金正日指導下→朝鮮労働党指導下→朝鮮総連指導下→朝鮮学校の無償化除外は当然!外国人学校全て除外が当然だろ!外国人学校の資金供与は保護され忠誠を誓う本国から貰え、当たり前だろ!

民主党←支持母体・日教組←(同盟関係)→朝鮮総連→総連指導下・朝鮮学校


http://www.nicovideo.jp/watch/sm6974108
2008年 大阪・朝鮮高校運動会で遊撃隊行進曲(朝鮮人民軍と同じ行進曲)に合わせて入場行進を行う大阪朝鮮高校の抗日戦闘員たち


同じ行進曲と同じ行進様態


北朝鮮 遊撃隊行進曲
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6975037




金正日指導下→朝鮮労働党指導下→朝鮮総連指導下→朝鮮学校の無償化除外は全く当たり前。

外国人学校に全てに無償化除外は当たり前、当然だ!

在日外国人は本国によりその身体が基本的に保障・保護されている。

また在日外国人は本国に基本的に忠誠を誓っている。

何故、日本国の税金から、在日外国人の高校無償化の資金が供与されなかればならないのか。

余程日本は資金が潤沢に有り余っているのか、あるいは狂っているのか。

また日本国を命運を共にしないどころか、更に反日、抗日の国柄のシナ、南北朝鮮などの外国人の師弟を優遇することに全く理解できない。

資金供与して欲しければ全ての外国人学校は本国から資金提供してもらうのが筋というものだ。

ここは日本国である。

朝鮮学校は本国から今までに資金提供を受けている。(北朝鮮から過去半世紀にわたって計460億円の資金提供を受けている)

朝鮮学校父兄らが、無償化除外に抗議しているが、極めて腹立たしい輩達だ。

今でも補助金を日本国の地方公共団体から供与されていることがおかしいのである。

ぐずぐず文句を垂れる朝鮮人は地上の楽園である北朝鮮本国に全員帰還すれば良いのである。

誰も日本民族は止めないだろう。(マルキストは除く)

朝鮮学校は北朝鮮本国の見解と全て同じくである。

朝鮮高校に電話して聞くと、日本列島を越えたミサイル発射では、これを人工衛星であるから、何故いけないのかと居直っていたし、核実験でも何故いけないのかと居直っていた。

朝鮮高校の見解は北朝鮮本国、朝鮮総連と全く同じくである。

朝鮮総連のHPhttp://www.chongryon.com/j/edu/index.htmlに朝鮮学校のことが記載されているが、チュチェ(主体思想)をうち立てとか記載されているが、この主体思想はウィキによると首領絶対主義(金正日絶対主義)ということであって、全く日本の政体と相成れないものであることは明白である。


↓チュチェ、チュチェ(主体思想http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E4%BD%93%E6%80%9D%E6%83%B3、首領絶対主義)と騒がしい朝鮮総連、朝鮮学校 


朝鮮総連HPhttp://www.chongryon.com/j/edu/index.html

・民主主義中央集権制の原則
 朝鮮総聯は、広範な同胞の志向と要求を集大成して方針をたて、それらを執行するため同胞の自覚的な熱意と創意に依拠して大衆運動を展開している。
  各級会議の決定は、参加者の過半数の賛成によって成立し、会員は各級機関の委員、役員などの選挙および被選挙権をもち、各級所属機関会議に参加して所定の手続きにのっとって意見を出すことができる。朝鮮総聯の委員、役員および代議員も、各級機関会議において民主主義的方法によって選出されている。
  朝鮮総聯では、会員は各級所属機関に、下級機関は上級機関に、すべての機関は中央機関にしたがう規律と秩序をたてて活動している。


・第20回全体大会において採択された 朝鮮総聯綱領
(2004年5月)

1.われわれは、愛族愛国の旗じるしのもとに、すべての在日同胞を朝鮮民主主義人民共和国のまわりに総結集させ、同胞の権益擁護とチュチェ偉業の継承、完成のために献身する。
2.われわれは、民主主義的民族教育を強化・発展させ、広範な在日同胞子弟を、民族性を所有し知徳体を兼備した有能な民族人材、真の愛国者に育てる。

3.われわれは、在日同胞が民族の尊厳をもち、母国の言葉と文字、文化と歴史、風習をはじめとする素養をもつようにし、同胞社会において民族性を守り発揚させる。

4.われわれは、仲睦まじく豊かで力強い同胞社会をつくるために、在日同胞の中で相互扶助の美風を高め、同胞の経済活動を助け、生活奉仕と福祉事業を繰り広げる。

5.われわれは、朝日平壌宣言にのっとり、在日朝鮮人の地位を高め、すべての民主主義的民族権利と国際法において公認されている合法的権利を完全に行使するようにし、あらゆる民族的差別と迫害行為に反対する。

6.われわれは、6.15北南共同宣言の旗じるしのもとに、在日同胞の民族的団結と北と南、海外同胞とのきずなを強化・発展させ、反統一勢力を排撃し、連邦制方式による祖国の自主的平和統一を成就するために全力をつくす。

7.われわれは、朝鮮民主主義人民共和国を熱烈に愛し擁護し、合弁・合作と交流事業を経済、文化、科学技術の各分野において強化し、国の富強発展に特色のある貢献をする。

8.われわれは、日本人民との親善と連帯を広げ朝日国交正常化の実現と真の善隣関係の発展のために努力し、自主、平和、親善の理念のもとに世界の進歩的人民との国際的連帯を強化する。



・民族教育~民族教育の体系

(加筆:朝鮮労働党指導下の)朝鮮総聯は、幼稚班から初級、中級、高級学校、大学校にいたるまで、じつに120余の各級学校を日本各地に設立し、在日同胞子女たちにたいし、民主主義的民族教育を実施している。


・民族教育の目的
21世紀、民族教育を通して同胞子女たちを同胞愛と民族性に基づいた、なごやかで豊かな同胞社会を築く立派な担い手に育てなくてはならない。

朝鮮学校の教育目的は、すべての同胞子女たちをチュチェの世界観と民族的素養、「知・徳・体」をかねそなえた真の朝鮮人として、自分の祖国と民族の繁栄、同胞社会の発展のために寄与し日本や国際社会でも活躍できる、有能な人材を育成するところにある。

すなわち、祖国と民族を熱烈に愛し、他国や他民族の文化を尊ぶ人間、幅ひろい知識と健全な体力をもち、時代の変化に積極的に対応することができる自主的精神と創造的能力をそなえた、優れた人材を育てることにある。

主体性、科学性、現実性
朝鮮学校の教育内容は、教育の目的にしたがって、最新科学の成果と同胞学父母の要求、また日本の実状を十分に考慮して定められている。

民族教育の基本内容は、なによりも教育でチュチェをうち立て、同胞子女が祖国と民族にたいする正しい知識をもち、民族自主意識を育むところにある。


==================
鳩山首相 朝鮮学校除外を示唆
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1122749&media_id=4

===================

高校無償化法案が審議入り 首相、朝鮮学校の「除外」示唆
2010/02/25 21:25更新 産経新聞

 高校授業料無償化法案が25日の衆院本会議で審議入りした。民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)で明記された目玉政策を実現するための法案だが、最大の焦点は学校教育法で「各種学校」に分類されている朝鮮学校を無償化の対象に含めるかどうかという点。朝鮮学校幹部らは同日、国会内で無償化の適用を求める記者会見を開催して“圧力”を強めたが、鳩山由紀夫首相は記者団に対し、朝鮮学校を無償化から除外する方針を示唆した。

 朝鮮学校幹部らによる記者会見場には、こんな横断幕が掲げられていた。関係者によると、会見はマスコミ各社に事前に招待状を配布して開催。招待されていなかった産経新聞記者は受付の朝鮮総連関係者に「(産経に)招待状を送ってないのに来るほうがおかしい」と制止され、入室を拒否された。

 出席者によると、会見では、朝鮮学校の幹部が「恣意(しい)的な理由で高校無償化制度から意図的に除外するということは、国際人権規約や日本国憲法の精神に反する不当な民族差別、人権侵害であると断言せざるを得ない」などと主張していたという。

 この発言に呼応するように、24日にジュネーブの国連施設で開かれた人種差別撤廃委員会の対日審査会合で、ロシアやグアテマラの委員が朝鮮学校の「無償化除外」に懸念を表明した。

 こうした“圧力”にもかかわらず、政府内で「朝鮮学校の除外」の可能性が検討されているのは、講堂に金正日総書記の肖像画を掲げるなど同胞教育を続ける朝鮮学校が「無償化にふさわしいカリキュラムかどうか」(平野博文官房長官)という点に加え、北朝鮮から過去半世紀にわたって計460億円の資金提供を受けている朝鮮学校の「財政面の健全性」に疑問符がつくからだ。

 さらに、中井洽(ひろし)拉致問題担当相は、「(北朝鮮に)制裁をかけていることを十分考慮してほしい」という観点から、川端達夫文部科学相に朝鮮学校の適用除外を要請している。

 鳩山首相は25日夜、国会内で記者団に対し、「最後の調整をしているところだと聞いているが、朝鮮学校でどういうことを教えているのかというようなことが、必ずしも見えない」と指摘した上で、「私は、中井氏の考え方というのは、ひとつあるなと(思う)。そのような方向性になりそうだというふうには聞いている」と語った。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/820-44bd583c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99