売国条例「多治見市市民投票条例」について岐阜県多治見市・各務(かがむ)市議との会話

抗議先:岐阜県多治見市役所 
0572-22-1111

多治見市長・売国亡国の徒・古川雅典が提案した 「多治見市市民投票条例」という永住外国人(主に南北朝鮮人)に市政の重要課題に直接賛否の意思決定の権利を常設的に与える売国亡国条例を阻止すべし。


常設型「多治見市市民投票条例」について、11月30日の総務常任委員会で審議・採決する当該委員である各務(かがむ)市議http://www.city.tajimi.gifu.jp/gikai/news/profile/index.htmlと昨日会話した。

長時間に渡り話しをさせて頂きましたし、また話しを伺いました。

要約すると、国交の無い国の永住外国人に条例に関する投票を与える事は如何なものか、という事であるが、他の永住外国人に対して与える事に対しては賛意を示しているようにその会話から感じた。

私も色々と質問、見解を述べた。

私の対在日南北朝鮮人感を述べるに及ぶと危険だとのご意見を頂いた。

私からすると何処が危険なのか分からないが、そのあたりの朝鮮に対する歴史観に乖離が見られるため、埋まる事は無いだろうと感じた。

私からすると戦後自虐史観にドップリ浸かった歴史認識に基づいて対在日南北朝鮮人に対応することがその基本であるように感じた。

これこそが朝鮮民族・シナ人が喜んで止まない日本民族が永遠に固定概念として精神内に留めおいて欲しい自虐歴史認識・贖罪意識以外のものではないかと思う。

自虐史観・贖罪意識を日本民族に持たせておく事は朝鮮民族・シナ人にとってこれほど都合の良いものはない。

GHQにしても日本民族弱体化政策で民族の誇りを消し去ろうとしたのではないのだろうか。

それが、今だに続いているのであろうと推測するものである。

日本の自虐史観・贖罪観念、これを御旗にして朝鮮民族・シナ人ら反日民族が権利主張をすれば、日本民族は程なく自ら萎縮して自ら萎えてしまうのでこれほど都合の良いものは無い。

この様な事と今までの朝鮮民族の日本民族に対する所業を述べ、そして反対であるというと、危険だという答えが返ってきた。

私からすると戦後自虐史観に浸かりきり歴史の真実を見ようともせず、朝鮮人というフレーズが出た瞬間に思考停止状態になる方が余程危険ではないかと思うところである。

地方自治法に基づいて云々ということを述べられていたわけであるが、地方自治法に詳しくないので勉強が必要であると感じた。

以下は各務市議の見解の要約である。

「現在1750地方自治体があって、その中で40自治体がこの永住外国人に条例の可否の意思決定権を与えている。

条例に於ける罰則規定を策定できる等からそれに外国人の意思が介入する事に関しては、条例を作って憲法上のものを作る事はできない。

条例は罰金ではなく、過料。

各自治体は投票条例を設けている。

参政権はダメという立場。

市民投票は永住外国人を全て排除する事は如何なものか。

参政権と市民投票権は別。

国連が義務教育を受ける決議を出し、190カ国がこれを批准している。

永住外国人に対して生活保護の適用、永住外国人は納税をしている。」

考え方が私とは違うので何処まで話しても平行線をたどるのだろうと感じられたが、ご丁寧に色々とお話し頂きましたことに感謝申し上げます。

最後に私は「多治見市市民投票条例」に反対との意思を述べた。

私は地方は国そのものなので、地方の一つ一つは極めて大事であって、その地方での永住外国人に対する事案には極めて注意を払うべきであると思っている。

韓国民団は地方参政権の要求という地方から攻めてきているのではないかと感じる。

ましてや地域主権とかの言説が大手を振っている昨今である。

地方が全て落ちれば、これ国が落ちた事に事実上なるのではないのだろうか。

北は稚内から南は与那国島まで、何処一つをとっても疎かにすべき地域はこの日本には存在しないと思う。

メディア、各種情報に惑わされる事無く、迎合する事無く、自らの思うところを主張する、この基本は確実に担保し、日本国、日本民族を少しでも護持し得ればと思うところである。




潰せ!岐阜県多治見市(市長・古川雅典)が永住外国人(主に朝鮮人)に住民投票を与える売国条例を画策
http://hirihoukenten.iza.ne.jp/blog/entry/1342063/

(現況)岐阜県多治見市の「多治見市市民投票条例」という永住外国人に可否権を与える条例阻止!
http://hirihoukenten.iza.ne.jp/blog/entry/1342306/
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/940-f09d4611

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99