非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

「人体の不思議展」こと「死体展」を即刻止めろ!(名古屋21年11/15)
http://www.youtube.com/watch?v=B4UbXwAJZSo



人体の不思議展事務局 052-589-8050

人体の不思議展なる死体展示が名古屋の駅前にある愛知県産業労働センターで11月14日から1月11日まで開催される。

昨日15日に主催者に質問をしに現場を訪れた。

8階会場前まで行き以前質問したときに電話があった人体の不思議展実行委員会の江森精文氏を訪ねた。

会場前は結構人が出入りしていた。

全く幼い子もいた。

死体を見に来ている事が分かっているのだろうか。

これはいわゆる人間の剥製である。

程なくして江森氏が訪れた。

会場の外観も撮影するなと言われた。

後、撮影した映像の削除を求められた。

その警戒振りには驚く。

ここでは、という事で人体展の事務局江森氏(男性)と山西さん(女性)と1階に降りた。

1階の人体の不思議展の案内のあるところの脇で事務局・江森氏、その左に山西さん、江森氏の対面に私、私の右隣に一緒に行った方との様態である。

色々と質問等をした。

私:「人間の死体を展示する事で倫理的に問題はないのか」

江森:「倫理的に問題はない」

私:「南京大学からの献体であると以前電話で江森氏が言っていたが、そうなのか」

山西:「南京蘇芸生物保存実験工場から借りている」

私:「江森氏は南京大学からの献体と言っていたが」

山西:「南京蘇芸生物保存実験工場だ」

私:「おかしいな、南京大学と言っていてたが」

江森:沈黙

私:「江森氏は献体はシナ人とアジア人と言っていたが」

山西:「献体の国籍、名前、年令は明かされない」

私:「江森氏はシナ人とアジア人と言っていたが、アジア人はチベット民族か」

山西:「献体の国籍、名前、年令は明かされない」

「献体には証明書が出ている」

私:「どういう証明書が出ているのか」

山西:「どういう証明書が出ているか公表できない」

私:「何故公表できないのだ」

山西:「医学の発展のためだから人体を見せるのは良い」「献体に問題はない」

私:「献体に問題がないという口頭での告知で問題がないということか。全く理解できない」

「南京蘇芸生物保存実験工場と献体の直接取引きをしているのか」

山西:「そうだ」

私:「シナ共産党は関与していないのか」

山西:「していない」

私:「シナ共産党が関与せずに献体をうけれるのか」

「この展示の責任者は誰だ」

山西:「(責任者を)言う必要がない」

私:「展示しているのは死体ではないのか」

山西:「死体とは違う。標本だ」

私:「人間の死体だろ」

「誰に問い合わせば良いのか」

山西:山西が現場責任者

私:「米国、欧州で問題になっているが」

山西:「米国、欧州とは違う」

私:「意見を言う。日本人は死体を晒し物にして展示する様な感性はない。人体の不思議展を止めろ」




(所見)

事務局は黙秘することが多い。

言えない言えないと答弁を避ける謎の多い組織に感じる。

かなり警戒しているように感じる。

死体を晒して商売する事にやましいと自分で思っているのだろうと推測する。

献体に関しては口頭で問題ないと述べる、ただそれだけである。

ただそれだけである。

献体を借り受け輸入するのに、シナ共産党が関与していなくてできるのだろうか。

シナ共産党の死体ビジネスの一環ではないのだろうか。

法輪功学習者などの内臓を売買するようにだ。

人体の不思議展実行委員会に黙秘が多い。

誰か表に名前の一切出て来ない、後ろに本当のオーナーのような者がいるのではないのだろうか。そうも感じる。

「今までに56億円ほど売り上げていますよね」と聞くと、「何故そんな事が分かるのか」くらいに言ってきたが、2002年からこの7年間で560万人入場と自らが謳っているのだから、入場料平均1000円として単純計算すれば、56億円になる。

ほとんど大人が多いようなので、売り上げは60億円くらいになるのではないかと思う。

推定売り上げを述べただけで、気色ばむ様子は異常である。

愛知県の公有財産で死体を展示して、利潤を上げながら、黙秘が多い人体展の事務局に疑問を感じる。

何かおかしいと感じざるを得ない。

8階会場前まで行ったときに、両肩に重くのしかかるようなものを感じたが、浮かばれぬ死者の霊魂によるものと推測する。




=====================
<ウイグル暴動>一審判決が確定、被告9人の死刑執行―中国
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1015893&media_id=31
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/968-3fe1901b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード