竹島は韓国が不法占拠していると絶対に発言しない外相・イオン岡田(竹島と領海に更なる侵犯行為)

「竹島の現在」

韓国により、>>>>>>>ヘリポートの大規模改修計画<<<<<<<が進み周辺に>>>>>海洋科学基地<<<<<<<も計画されていることが3日、分かった。

(ヘリポート改修は)今年2月に設計契約を終え、>>>9月<<<に完成予定。

改修後のヘリポートは、これまでの2・5倍となる重量25トンの軍用輸送ヘリコプターが離着陸でき、警察1個部隊(約40人)の緊急派遣が可能になる。

夜間照明を備え、24時間運用が可能だという。


さらに>>>>9月<<<<には、>>>>>日本の領海内<<<<<<に当たる竹島の北西1キロ地点で、水深40メートルの海底から洋上にまで達する海洋科学基地の建設工事を開始する。

科学基地は2013年に竣(しゆん)工(こう)予定で、すでに国家予算300億ウォン(約25億2500万円)が認められた。

----------------------------------------

韓国大使館 03-3452-7611 2を押して0を押す

岡田克也事務所03-3508-7109  059-361-6633

外務省 03-3580-3311

-----------------------------------------

岡田は竹島は不法占拠されていると言わない 1
http://www.youtube.com/watch?v=J0D0i7heANM
「竹島は韓国が不法占拠している」と絶対に自らの口で発言・告知・自供しない日本国外相・イオン岡田(お前、なに黙秘権使ってるんだ!お前、取調室の被疑者か、ボケ。こいつ国賊だな)。

外務省のHPによると不法占拠と明記してあるにも関わらず、日本国政府・外務大臣は国会で公に不法占拠と絶対に発言しなかった。

これは日本国・日本民族に対する背信行為であることはいうまでもなく、厳しく指弾されてしかるべきは当然である。


岡田は竹島で不法にヘリポートを作ろうとする韓国に何も言えない 2
http://www.youtube.com/watch?v=da2oz7gsMaY&feature=related


岡田は竹島で不法にヘリポートを作ろうとする韓国に何も言えない 3
http://www.youtube.com/watch?v=q_1MCdpWFmU&feature=related



---------------------------------------

外務省 竹島問題の概要http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/g_senkyo.html

8.「李承晩ライン」の設定と韓国による竹島の不法占拠
1.1952(昭和27)年1月、李承晩韓国大統領は「海洋主権宣言」を行って、いわゆる「李承晩ライン」を国際法に反して一方的に設定し、同ラインの内側の広大な水域への漁業管轄権を一方的に主張するとともに、そのライン内に竹島を取り込みました。

2.1953(昭和28)年3月、日米合同委員会で竹島の在日米軍の爆撃訓練区域からの解除が決定されました。これにより、竹島での漁業が再び行われることとなりましたが、韓国人も竹島やその周辺で漁業に従事していることが確認されました。同年7月には、不法漁業に従事している韓国漁民に対し竹島から撤去するよう要求した海上保安庁巡視船が、韓国漁民を援護していた韓国官憲によって銃撃されるという事件も発生しました。

3.翌1954(昭和29)年6月、韓国内務部は韓国沿岸警備隊の駐留部隊を竹島に派遣したことを発表しました。同年8月には、竹島周辺を航行中の海上保安庁巡視船が同島から銃撃され、これにより韓国の警備隊が竹島に駐留していることが確認されました。

4.韓国側は、現在も引き続き警備隊員を常駐させるとともに、宿舎や監視所、灯台、接岸施設等を構築しています。

5.「李承晩ライン」の設定は、公海上における違法な線引きであるとともに、韓国による竹島の占拠は、国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠です。韓国がこのような不法占拠に基づいて竹島に対して行ういかなる措置も法的な正当性を有するものではありません。このような行為は、竹島の領有権をめぐる我が国の立場に照らして決して容認できるものではなく、竹島をめぐり韓国側が何らかの措置等を行うたびに厳重な抗議を重ねるとともに、その撤回を求めてきています。


===================
李大統領「独島の実効的支配強化を検討」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1163787&media_id=56
(中央日報 - 04月03日 08:43)

日本の小学校教科書の独島(トクト、日本名:竹島)領有権明記問題に関連し、2日、李明博(イ・ミョンバク)大統領が独島に対する実効的支配強化案を検討するという立場を明らかにした。

李大統領はこの日、青瓦台で朝食会をともにした鄭夢準(チョン・モンジュン)ハンナラ党代表から「独島に対する実効的支配を強化すべきだ」と建議を受け「積極的に検討して協議したい」と答えたと、チョン・ミギョンハンナラ党スポークスマンが伝えた。

政府高位関係者は「独島に接岸施設など新しい構造物を建てることや科学基地を建設することなど方法はいろいろある」とし「今後の優先順位を決めて、総合的に検討していく」と説明した。

国会もこの日の本会議で「日本の社会科教科書の独島領土表記検定承認の取り消し要求決議案」を議決した。

========================

竹島「不法占拠」と言わない岡田外相
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/376343/
2010/04/04 01:28更新 産経新聞

 韓国の不法占拠のもとで次々と既成事実が積み重ねられていく竹島。しかし、政府の反応は今ひとつだ。浮上したヘリポート改修問題や基地建設計画は国会で取り上げられたが、3月26日の衆院外務委員会でも岡田克也外相は最後まで「不法占拠」と口にすることを避け続けた。その模様を再現する。

記事本文の続き 竹島のヘリポート改修問題を取り上げた新藤義孝氏(自民)は冒頭、竹島が日本固有の領土であり、現在、韓国に不法占拠されているという基本的な事実関係をただした。

 新藤氏「岡田大臣、竹島問題に関する基本認識はどうなのか」

 岡田氏「竹島の領有権に関するわが国の立場は一貫している。韓国に累次の機会にわが国の立場を申し入れている」

 新藤氏「きちんと答えてください。わが国の立場は変わってないと言っているだけだ。竹島は日本の領土なのか。韓国に不法占拠されていると思っているのか。どうですか」

 岡田氏「当然、竹島は日本の領土です」

 新藤氏「不法占拠はどうなの」

 岡田氏「その竹島を日本が占有していないことは事実であります」

 新藤氏「きちっと言ってください。何でそうすり替えるのか」

 武正公一外務副大臣「竹島はわが国の領土で、現状は実効支配されていると考えています」

 岡田氏「今副大臣が述べた通りです」

 新藤氏「何で自分で言葉に出来ないの? もう一度言ってください」

 岡田氏「さきほど私の言葉で申し上げた」

 新藤氏「竹島は韓国に不法占拠されているかと聞いている。不法占拠されているのか」

 岡田氏「竹島は日本の領土。しかし、今実効支配するには至ってません」

 新藤氏「では韓国の不法占拠を認めないのか」

 岡田氏「何回も答えている。そういう表現を使いたければそういう表現もできると思う」

 新藤氏「だったらあなたの口からそう言ってください」

 岡田氏「どう答えろと指示される立場に私はない。あなたと考えは同じだ」

 新藤「私は不思議で仕方ありません」

 結局、岡田外相は「韓国が不法占拠した」という日本政府の立場を最後まで口にすることなく質疑を終わった。


========================

竹島ヘリポート 韓国が大規模改修
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/376325/
2010/04/04 02:32更新 産経新聞

 日本固有の領土であるにもかかわらず韓国が不法占拠している竹島(韓国名・独島)に韓国が設置したヘリポートの大規模改修計画が進み、周辺に海洋科学基地も計画されていることが3日、分かった。

大規模改修は軍事衝突を念頭に置いたものとされ、韓国が「竹島支配」を既成事実化する狙いがあるとみられる。

 改修問題は衆院外務委員会などでも報告されているが、岡田克也外相らは「承知している」と繰り返すにとどまり、対応は明言していない。

 韓国紙の報道などによると、韓国は不法占拠後の1981年に竹島の東島に建設したヘリポートの改修を決定したという。

 すでに今年2月に設計契約を終え、9月に完成予定。

改修後のヘリポートは、これまでの2・5倍となる重量25トンの軍用輸送ヘリコプターが離着陸でき、警察1個部隊(約40人)の緊急派遣が可能になる。

夜間照明を備え、24時間運用が可能だという。

 報道などでは改修の目的について、政府機関関係者が「突発的な軍事衝突に迅速に対応するため」と発言したと伝えられている。

 さらに9月には、日本の領海内に当たる竹島の北西1キロ地点で、水深40メートルの海底から洋上にまで達する海洋科学基地の建設工事を開始する。

科学基地は2013年に竣(しゆん)工(こう)予定で、すでに国家予算300億ウォン(約25億2500万円)が認められた。

韓国紙の報道で政府機関関係者は「(基地は)韓国の排他的経済水域の確保と、竹島の主権強化を深める基盤にする」と意義づけている。

 これらの報道は3月26日の衆院外務委員会でも取り上げられ、武正公一外務副大臣は「承知している。わが国の立場を申し入れている」と答弁した。

しかし、工事の進(しん)捗(ちよく)状況や韓国への抗議については、「具体的な内容は控えたい」と繰り返し、明言を避けた。

 竹島をめぐっては、小学校社会の教科書検定で「日本の領土」と記述した教科書が合格し、韓国側が反発。李明博大統領は2日、竹島の実効支配の強化に積極姿勢を示している。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/774-22441b0d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99