(動画)習近平の謁見ごり押しに抗議!駐名古屋シナ領事館前(敷島通信21年12/15)

習近平の謁見ごり押しに抗議!駐名古屋シナ領事館前(敷島通信21年12/15)
http://www.youtube.com/watch?v=IUy5Nrt7rys

平成21年12月15日 敷島通信 駐名古屋シナ総領事館前

シナ共産党・ウイグル民族虐殺首謀者・習近平が一ヶ月ルールを無視し、ごり押しし日本政府に容認させた 天皇陛下に謁見せんとする行為に断固抗議の声を挙げた。

(誤)李天然(前・駐名古屋シナ総領事)→(正)張立国(現・駐 名古屋シナ総領事)


=======================

http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000180912140001
張立国(56)
2009年12月13日


中国・在名古屋総領事 張立国さん 

【日中交流の窓口 今後の展望は】


●文化・経済 双方向に深化


 今年建国60周年を迎えた中国。急速な経済成長を背景に世界での存在感は増している。日本にとっても、米国を追い抜いて最大の輸出相手国となり、県内からも400を超す企業が現地に進出している。日本政府は中国人観光客へのビザ発給を拡大する方針を示しており、互いの行き来はさらに深まる見通しだ。地元の交流窓口となる在名古屋総領事館に、今年10月に新しく着任した張立国・総領事(56)に抱負と展望を聞いた。(聞き手・西本秀)


 ――赴任して2カ月。この地域には慣れましたか。


 「管内の4県10都市をあいさつに回った。中部地方には中国側と友好縁組を結んでいる自治体が45あり、親しみを抱いてくださる方々も多い。安心して仕事ができると感じた。名古屋市には、この領事館を開設する準備のため03年から何度か訪れていた。妻が以前、市内の大学で中国語を教えていたこともあり、縁を感じる」


 ――総領事として、まず取り組みたいことは。


 「柱は三つ。一つは双方向の交流促進。来年の上海万博には多くの方に来てもらいたい。一方で中国人観光客に対する日本のビザ発給も拡大される。中部地方の魅力を中国側に紹介するのも役割だ。
 二つ目は、友好都市の交流の深化。従来は文化交流が中心だったが、この地域は産業の集積地だけに、三つ目の経済交流につなげたい。この間に会った企業経営者の多くが中国事業の拡大や新たな進出に意欲的だ。総領事館としてバックアップしたい」


 ――皆さんの目にはどんな観光資源が魅力なのでしょう。


「中国では昨年から徳川家康の小説が数百万部売れるブームだ。来年は開府400年。徳川園や名古屋城は観光スポットになる。お城近くの県体育館は中国と米国の国交回復のきっかけとなった『ピンポン外交』の発祥地。記念のパネル展示などあれば、中国人観光客はぜひ訪ねたいと思うだろう」


 ――故郷は大戦中に満州だった遼寧省。なぜ日本に関心を。


 「中日の間には、かつて不幸な時代があった。私も大学で日本語を学び、北京の中日友好協会での仕事を通じて日本のイメージが変わっていった。当時は映画が文化を学ぶ教材だった。高倉健と中野良子の『君よ憤怒の河を渉(わた)れ』には感動し、興奮したよ」


 ――外交官として30年、両国の関係を見守ってきました。


 「最初の勤務は1980年代初め、東京の大使館でビザ発給を担当した。日本人旅行者が急増し、友好が育まれた時期だった。
 次は89年。私たちが『六・四風波』と呼ぶ、いわゆる『天安門事件』直後の7月1日に福岡に赴任した。人々の往来が減り、飛行機の乗客は4人だけだった。関係の冷え込みを何とかしたいと、子供同士の訪問交流を企画した。
 3度目は00年に再び東京に来た。靖国参拝問題で両国の関係が後戻りしたこともあったが、今はもう過去の話だ」


 ――これからの両国の関係は。


 「私たちは一衣帯水の隣国。同じアジアの国で、歴史的なつながりも深い。時代によって関係が浮き沈みすることはあっても、その基礎を忘れずにいたい。政治の関係が良ければ、文化も経済も交流が広がり、双方に利益がある」



 張立国さん 外交官。中国東北部の遼寧省生まれ。北京外国語大学で日本語を学ぶ。1980年に東京の中国大使館に赴任して以降、福岡総領事館、再度の大使館勤務を経て、今年10月から名古屋総領事。日本勤務は4度目で通算15年を超す。好きなカラオケは五木ひろしの「面影の郷」。妻と長男の3人家族。
 中国・在名古屋総領事館 2005年に開館。領事・副領事ら14人が勤務。東海北陸6県を管轄し、在留中国人のパスポート更新、旅行者へのビザ発給などに当たる。



======================

■特例会見、中国では「次の最高指導者」周知の意図
(読売新聞 - 12月15日 21:57)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1051545&media_id=20
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/914-f0ecbeb1

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99