非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

3月9日【日朝友好】 日の丸を下ろし、朝鮮公民施設を借りてみる
http://www.nicovideo.jp/search/%E6%97%A5%E3%81%AE%E4%B8%B8%E3%82%92%E4%B8%8B%E3%82%8D%E3%81%97


http://www.nicovideo.jp/watch/sm9969420
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9972717
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9973002
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9973646
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9974084
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9974243
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9974521
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9974590


3月9日【日朝友好】 日の丸を下ろし、朝鮮公民施設を借りてみる①
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9969420

---------------------------------------

憂國の女史・おつるさんによる状況レポート
http://blog.zaq.ne.jp/otsuru/article/1280/

東アジア黙示録:朝鮮高校が隠す金日成神殿…日本人学生との抗争劇
http://dogma.at.webry.info/201003/article_4.html

桜井誠さんブログ:東九条における京都府警の対応についてhttp://ameblo.jp/doronpa01/entry-10477227135.html

----------------------------------------

朝鮮学校で民族教育を行っているのは朝鮮総連である。

朝鮮総連の指導下に朝鮮学校はある。

朝鮮総連のHPからこのように認識できる。

そして朝鮮総連は朝鮮労働党の指導下にある筈だ。

日本人拉致を日本領土で断行し、居直っているのが北朝鮮である。

金正日の指導下にあるのが日本の朝鮮総連、朝鮮学校であるといえよう。

ミサイル発射を人口衛星であるから問題ないという愛知・朝鮮高級学校。

核実験を肯定した愛知・朝鮮高級学校。

この様な反日・抗日施設に日本国民の税金が投入されていいわけがない。

たとえどんな美辞麗句を並べ、朝鮮学校の存在を論理的に説明がなされようが、良識ある日本国民は心情的に決して公金投入を容認できないだろう。

日本人拉致を断行し、未だ日本人が北朝鮮で慟哭し生活されている現状から、北朝鮮指導下の朝鮮学校への公金投入は、日本民族に対する背信行為以外の何ものでもない。

朝鮮総連は本件朝鮮総連施設貸与要望に赴いた日本民族に対して「ヤクザとつるんでるんや」「殺すぞ」と言ったようだ。

これは本件朝鮮総連への施設貸与要望を行った日本民族の参加者の方のブログ(おつるさんのブログhttp://blog.zaq.ne.jp/otsuru/article/1280/)に記載されている。

朝鮮学校は朝鮮総連の指導下にあって、その指導する朝鮮総連はヤクザとつるんでおり、朝鮮総連に好ましからざる人物に対しては、協同者であるヤクザによる物理的攻撃という殺人によって、日本民族を黙らせ、朝鮮総連の自己の考え方・主張を暴力によって完遂するという方法を行うということを公然と主張したのである。

これは既に破防法適用団体といっても過言ではないだろう。

この社会主義・主体思想組織朝鮮総連が指導して民族教育を行っているのが朝鮮学校である、この様な学校に日本国民の税金が投入されていいわけがない。

この様に自己の考え方・主張を暴力によって完遂しようとする組織が、朝鮮学校無償化除外に対して「民族差別、人権侵害」と声高に叫んでいるという極めて滑稽な現状がある。

朝鮮総連には破防法の適用が即刻なされなければならない。



====================
朝鮮学校、北ミサイル発射時は登・下校中に攻撃受ける
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1135688&media_id=56
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/802-ccd02624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード