外国人参政権を容認する外道知事ども(熊本、三重、滋賀)

外国人参政権を容認している外道・売国奴知事ども

熊本県・蒲島郁夫知事 096-383-1111

三重県・野呂昭彦知事 059-224-3070

滋賀県・嘉田由紀子知事 077-528-3046
 
外患外道・韓国民団や朝鮮パチンコ屋と日頃どういう付き合いをしているのかが疑問な輩どもである。


=====================

外国人参政権で激論 臨時全国知事会議http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/localpolicy/377233/(産経新聞 4/6)

全国知事会議で発言する石原東京都知事=6日午後、東京都千代田区の都道府県会館 永住外国人への地方参政権(選挙権)付与問題を中心に議論する臨時の全国知事会議が6日午後、東京都千代田区の都道府県会館で開かれた。

議論は午後2時から午後5時過ぎまで、休憩なしで3時間以上にわたり、活発な意見交換が行われた。

 参政権問題で、東京都の石原慎太郎知事は「外国人の参政により地方行政が影響を受け、国家にも影響を及ぼしかねないため東京都は絶対に反対する」と表明。

 一方、熊本県の蒲島郁夫知事は「積極的に参加させることにより、帰属意識を高めることが重要」と賛成意見を述べるなど、賛否両論が繰り広げられた。

 会議では、参政権問題の議論に約1時間を費やし、憲法解釈から国防問題まで幅広い意見が出されたが、「結論を出すにはまだ議論が必要」として、知事会としての意見の統一には至らなかった。

=====================

外国人参政権 慎重論が相次ぐ
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1167388&media_id=4 (読売新聞)

 全国知事会議が6日、東京都内で開かれ、永住外国人に地方参政権を付与する法案への対応について議論した。

出席者からは「参政権を認めれば首長選挙に影響しかねない」(二井関成山口県知事)など慎重な検討を求める意見が相次ぎ、引き続き議論を続けることを確認。知事会としての意見集約は見送った。

 会議では、石原慎太郎東京都知事が「地方にとどまらず国家の利益にかかわる可能性がある」として「絶対反対」を表明。加戸守行愛媛県知事も「基本的に反対する」と述べた。

 一方、野呂昭彦三重県知事、蒲島郁夫熊本県知事、嘉田由紀子滋賀県知事は「認めてもいいのではないか」などと地方参政権付与に理解を示した。

松沢成文神奈川県知事は、参院選のマニフェスト(政権公約)で各党がこの問題への態度を明確にすることが先決、と主張した。 
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/766-a55e7f2f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99