天皇を王と呼称、 皇室・朝廷を王家と呼称しているNHK不敬事件。反駁論旨(チャンネル桜・水島氏、日本李登輝友の会・柚原氏)

【大河ドラマ・平清盛】「王家」についてのNHKからの回答[桜H23/9/15]
http://www.youtube.com/watch?v=UNj-bvaKOKM



(チャンネル桜・水島総氏)

教科書などにも記載されてきた朝廷という言葉を止めて、王家という言葉を使ったのは何故か?

皇帝という立場は世界で、 天皇だけ。それを王という立場にしようとしている。

「( 天皇と王をほぼ同じ意味で使っているものも)見受けられ」・・・主流ではないということをNHKは言っている。

天皇制・・・どこにそのような言葉がある。左翼用語。

法皇・上皇を中心とする一族・・・一族という表現は許せない。

所功氏・・・王家というのは、白川伯王家を王家という(神祇官)

一部の少数意見を以って、自分達(NHK)が選んだとは、何様か。まことに許し難い。

「見受けられ」・・・一部ではないか。朝廷が主流である。

唯物史観、左翼史観に毒されている。

制作局の誰か、局長か。

天皇制と書いてきたこと自体がマルクス主義歴史観になっている。絶対に許し難い。

皇室を一族呼ばわりしている。

「用いることにした」・・・何の権利があってNHK、皇室、朝廷という言葉を変えて、王家と変えなければならない理由は何なんだと、改めて言わなければならない。

ここで、引き下がる、許してはいけない。

勝手に 皇室の呼び名を王家だとか言っていいのか。一族と言っていいのか。

こういう左翼用語( 天皇制)を使い、基本的なNHKの立場を明らかにした。

絶対に許すことはできない。

国民がぶっ潰さなければいけない。

悪辣な歴史の捏造、歪曲、こういうものに対して、許さない。

公共の電波を使って、国民からお金を強制的にふんだくって、テレビ局が、それをやっている。これでいいのか。許さない。

国民として許せない。

一族とは何なんだ。

全く、敬意も尊崇の念も畏れも、全く持っていない。

唯物史観に毒された連中です。

徹底的にやります。

許したら、NHKはもっとだダメになるし、 皇室への攻撃に対し、 皇室攻撃とは、日本国民への攻撃だ。

日本を解体する、国柄、国体まで変えようとする。

悪辣なものであると思っている。




【9.10】 尖閣侵略一周年糾弾! NHK 糾弾!民主党内閣打倒! NHK前抗議⑤
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15610469

(日本李登輝友の会・柚原正敬 )


ジャパンデビューを思い出す。10月7日、第9回目の公判を迎える。

王家問題、王家( 天皇家)と表現されている。

水島さんの説明にもあったが、一部の学者が王家との表現をとっている。

だから、それでいいんだと、言い訳しているが、私達日本人にとっては、なじみが薄い。

私達は、 皇室 御皇室、今まで呼んできて、それを使えばよい。何故、王家なのか。

思い出すのが、例のジャパンデビュー(アジアの一等国)です。

何を思い出すのか。NHKはジャパンデビューの中で、「日台戦争」という言葉を使いました。

私ども台湾に関わっている者では、非常に馴染みの薄い言葉でした。

NHKの現副会長、当時放送局長、日向氏が、NHK経営委員会で答えた。

小林さんという弁護士出身の委員から質問れた「いったい、日台戦争とはどこですか?」

日向氏「日本台湾学会というところが使っているんだ」と答えて逃げました。

そのあと、日本台湾学会の理事長に直接確認した。

理事長「ここは、学会ですから、一つの事象に対して、一つの言葉を当てはめる、ここは学会ですから、そういうことはありません」とはっきりと言った。

このように、NHKは少数の学者だといいつつ、自分達にとって都合のいい言葉を出すんです。

これがNHKなんです。

日台戦争ねる、めずらしい呼称ですが、日台戦争という言葉を使っていた中京大学の法学部の教授、ヒヤマ・ユキオさんの著書の中から使った、その他にも何人かの著書から取ったとNHKのHPで記している。

そのヒヤマ教授が去年出した本で、「NHKの五つの犯罪性」ということを述べている。

NHKはジャパンデビューのエンドロールで協力者として、ヒヤマ教授の名前を出している。

これもウソだったんです。

ヒヤマ氏の出した「明石もとじろう資料集」という本のはしがきに書いている。

NHKからエンドロールで名前を出したいという要請があった。

しかし、番組自体の内容を知らないので断った。

ところが、NHKはヒヤマ・ユキオという名前を出した。

著者の了解を得ずして名前を載せる。これがNHKなんです。

ヒヤマ教授は非常に怒っています。

ヒヤマ氏はオーラルヒストリー、その人物にある事件のことを体系的に聞くという学問の専門。

台湾で色々聞こうとしたら、ある人物に「あんたは、NHKに協力してるじゃないか」と言われ、オーラルヒストリーが成り立たなくなった。


NHKは真摯な学問に対して、邪魔をした。ブチ壊した。完全に崩壊させた。と書いている。

ジャパンデビュー、五つの犯罪性として指摘している。

NHKは事実をねつ造している。

自分達にとって都合のいい部分だけの発言を持ってきている。

オーラルヒストリーを専門とする方はすぐ分かる。

事実関係は複雑ですから、NHKのジャパンデビューのような作り方は耐えきれない。

自分達のシナリオに併せて発言を持ってくる。

私どもも、この裁判を通じて、それを訴えている。

5月末、弁護団の高井団長と台湾に行ったとき、パイワン族の方などに取材してきた。

やっぱり、NHKは嘘をついている。

この一連の裁判の中で、明らかになるが、ヒヤマ教授のはしがきも資料として提出して、NHKは自分達の正当性を主張するなり、嘘でもやってしまう。

それが、王家という表現にもなってくる。

NHKが平清盛で、使っている王家、ジャパンデビューにおける「日台戦争」と全く同じ。




=======================
松山ケンイチが光っていた映画ランキング
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1453593&media_id=45
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/83-cf347204

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99