非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

TBSが第三者の車両に無断で発信機を取り付ける行為は著しい人権侵害であることは明白である。

朝鮮人に占拠されているというTBSならではの法規無視の行為は言語道断である。

多分、氷山の一角であって、恒常的に大小の違法行為を恒常的に行っていることと考えられる。

オウムによる坂本弁護士一家殺人事件を誘引したのもTBSであるが、もはや朝鮮人に占拠された犯罪組織地上波と認識するのが妥当であろう。

日本民族は朝鮮人に占拠された犯罪組織TBSに対しての警戒は必至である。

言って分かる相手ではないのは朝鮮人の捏造歴史観の押し付け、差別の連呼による日本での権益拡大工作を見れば明らかである。


===================

■取材対象者の車に無断で発信器…TBS謝罪
(読売新聞 - 01月16日 20:39)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1079866&media_id=20

 TBSが昨年12月に「報道特集NEXT」などで放送した、偽造紙幣に関する特集で不適切な取材をしていた問題で、制作会社の取材スタッフが取材対象者の車に無断で発信器を取り付けていたことが分かった。

 同局が16日放送した同番組で明らかにし、「報道倫理上、認められない。深く反省しています」と謝罪した。

 この特集では、スタッフが取材対象者の郵便物を無断で開封した事実も明らかになっている。


===================

<TBS>不適切取材 車に無断で発信機も
1月16日19時22分配信 毎日新聞

 TBS系で昨年12月に放送された詐欺事件の特集で、企画を持ち込んだ通信社のスタッフが不適切な取材をしていた問題で、スタッフが取材対象者の車に無断で発信機を付けて追跡していたことが16日、分かった。

 TBSが同日放送した「報道特集NEXT」の中で明らかにした。対象者の居場所を把握するため、6月と9月に発信機を付けたという。こうした取材についてTBSは「報道倫理上、認められない。不適切な取材が行われていないか確認する責任があり、深く反省しています」などと謝罪した。TBSはこうした行為を知らされていなかったという。

 この特集は「報道特集NEXT」などで放送された。企画を持ち込んだAPF通信社(東京都)のスタッフが、対象者あての郵便物を無断で開封したことも明らかになっている。【栗原俊雄】
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/878-815b6ede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード