非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

この野郎山岡!

山岡を撃破せよ!山岡事務所[ 電話 ] 03-3508-7176  [ FAX ] 03-3502-8855

民主党本部 03-3595-9988


外国人参政権を議員立法で提出だと。

左翼革命政党・民主党は議員立法を禁止するとか小沢が言ってなかったか。

唐突に何だこれは。

公明党が外国人参政権を提出しようとした時に山岡は民主党の立場はどうなるんだとか言っていたが、誰に対する立場だ。南朝鮮人組織・韓国民団のことか。

公明党が法案提出を止めて、今度は左翼革命政党・民主党が提出を画策とは、何なんだ。

どこの誰が、どういう絵を書いているんだ。

左翼革命政党・民主党は韓国民団から大分追い込みが掛かっているのか。

先の衆院選など今まで金銭、票と色々と便宜を図ってきてもらって、抜けれなくなっているんだろうな。

南朝鮮パチンコ成金の賭博マネーで横っ面張られすぎたか。

マニュフェストにもない外国人参政権を唐突にやろうとする民主党の神経は詐欺師そのものだ。

選挙期間中、民主党政調はマニュフェストに出ていない外国人参政権は4年間はやらないと言っていたが、嘘もいいところだな。

外道・山岡め。極めて腹が立つ。

この様なクサレ売国・亡国法案は徹底的に潰し、葬送すべきは日本民族として当然の責務だ。

裏で工作している在日南朝鮮人組織・韓国民団は決して許されるべき存在ではない。

北朝鮮の核・ミサイル攻撃は人体に当てはめると外傷にあたるが、在日南朝鮮人の不当に要求する参政権は人体に当てはめると癌といえよう。

どちらがヤバイといえば、ある意味、外国人参政権の方が北朝鮮の核・ミサイル攻撃よりヤバイと思う。

核・ミサイル攻撃はある種、表面的であって一過性であるが、外国人参政権は内部から徐々に徐々に日本国・日本民族が崩壊していくという恐ろしさ、癌と同じく日本国での異民族の侵蝕が末期症状になったときは、それこそ日本国の主権、日本民族の自決権に於いて、癌と同じく手の施しようがなくなるという事だ。

その時、日本民族は事実上安楽死(国外忌避)を迎えるか、日本国内で自ら日本民族の運命に悲嘆し、のたうち回るというところだろうか。

外国人参政権絶対阻止!





生活が第一 一度やらせてみて下さい  ←(誰の生活が第一なんだ、オイ山岡)

山岡 賢次

衆議院 / 現職5期 / 栃木県4区

[ 党役職 ] 国会対策委員長
[ 国会の所属委員会/役職 ] 国家基本政策委員会/委員
懲罰委員会/委員

[ 生年月日 ] 1943年 4月 25日
[ 出身 ] 東京都
[ 学歴 ] 慶應義塾大学法学部卒業
[ 肩書・役職・経歴等 ] 栃木県第4区総支部長
作家山岡荘八秘書

[ 選挙区割 ] 小山市、真岡市、下野市(旧石橋町・旧国分寺町)、芳賀郡、下都賀郡
[ 議員会館部屋番号 ] 衆議院第1議員会館606号室
[ 電話 ] 03-3508-7176
[ FAX ] 03-3502-8855
[ ホームページ ] http://www.yamaokakenji.gr.jp/
[ ブログ ] http://www.yamaokakenji.gr.jp/blog/index.html




11/05/2009 鳩山首相「宇宙が出来て137億年」稲田議員質問(1/6)http://www.youtube.com/watch?v=Sx5cj0ufSSg&feature=related
 
11/05/2009 稲田朋美議員質問 (2/6)
http://www.youtube.com/watch?v=3uwe6nKvmPM&feature=related

11/05/2009 稲田朋美議員質問 (3/6)
http://www.youtube.com/watch?v=8L3iIV2vDX8&feature=related

11/05/2009 稲田朋美議員質問 (4/6)
http://www.youtube.com/watch?v=7nTtiMOmeu4&feature=related

11/05/2009 稲田朋美議員質問 (5/6)
http://www.youtube.com/watch?v=egQFJWvhQGA&feature=related

11/05/2009 稲田朋美議員質問 (6/6)
http://www.youtube.com/watch?v=0s_v8zSziSs&feature=related




===================

民主が議員立法で外国人参政権付与法案を提出へ 臨時国会で

2009/11/06 12:01更新

 民主党の山岡賢次国対委員長は6日午前、自民党の川崎二郎国対委員長と国会内で会談し、今国会中に永住外国人への地方参政権付与法案を議員立法で提出する考えを伝えた。

 会談終了後、山岡氏は記者団に対し「今国会で(提出を)考えている。党内にもいろいろ意見があるが、場合によっては党議拘束なしというやり方もある」と述べた。また、山岡氏は臨時国会の会期について「今の状況では延長せざるを得ない」と述べた。11日に政府・民主党首脳会議を開催して国会対応を協議する方針だ。


=====================

なぜ今、参政権法案? 暗躍する推進派、党議拘束外しで急進展も
配信元:
2009/11/06 22:25更新
 
 民主党の山岡賢次国対委員長が6日、永住外国人への地方参政権付与法案を今国会に提出する方針を突然打ち上げたことに波紋が広がっている。地方参政権付与は国民主権にかかわる重大事だが、民主党は党内意見の集約を終えておらず、衆院選マニフェスト(政権公約)にも載せなかった。それだけに民主党では慎重派がさっそく反発しており、「寝耳に水だ」(幹部)と否定的な声も強い。だが、小沢一郎幹事長が賛成派である上、もし与野党が党議拘束を外して採決すれば、法案が成立してしまう恐れもある。(榊原智)

「今国会に法案を出して継続審議にしておけば、来年の通常国会の早い時期に成立できる。告知期間を置いても平成23年の統一地方選挙に間に合う」

 民主党のある推進派は、山岡氏の方針を聞き、こんな胸算用を披露した。

 地方参政権付与をめぐっては、鳩山由紀夫首相が5日の衆院予算委員会で「前向きに考えている」と表明した一方、「民主党内に多くの意見があるのも事実だ。強引に押し通そうと思っていない」と党内対立の存在を認めた。

 それだけに山岡氏の発言は唐突感が否めないが、伏線はあった。

 参政権付与派の「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民法的地位向上推進議連」の事務局長を務める川上義博参院議員は4日、小沢氏と会い、「地方にかかわる話だから議員立法で準備を進めたい」と進言していた。審議に時間がかかる政府提出法案よりも、議員立法の方が事が運びやすいと踏んだからだ。

 好感触を得た川上氏は5日に山岡氏と会い、議員立法構想を伝えた。これが「今国会提出」という勇み足にも見える発言につながったとみられる。

 参政権付与をかねて求めてきた在日本大韓民国民団(民団)に属する在日韓国人は、民主党議員を先の衆院選で支援し、両者の距離は確実に縮まっている。9月11日には民団メンバーが小沢氏に直接、地方参政権付与を要請している。

 一方、山岡氏の発言を「国会会期延長の大義名分づくりだ」(民主党幹部)と見る向きもある。

 今月30日までの会期では、国民新党が固執する郵政株式売却凍結法案も成立が困難との見方が強い。首相官邸サイドは郵政法案の会期内成立にこだわっていないとされるが、そうなれば国民新党との衝突も予想される。これを回避したい山岡氏が、重要法案を増やすことで官邸サイドに会期延長をのませる呼び水に使った-というわけだ。

 だが、民主党の慎重派議員は「冗談じゃない。少なくとも20、30人は猛烈に反対する」「左翼政党と見られるデメリットの方が大きい」など参政権付与法案にさっそく反発している。

 みんなの党の渡辺喜美代表も「参政権を行使したいなら日本人になってほしい」と反対を表明。自民党の大島理森幹事長は「(国民)主権にかかわる問題だから党議拘束なしには抵抗感を持つ」と慎重な考えを示した。

=====================

外国人参政権法案の今国会提出を表明 民主・山岡氏
配信元:
2009/11/06 22:25更新

民主・山岡氏「会期延長は不可避」

 民主党の山岡賢次国対委員長は6日、自民党の川崎二郎国対委員長と会談し、永住外国人への地方参政権付与法案を議員立法として今国会に提出したいとの考えを伝えた。山岡氏は会談後、国会内で記者団に「場合によっては党議拘束なしで(採決を)行いたい。私案として提案し、持ち帰ってもらった」と述べた。

記事本文の続き 法案は日本の永住権を持つ外国人(約86万人)のうち成年者に地方自治体の首長と地方議会議員の選挙権を与える内容。民主党内に慎重論もあるが、自民、公明両党などに賛同者がおり、各党が党議拘束を外せば、成立する可能性もある。

 また、山岡氏は、記者団に今月30日が会期末となる今国会について「今の状況では延長せざるを得ない」と述べ、会期延長は不可避との考えを示した。

 政府は今国会に日本郵政株式凍結法案や中小企業金融円滑化法案など12本を提出したが、オバマ米大統領の来日など外交日程が立て込んでおり、すべての法案を30日までに成立させるのは困難な情勢。鳩山由紀夫首相はB型、C型肝炎ウイルス感染者を支援する「肝炎対策基本法案」と、被爆者救済の範囲を拡大する原爆症認定に関する法案についても6日、参院予算委員会で「どういう形であれ法案を出して成立させたい。約束する」と明言しており、少なくとも12月上旬までの延長は避けられないと判断したとみられる。

 11日の政府・民主党首脳会議で対応を協議する方針。自民党は会期延長に反対しない公算が大きい。






=====================
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1012435&media_id=4
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/983-ebdf9b54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード