非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

ふざけるな!いい加減にしろ!鳩山(小沢)!

シナ共産党組織図

党中央委員会 総書記 胡 錦濤

中央政治局 常務委員会(常務委員 序列順) 胡 錦濤 呉邦国 温家宝 賈慶林 李長春 習近平 李克強 賀国強 周永康


そういえば、岡田は、やたら「面会、面会」と言っていたが、その物言いは失礼ではないのか。

平野氏は「慣例はあると思うが、1カ月近く前に話はあった。官邸としては政治的に重要なのでぜひお願いしたい」と述べた。


狼魔人日記
http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/641f3a8d6869325d8e62163014ff703a

↓正しい歴史認識
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3668.htmlより転載


【抗議先】

首相官邸
TEL:03-3581-0101
FAX:03-3581-3883
メールフォーム:http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

各府省への政策に関する意見・要望
(内閣官房、宮内庁、内閣府、外務省など)
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

民主党
TEL:03-3595-9988
FAX:03-3595-9961
メールフォーム:http://www.dpj.or.jp/header/form/index.html

社民党
TEL:03-3580-1171
FAX:03-3506-9080
メールフォーム:http://www5.sdp.or.jp/central/inq/inq.htm

国民新党
TEL:03-3239-4545
TEL:03-5275-2671
FAX:03-5275-2675
メール:info@kokumin.or.jp
メールフォーム:http://www.kokumin.or.jp/opinion/

支那大使館
TEL:03-3403-3388
FAX:03-3403-3345
メール:info@china-embassy.or.jp

【小沢一郎 事務所】
衆議院第一議員会館 605号室
TEL 03-3508-7175

【小沢後援会事務所】
岩手県奥州市水沢区
TEL 0197-24-3851

宮内庁
代表電話:03-3213-1111
メール:information@kunaicho.go.jp

外務省
代表電話:03-3580-3311
メールフォーム:https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html

内閣官房
代表電話:03-5253-2111
メールフォーム:http://www.cas.go.jp/goiken.html

自民党
メールフォーム:http://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.html

■参考例文■
―――――
天皇陛下と、12月14日から来日する支那の習近平国家副主席との会見を中止してください。
外国要人と陛下との会見については、1カ月前までの文書での正式申請が前提となっています。
今回、支那側からの申請は11月下旬でしたから、1か月ルールに明確に反しています。
習近平に特例を認めることは、明らかに天皇陛下の政治利用となります。
2009年7月5日、東トルキスタンのウイグル人たちは首府ウルムチで、前月に広東省で起こったウイグル人虐殺事件を適切に処置するよう求める平和的なデモを行っていました。
ところが、現地政府はこの平和的なデモを武力によって弾圧し、ウイグル人たちを大虐殺しました。
支那政府は、この「7.5ウルムチ大虐殺事件」の対策チームを結成しましたが、その総責任者となったのが習近平でした。
習近平との会見を1か月ルールを無視して特例で行えば、天皇陛下の政治利用となることは間違いありません。
会見は中止してください。
―――――

↑転載ここまで



=======================

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1048151&media_id=2

<鳩山首相>天皇陛下と習氏の会見を要請、実現へ
(毎日新聞 - 12月12日 01:43)

==================

宮内庁長官「苦渋の思い」 陛下と中国副主席会見で
配信元:
2009/12/12 00:18更新

 天皇陛下と習近平・中国国家副主席の会見が決まったのを受けて記者会見した宮内庁の羽毛田信吾長官の発言要旨は次の通り。

 天皇、皇后両陛下の外国賓客へのご引見は、1カ月以上前に外務省から願い出ていただくのをルールとし、国の大小、政治的重要性によって取り扱いに差をつけず実施してきた。

特に2004年以降は、陛下がその前年に前立腺がんの摘出手術を受けられたため、ご負担、ご年齢を考慮しルールを厳格に守ってきた。

 習氏の来日で外務省から宮内庁式部職に、11月26日に内々に打診があった。

1カ月を切った申し出は応じかねると答えた。

その後官房長官から12月7日に「ルールは理解するが、日中関係の重要性にかんがみ、内閣としてはぜひお願いしたい」と電話があり「政府内で重視されてきたルール。

尊重されるべきだ」と申し上げた。

 10日に官房長官から「総理の指示を受けての要請だ」と再度電話があった。

宮内庁も内閣の一翼を占める政府機関である以上、直接の上司に当たる官房長官の指示に従うべきなので、誠に心苦しい思いで陛下にお願いした。二度とこういうことがあってほしくないというのが切なる願いだ。

 --今回の会見設定とルールとの整合性はどう考えるか。

 残念なことをせざるを得なくなった。

単なる事務ルールのことではない。

陛下の役割は国の外交とは違う。

国と国の間に政治的懸案があれば陛下を打開策に、となれば憲法上の陛下のなさりようが大きく狂うことになる。

 --陛下の政治利用につながるという懸念がある。

 大きく言えばそうでしょう。

その意見に対して「何を言ってるんだ」とは言いにくいし、つらい。

苦渋の思いだ。

陛下の国際親善は政治的な重要性や判断を超えたところにある。

天皇陛下の役割について非常に懸念することになるのではないか。

政治的判断としてお願いするのはどうなのか。

====================

天皇陛下と中国副主席14日会見…宮内庁懸念
12月11日21時27分配信 読売新聞

 政府は11日、中国の習近平国家副主席が14日に来日し、天皇陛下や鳩山首相と会談すると発表した。

 陛下と外国要人との会見は1か月前までに申請を受け付けるという政府内の慣行を外れた特例的措置で、「日中関係は政治的に重要」とする鳩山首相の指示に基づき、最終的に宮内庁が受け入れた。

 同庁の羽毛田信吾長官は11日午後、記者団に対し、「憲法下の陛下の基本的なあり方にもかかわる」と、天皇の政治利用の観点から懸念を表明した。

 羽毛田長官によると、宮内庁が中国政府からの会見要請を外務省を通じて受け取ったのは11月26日。同庁は「ルール(慣行)に照らして応じかねる」と回答したが、平野官房長官が12月7日、羽毛田長官に電話で特例扱いを要請。羽毛田長官が断ると、10日夕に「総理の指示だ」と再度、電話で指示したという。

 羽毛田長官は記者団に、「陛下の国際親善活動は、国の大小や政治的重要性とは別次元で行われてきた。(特例扱いは)二度とあってほしくない」と述べた。

 この慣行は、多忙な陛下の日程調整や健康面に配慮し、1か月を切った会見要請は受けないよう、陛下が前立腺がんの摘出手術を受けた翌年の2004年以降、本格的に運用されてきた。

 天皇の政治利用との批判が出ていることについて、鳩山首相は11日夜、首相官邸で記者団に対し、「1か月ルールは知っていたが、しゃくし定規なことが、諸外国との国際的な親善の意味で正しいことなのか。諸外国と日本の関係をより好転させるための話だから、政治利用という言葉は当たらない」と述べ、問題ないとの考えを強調した。

 首相周辺は、この会見を巡り、民主党の小沢幹事長から首相官邸に要請があったことを明らかにした。 最終更新:12月11日21時27分



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/919-f807159e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード