisugita/diary/201005010001/よりの情報から

「哀しみの南京」という劇が、三重県菰野(こもの)町、こもの町民センターホールで5月23日に行われ、その後援に菰野町教育委員会、四日市市教育委員会がなっているという情報から、各所に電話をして意見、抗議した。


菰野町教育委員会・社会教育課・渡辺さん(女性)059-391-1111

私:「南京事件の劇の後援となっているようだが」

菰野町:「そうだ」

私:「自虐史観に基づいた劇だろう。後援に反対だ。後援を止めろ」

菰野町:「平和と言う意識」

私:「平和を謳い、自虐史観を植えつける、これを常に行っているではないか。劇の内容を知って後援しているのか」

菰野町:「告白と言う内容で始まる。内容は分からない」

私:「内容が分からないのに、何故、後援できるのか」

菰野町:「ちらし等をもらった。平和に関すること。四日市教育委員会が後援しているから大丈夫だろう、ということで、後援した」

私:「誰がこの劇を行うのか」

菰野町:「実行委員の伊藤さん(059-394-2637)」

私:「教育委員会の責任者は誰か」

菰野町:「教育長の桜木」

私:「後援に反対だ。止めろ。教育長の桜木は教育長を止めろと言っておいてくれ」

-----------------------------------

四日市市役所・社会教育課・岡本さん(女性) 059-354-8104

私:「哀しみの南京の劇の後援か」

四日市市教育委員会:「そうだ」

私:「劇の内容は知っているのか」

四日市市教育委員会:「知っている。営利目的でないものは後援する。予算書で審査」

私:「では、内容は関係ないのか」

四日市市教育委員会:「社会教育的で、四日市市教育委員会教育行事の共済後援等に関する内規 に添っている。

社会教育関係団体、哀しみの南京実行委員会がこの劇を行う」

私:「詳しい内容は知っているのか」

四日市市教育委員会:「詳しい内容は知らない。あらすじは知らない。2009年12月8日にこの劇が、どこだったか、上演された」

私:「南京事件の自虐史観に後援するということは、シナ共産党の対日毀損工作に組することだ。

シナ共産党は日本に自虐史観を植え付け、シナに対する贖罪意識を植え付け、優位な立場が得られることは常に望んでいることだ。

日教組による日本の青少年に日本に誇り、自信を失う自虐史観教育を放置してきた、その教育委員会はとんでもない。

日本の青少年に日本に対する、自ら日本人に対する、マイナスの意識を植え付け、誇り、自信をなくすような意識を植え付けて、日本がよくなる方がおかしい。

一度やってみろ。自分の子ども、親族に毎日、お前は悪い、お前は悪いと言い続けてみろ。

悪いところは誰でもあるのだから、そこをあげつらって言い続けてみろ、どうなるか。

多分その人間は潰れるぞ。自らに対しての誇り、自信を失い、絶望の果てに自暴自棄あるいは自殺するだろう。

それを日教組、教育委員会は広く世の青少年にやってきたわけだから、日本、世の中がよくなる道理がない。

そして、この南京事件の自虐史観に基づいた劇の後援をするという、とんでもいないことだ。

その南京大虐殺を謳っている、シナは今何をしているか、チベット、東トルキスタン・ウイグル、内モンゴルでで虐殺、弾圧、民族浄化を行っている。

そのシナ共産党が対日プロパガンダとして行っているのが南京事件である。

それに追随して、このような劇を後援するということは、シナ共産党の走狗と成り果てていると断言してもよいはずだ。

四日市市教育委員会は虐殺・拷問・民族浄化を現在行っているシナ共産党に追随し、シナ共産党の日本に対する侵略に組みするものということだ。

自信を持って、後援するということでよろしいですね」

四日市市教育委員会:「チラシとか、出来上がっているので、後援とかを取り消しができない。今後は精査させて頂く。今回は後援する」

私:「教育委員会の責任者は誰か」

四日市市教育委員会:「トップは教育長、水越としゆき」

私:「教育長に止めろと言っておいてくれ。後援に反対だ。後援を止めろ」



=====================
海部元首相、南京で発言「日本は南京で許されない過ちを犯した」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1176055&media_id=97
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/716-c4e32e4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード