(動画)パチンコ=拉致・核ミサイル・総連・外参権・民団・京都府〇

パチンコ・拉致・核ミサイル・総連・外参権・民団・京都府〇
http://www.youtube.com/watch?v=vLdWfRWGMUU


平成22年5月2日 京都市

パチンコ 拉致 核 ミサイル 北朝鮮 金正日 朝鮮労働党 主体思想 工作員 朝鮮総連 在日朝鮮人

パチンコ 外国人参政権 竹島不法占拠 歴史教科書内政干渉 韓国 民団 在日韓国人 

パチンコ違法賭博容認 パチンコ関連団体・業者へ天下り 警察 京都府警 組織徹底護持 言論弾圧 表現・集会の自由を侵害

------------------------------------------

日本国憲法
第二十一条【集会・結社・表現の自由、検閲の禁止、通信の秘密】
1 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

------------------------------------------

警察法
(警察の責務)第2条 警察は、個人の生命、身体及び財産の保護に任じ、犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締その他公共の安全と秩序の維持に当ることをもつてその責務とする。

2 警察の活動は、厳格に前項の責務の範囲に限られるべきものであつて、その責務の遂行に当つては、不偏不党且つ公平中正を旨とし、いやしくも日本国憲法の保障する個人の権利及び自由の干渉にわたる等その権限を濫用することがあつてはならない。

------------------------------------------

警察官職務執行法
(この法律の目的)第1条 この法律は、警察官が警察法(昭和29年法律第162号)に規定する個人の生命、身体及び財産の保護、犯罪の予防、公安の維持並びに他の法令の執行等の職権職務を忠実に遂行するために、必要な手段を定めることを目的とする。

2 この法律に規定する手段は、前項の目的のため必要な最少の限度において用いるべきものであつて、いやしくもその濫用にわたるようなことがあつてはならない。

------------------------------------------


刑法
(公務員職権濫用)
第百九十三条  公務員がその職権を濫用して、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害したときは、二年以下の懲役又は禁錮に処する。

(特別公務員職権濫用)
第百九十四条  裁判、検察若しくは警察の職務を行う者又はこれらの職務を補助する者がその職権を濫用して、人を逮捕し、又は監禁したときは、六月以上十年以下の懲役又は禁錮に処する。

------------------------------------------

○警察職員の服務の宣誓に関する条例
昭和29年7月1日
京都府条例第21号
警察職員の服務の宣誓に関する条例をここに公布する。

警察職員の服務の宣誓に関する条例

第1条 警察法(昭和29年法律第162号)第56条第2項に規定する地方警察職員(以下「職員」という。)の服務の宣誓については、職員の服務の宣誓に関する条例(昭和26年京都府条例第5号)の規定にかかわらずこの条例の定めるところによる。

第2条 新たに職員となつた者は、その職務を行う前に、任命権者の面前において、別記様式による宣誓書に署名し、印を押して自ら任命権者に提出しなければならない。

2 天災その他緊急の事態に際し、必要な場合においては、前項の規定にかかわらず宣誓の時期は、任命権者が定める。

附 則
1 この条例は、昭和29年7月1日から施行する。
2 この条例施行の際職員となつた者の宣誓の時期については、任命権者が定める。

別記様式
             宣誓書

 私は、日本国憲法及び法律を忠実に擁護し、条例、規則及び命令を遵守し、警察の職務に優先してその規律に従うべきことを要求する団体若しくは組織に加入せず、何ものにもとらわれず、何ものをも恐れず、何ものをも憎まず、良心のみに従い、不偏不党且つ公平中正に警察職務の遂行に当ることを固く誓います。

年  月  日

職氏         名 印
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/724-377a6787

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99