非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

抗議先:CBC 052-241-8111


CBCは「死体展」のCMを止めろ!(敷島通信 名古屋21年11/18)
http://www.youtube.com/watch?v=5bNKVeXC7PU


平成21年11月18日 敷島通信

「人体の不思議展」こと「死体展」が名古屋駅前の愛知県産業労働センターで11月14 から1月11日まで開催されている。

この「死体展」は生命倫理の問題、献体の出所の問題等々、多くの問題を抱かえている疑 惑の展示である。

CBCはこの「死体展」のCMを何度も何度も公共の電波を使って垂れ流し「死体展」を 容認し、広く国民に広報し、「死体展」に誘導するに及んでいる。

CBC・総務課・村松氏に「死体展」のCMのことを尋ねると、「問題ない」ということ で「死体展」のCMをやるという事だった 。

CM料金は既に徴収している筈なので、違約金等々人体の不思議展事務局に返納する事は 考えられないということなのだろうか。

結論的に生命倫理より金銭を上位に位置したのがCBCである。

普段、人権とか生命の尊重とかいう地上波のこれが真の姿である。

またこの「死体展」にはシナ共産党・公安局の蔭がちらつくと聞気及ぶ。

あの虐殺・拷問・民族浄化を今この現代で行い、米国オバマ氏がシナの諸々の人権問題を 指摘するも、内政問題と居直るのがシナ共産党・総書記・コキントウである。

日本といえば、民主党・岡田かつや氏はシナ共産党によるチベット民族・ウイグル民族の 虐殺・民族浄化問題を内政問題だから一切関知せずと言っている。

普段、人権とか差別とか声高に言う者に限ってシナ共産党の虐殺・人権蹂躙には一切口を 瞑る。

彼らのいう人権・差別などの問題は目的ではなく日本国・日本民族を弱体化・疲弊させる ための手段に過ぎないのだろう。

シナ共産党の死体ビジネスの一環とも目されるこの献体の証明書に大変な疑義のある、一 説にはシナ共産党による処刑者、弾圧を受けて内臓を生きたまま取られ販売された法輪功 学習者との説もある。

欧米では既に問題になっている。

米国のメディアは「死体展」の問題を調査し、懐疑的にして批判的に報道している。

しかし日本の名古屋にあるCBCはこの「「死体展」に追随し、容認し、公共の電波 を使って広く公に国民に「死体展」を見に行くように誘導している。

断じて許される行為ではない。

日本民族にはこの様な死体を晒しものにして見世物にするという観念は基本的にはない。

これら「死体展」を公に認知させ、かつ誘導する事は日本民族の生命倫理を著しく欠損し 、倫理崩壊を助長する行為に他ならない。

またシナ共産党の死体ビジネスを容認し、これを幇助する行為は断じて許されるものでは なく、シナ共産党のウルトラ民族主義・中華思想・覇権膨張主義・軍拡からその矛先が日 本国・日本民族に向かえば明日は我が身、我々日本民族、日本民族の子孫がシナ共産党の 死体ビジネスの被害者となり、死人に口なしで、「死体展」の献体者として、晒される事 がないと誰が断定できるのだろうか。





==================

チベット騒乱で2人に死刑執行、中国政府が初めて認める
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1003178&media_id=52
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/961-5e6efecb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード