非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

鳩山:「日韓関係にいささかでも差し障りがあるようなことにならないようなことが大事だ」


一国の首相としては全く意味不明、主権放棄の発言。

事故は事故、真相をきっちり究明して、請求すべきものは何処の国であろうがキッチリ請求するのが筋。

それが主権国家としてあるべき姿。

これでは韓国の大使の発言と思われてもしかたがない。

まさか韓国船の過失に損害賠償を請求せずに護衛艦の修繕費用を国民の税金でまかなうつもりではないだろうな。

直したければ、鳩山の自己資金で勝手に直せ。

鳩山は事故直後そそくさと官邸を後にして帰宅したとか。

官邸に連絡は十数分後に入ったらしいが、地元自治体に対しての連絡は2時間後とはどうなっているんだろうか。

自衛官は軽症と言えど怪我をしているが国を常日頃守る自国民に対する心配の言葉は一切なし。

鳩山からすると自衛官の生命は軽視されているとしかいえない。

一般国民より自衛官の生命は軽んじられるのか。

日本国を誘導・牽引する資格なき首相といえよう。



護衛艦が韓国船と衝突事故 自衛官負傷
    ↓
鳩山は官邸から帰宅
    ↓
マスゴミが自衛隊を叩けると嬉々として歓喜に震え色めき立つ
    ↓
韓国船が追い越し時に追突を左に回避し護衛艦と衝突か
    ↓
マスゴミは海保が左追越を指示をしていないのに指示と捏造報道
    ↓
鳩山が韓国船擁護発言 
    ↓
韓国船が前方の貨物船に追突しかかり、これを左に回避したところ、ほぼ真横に船がなり、護衛艦と衝突(100%韓国船の過失だろう)
    ↓
マスゴミは自衛隊を叩けなく韓国が悪いと判明してきたため報道を止める




韓国船はそのまま直進すれば前方の貨物船に衝突、右に回避すれば座礁、左に回避したわけであるが、仮に護衛艦と衝突しなければ下関方面に座礁していたとも考えられる。

韓国船のスピード超過による前方貨物船衝突回避行動で起こった事故と考えられる。

護衛艦はとんだとばっちりと喰らったといえる。

護衛艦は突然左舷から目の前を真横に航行する船舶を回避する事は不可能。

韓国船の作為、不作為を問わず一種のテロ行為ともいえる。

日本を毀損する事に嬉々とするマスゴミは本当にゴミだ。




コンテナ船急旋回 追突回避か
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1005001&media_id=4

==================


http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20091028AT3S2801P28102009.html
首相「日韓関係に配慮を」 護衛艦衝突事故、防衛相と会談

 鳩山由紀夫首相は28日、国会内で北沢俊美防衛相と会い、海上自衛隊の護衛艦と韓国船籍のコンテナ船の衝突事故に関する報告を受けた。

韓国籍船が海上保安庁の指示に従い航路を変更していたことを踏まえて首相は「日韓関係にいささかでも差し障りがあるようなことにならないようなことが大事だ」と慎重な対応を指示した。

 海上保安庁は同日、事故が起きた関門海峡をレーダー監視している海上交通センターの管制官が、韓国籍船が前方の貨物船を追い越す際に護衛艦の航路に近づく形で追い越すよう指示していたことを明らかにしている。(28日 22:30)


=====================

護衛艦の衝突事故、地元への連絡は2時間後
(読売新聞 - 10月29日 13:06)

 防衛省は29日午前、自民党の国防・国土交通合同部会で、海上自衛隊の護衛艦「くらま」とコンテナ船の衝突事故の際、現場周辺自治体への連絡が発生から約2時間後だったことを明らかにした。

 防衛省の説明によると、27日午後7時56分頃に発生した衝突事故について、同省から福岡、山口両県や下関、北九州両市への連絡は午後9時44分から約20分間かけて行われた。北沢防衛相や首相官邸への連絡は発生から十数分後に行われており、同省の担当者は「もっと迅速に対応できたと思う」と陳謝した上で、原因を調査する考えを示した。

 防衛省は、2008年2月のイージス艦「あたご」の衝突事故の際、地方自治体への連絡が遅れた反省から、緊急事態発生時は自治体への連絡についても「必要に応じて速やかに行う」ことを通達している。

 「あたご」衝突事故当時、防衛相だった石破政調会長は、「当時、すぐに地元自治体に連絡するよう言ったのに、なぜその反省が生きなかったのか」と防衛省の対応を批判した。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/994-3abffe1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード